CoinPostで今最も読まれています

ソラナ、ChatGPTをブロックチェーンに導入 AIの活用を推進

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンにAI導入

仮想通貨ソラナ(SOL)のネットワークをサポートするソラナ財団は23日、生成AI(人工知能)「ChatGPT」のプラグインをローンチしたことを発表した。

このプラグインを利用することで、ソラナブロックチェーンがChatGPTの人工知能とやりとりできるようになる。プラグインを利用したい開発者は、すでにGithubからダウンロードすることが可能だ。

ChatGPTとは

ユーザーの質問に対し、人間との会話感覚で回答できるように設計された対話型のAIで、OpenAI社が開発。コンテンツ制作、レポート作成、コード設計など用途は多岐に渡るが、プライバシーや著作権の侵害など懸念事項も多い。

▶️仮想通貨用語集

関連OpenAI「今こそ『超知能』のガバナンスについて考え始めるべき時」

ソラナブロックチェーンで利用できるChatGPTのプラグインが開発されていることは以前から明らかにされていた。ソラナブロックチェーンを開発するSolana Labsが先月、このプラグインの実装例を発表している。

関連ソラナ財団、AI関連プロジェクト向け開発基金を発表

今回は、このプラグインが実際に一般公開されたことを発表。ソラナ財団は、ChatGPTのプラグインで人工知能を利用できるようになったレイヤー1ブロックチェーンは、ソラナが初だと述べている。

このプラグインをアプリに導入すれば、NFT(非代替性トークン)の購入やトークンの送信に加え、トランザクションの確認やNFTコレクションの検索などにChatGPTを利用できる。

関連Twitter投稿が3億円の価値に|大企業も注目する「NFT」の仕組みと可能性

Solana LabsのAnatoly Yakovenko CEOは、「AIはソラナの実用性を高め、ネットワークを理解しやすくしてくれる」とコメント。また、「ユーザー重視のアプリを作る全ての開発者は、AIの活用について考えるべきだ」と主張した。

AIのユースケース

ソラナ財団は今回、ソラナのエコシステムでAI技術の活用がすでに進んでいる事例を紹介。例えばContextというプロジェクトはソラナに特化したチャットボットを開発しており、Hivemapperは地図作成のためにAIを活用している。

そして、AIのユースケースを拡充する目的で4月に発表した開発支援金を、100万ドル(約1.3億円)から1,000万ドルに増額することも今回発表。この支援プログラムには、すでに50件の申請があると述べた。

他にもソラナ財団は、大学生を対象にした3カ月間のアクセラレータプログラムを開催しているとも説明。これはブロックチェーンとAIをテストする大学生を支援するプログラムだ。

関連『新時代における国家戦略を』自民党AI・web3PTが岸田総理に提言

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/06 火曜日
08:15
米SEC、バイナンスとCZ氏を提訴
米SECは、仮想通貨取引所バイナンスと同社CEOのCZ氏を提訴。ソラナなどの銘柄を未登録有価証券と主張するなどして、合計13の容疑で訴訟を行なった。
08:05
仮想通貨関連株全面安、アップルはMRヘッドセットを発表
本日のNYダウは−199.9ドルと反落。ナスダックも−11.3ドル安で取引を終えた。市場は来週の米CPIとFOMCに向けて様子見の雰囲気を強めているようだ。
06/05 月曜日
14:40
バイナンスのWeb3起業家コンテスト、「zkPass」が優勝
大手仮想通貨取引所バイナンスは、メタバースで開催したWeb3起業家コンテスト「Build The Block」の優勝者を発表。ゼロ知識証明を開発する「zkPass」が助成金を勝ち取った。
12:39
露大手銀行ロスバンク、仮想通貨を利用したクロスボーダー決済サービスの提供開始=報道
ロシアの大手銀行ロスバンクは、同国の主要銀行として初めて、仮想通貨を利用したクロスボーダー決済システムの運用を開始した。同行はすでに企業及び個人の顧客との取引を試験的に行なっているという。ロシアのビジネス紙「Vedomosti」が報道した。
12:01
三菱UFJ信託銀行ら3社、ステーブルコインのクロスチェーン基盤構築へ
三菱UFJ信託銀行は2日、DatachainおよびTOKIと提携して、ステーブルコインのクロスチェーンインフラを構築していくと発表した。「Progmat Coin」を利用するトークンを対象とする。
11:58
ビットコインのボラティリティ、30日間変動率が過去最低水準に
米債務上限問題をめぐるデフォルト回避や利上げ停止観測で米株指数や日経平均株価が上昇する中、ビットコイン価格は今ひとつ冴えない。ボラティリティの30日間変動率は過去最低水準まで低下した。
06/04 日曜日
11:30
センチメント悪化でビットコイン下落、米ファンダ背景とした下げ止まりに期待|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、センチメント悪化で370万円付近まで下落した今週のビットコイン相場を解説。米ファンダメンタルズ好転で来週シナリオに楽観的な見方も。ビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|JPモルガンのBTC価格分析に注目集まる
今週は、JPモルガンのアナリストによるビットコイン価格分析について書いた記事が最も多く読まれた。このほか、国内仮想通貨取引所のトラベルルール対応など、一週間分の情報をお届けする。
06/03 土曜日
17:00
サンドウィッチ攻撃とMEVとは?
暗号資産(仮想通貨)イーサリアム基盤の分散型取引所ユニスワップなどで猛威を振るい手数料高騰の要因となっているMEV。サンドウィッチ攻撃など、分散型取引市場の脅威について詳しく解説する
14:00
Uniswapの手数料分配案、合意に至らず
分散型取引所(DEX)Uniswapで、一定以上の取引量を処理する流動性プールに対し、手数料収益の分配先を変更し、コミュニティ全体に還元するという提案についての投票が終了した。
13:00
米Marathon、採掘ビットコイン量が前月比77%増加
ナスダック上場の米仮想通貨マイニング企業マラソン・デジタル・ホールディングスは最新の事業報告を発表。5月のビットコイン生産量はOrdinalsの台頭も背景に増加した。
12:00
米下院議員ら、仮想通貨規制を明確化する法案を発表
米下院の共和党幹部らは、ビットコインなど仮想通貨の規制に関する法律草案を発表した。証券とコモディティの区別など、仮想通貨規制の明確化を図る法案となる。
10:50
米コインベースデリバティブ、機関投資家向けにビットコイン等の先物取引を提供
米国のコインベースデリバティブエクスチェンジは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの先物取引を機関投資家向けに提供する計画を発表した。CMEによれば、22年は仮想通貨の先物・オプション取引の約33%が米国外で行われていたが、2023年には35%に上昇する傾向にある。
10:05
イーサリアム仮想マシン「Kakarot」、資金調達を完了
仮想通貨イーサリアムの仮想マシンKakarotを開発するプロジェクトは、プレシードラウンドの資金調達を完了。ヴィタリック・ブテリン氏や、L2プロジェクトStarkWareらが出資した。
08:40
米債務上限停止法案が大統領署名へ 米国株続伸
本日のNYダウは+701ドルと大幅に続伸。ナスダックも+139.7高で取引を終えた。米債務上限問題は法案が上院で可決されたことや強い雇用統計が好感された模様だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/06/15 ~ 2023/07/15
その他 未定
2023/06/16 09:30 ~ 20:00
東京 東京ミッドタウン八重洲
2023/06/18 10:00 ~ 19:00
Non Fungible Tokyo 2023 associated with Japan Blockchain Week
東京 東京国際フォーラム
重要指標
一覧
新着指標
一覧