CoinPostで今最も読まれています

アマゾンウェブサービス、新たなブロックチェーンサービスを一般提供 BTCなどに対応

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンアプリに活用

IT大手アマゾンのクラウドサービス部門「AWS(アマゾンウェブサービス)」は27日、ブロックチェーン関連の新たなサービスの一般提供を開始したことを発表した。

今回の新サービスによって、開発者はシームレスにパブリックブロックチェーンと通信できるようになり、拡張性の高いアプリを速くかつ安全に構築できるようになると説明している。

一般提供を開始したのは、「Amazon Managed Blockchain(AMB)」に関するサービス。AMBはすでに提供されているサービスである。AMBは、パブリックとプライベートの両方のブロックチェーン上で、回復力のあるアプリを構築することをサポートしてくれるサービスだ。

今回の新サービスは、このAMBの機能を拡充する内容。新サービスは2種類あり、名称はそれぞれ「AMB Access」と「AMB Query」である。

AMB Accessは、複数のブロックチェーン上にあるデジタル資産や分散型アプリ(dApps)と通信するための機能。「遠隔手続き呼び出し(RPC:Remote Procedure Call)」という技術を即座に実行するための機能で、まずは暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のブロックチェーンに対応する。

AMB Queryは、複数のブロックチェーンから、標準化とフォーマット化を行ったブロックチェーンデータを伝搬する機能。この機能によって、アプリは複雑なデータ変換を行ったり、高額なストレージコストを支払ったりする必要がなくなるという。この機能は最初は、ビットコインとイーサリアム(ETH)のブロックチェーンに対応するとした。

ユースケースとしては、AWSはウォレットとカストディ、またNFT(非代替性トークン)を活用した消費者との関係構築を例として挙げているが、パブリックブロックチェーンのあらゆる領域の開発者をサポートすることができると説明している。今回の新サービスはすでに、主要機関のデジタルイニシアチブで利用されているという。

カストディとは

投資家の代わりに資産を保有・管理することを指す。仮想通貨以外の資産にも広く使われる用語である。

▶️仮想通貨用語集

AWSの金融サービス技術部門のバイスプレジデントは、以下のようにコメントした。

今回の両サービスによって、摩擦がより少ない状態で、ブロックチェーンのネットワークとデータにアクセスできるようになる。開発者は、Web3のアプリをより簡単に作れるようになるだろう。

デジタル資産から消費者やブランドに関するものまで、新しいメインストリームのアプリの誕生を可能にすることを期待している。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

Web3事業へ尽力

AWSはWeb3事業にも力を入れている。例えば昨年6月、日本発パブリックブロックチェーン「アスターネットワーク(ASTR)」との協業を発表。コミュニティに選定された、アスターネットワーク上のプロジェクトは、約1,000万円分のAWSクレジットと技術サポートを提供してもらえるようになったと説明した。

関連Astarネットワーク、アマゾンウェブサービス(AWS)と提携

また、アマゾン本体については、NFT電子市場をリリースする計画が報じられている。公式発表はないが今年4月には、電子市場の立ち上げに向けて最終段階に入っていることが複数の情報筋によって伝えられた。

関連米アマゾン、NFTサービスの開発は最終段階に=報道

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア