CoinPostで今最も読まれています

JVCEA、自民党Web3PTで暗号資産IEO・レバレッジ取引の課題と改善策を提案

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

暗号資産審査プロセス

自民党のWeb3プロジェクトチームは6月6日、今年度の第一回となる会議を開催した。この会議では、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の副会長理事、小田玄紀氏が、「暗号資産交換業者の規制対応について」報告。

その中で、国内のIEO市場が拡大する中で直面している問題と改善策について説明した。レバレッジ改正についても提言を行った。

JVCEAは2021年10月に「暗号資産審査タスクフォース」を発足させ、審査体制の整備と作業効率化に取り組んできた。その影響で、会員企業やJVCEA、そして金融庁すべての作業負荷が大幅に軽減されている。

関連:JVCEA、国内の仮想通貨上場審査を大幅効率化へ 「グリーンリスト制度」など導入

その結果、暗号資産の審査プロセスは大いに効率化されており、4月末時点で審査待ちの案件はわずか2件。2022年3月には国内で取り扱われている暗号資産の数は50種類に満たない状況だったが、2023年5月時点で91種類まで拡大している。

出典:JVCEA

ICOやIEOについても審査の要点が明確にされ、より適切な審査が行われ、精度と速度が改善されている。この結果、2021年以降、現在までに国内で4件のIEOが実現した。

また、自民党が発表したWeb3ホワイトペーパーでは、IEOの推進が明記された。これらの動きは、全体としてIEO市場にとって追い風となっている。

一方で課題も浮かび上がってきている。国内のIEO事例の中には、価格下落や取引量の不足といった問題を抱えているものが見られ、暗号資産全体の審査に悪影響を及ぼす可能性も懸念されている。

関連:仮想通貨IEOの成功事例から学ぶ、トークンセール5つの注意点

なお、日本経済新聞が報じたところによれば、日本暗号資産取引業協会(JVCEA)は6日、新しい代表理事会長に小田玄紀氏を選任する方針を固めた。

IEO改善に向けた検討

会員有志による検討資料から抜粋した「IEOの課題と改善策」によると、IEO直後に価格が下落する問題の対策案として、IEOの引き受け企業や関係者に一定期間の売却禁止期間(ロックアップ)を設けること、売却する際には市場価格に影響を与えない方法で行うこと、初期価格の設定情報を投資家に対して分かりやすく説明することなどが提案されている。

また、IEO銘柄の流動性が低いという問題に対しては、発行体に国内外の取引所への上場を推奨し、一定の要件を満たした場合にはマーケットメイカーを活用することを認め、流動性の改善を目指すという改善策が示されている。

さらに、発行体に対するモニタリングも検討されている。発行体がホワイトペーパーの内容や経営体制に変更があった際には、最新の状況をもとに再度審査や検討を行うなど、IEO引受企業として発行体の経営管理態勢を適宜判断することが重要となる。

具体的な改善案として、IEO引き受け企業が資金を調達した際に全額を一度に発行体に渡すのではなく、ホワイトペーパーに記された進行状況に応じて段階的に資金を提供するといった取り組みが考慮されている。さらに、初期の手数料だけでなく、維持手数料を数年間にわたって課金するといった仕組みも検討されている。

これらの改善案の実装にはJVCEAだけでなく、日本仮想通貨業界協会(JCBA)のIEO部会との連携が必要だ。JVCEAは、今後、発行体や暗号資産交換業者自身による自主的なIEOに関するガイドラインに基づいて、関係者のコンセンサスをとった上で開示・発表をしていく方針を示している。

レバレッジ改正

日本の暗号資産取引におけるリスク対策として、レバレッジ取引の規制が強化されてきた。元々、暗号資産に対するレバレッジ取引は、FXと同じく最大25倍まで可能だった。

だが、2020年に施行された改正資金決済法および改正金融商品取引法によって、その上限は大幅に引き下げられ、最大2倍にまで制限された。この変化が引き金となり、暗号資産の取引量が急速に落ち込んだ。

今回、JVCEAは、暗号資産のレバレッジ上限の再度見直しを提言している。主張の根拠として、レバレッジ取引の提供には第一種金融商品取引業のライセンスが必要であり、証券会社と同等の経営管理体制と共に顧客の損失を最小限に抑えるためのロスカット体制が整備されていることを指摘した。

具体的な倍率に言及していないが、レバレッジ改正によって取引量増加による税収増、ユーザーの国内帰結、機関投資家や新規投資家の参入によりWeb3市場の発展につながると主張している。

レバレッジ改正に向けて、今後はJCBAの金融部会、自民党のWeb3プロジェクトチームや金融庁などとも連携を取りながら、適切な対応を計画していく方針を示している。

関連:仮想通貨投資家も実践する「レバレッジ取引」とは|初心者向けに解説

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア