Astarネットワーク、アマゾンウェブサービス(AWS)と提携

Astarの育成プログラムを拡張する

日本発パブリックブロックチェーンのAstar Network(ASTR)は7日、世界最大手ECサイトAmazon.comにより提供されるクラウドコンピューティングサービス「Amazon Web Services(AWS)」との提携を発表した。

関連:Astarネットワークが拡大 4月に多数プロジェクトがローンチへ

提携により、Astarの2つの育成プログラムに参加するすべてのプロジェクトに「AWS Activate Program」が適用され、10万ドルのAWS クレジットを受け取ることができる。AWSクレジットは、コンピューティング、ストレージ、データベースなどのインフラ技術から、機械学習や AI、データレイクや分析、IoTなどの新技術まで、様々なAWSサービスに使用できる。

「Astar Builders Program」はAstar Networkに参加するdApp(分散型アプリ)開発者を支援し、プラットフォームとPolkadotエコシステムの成長を加速させることを目的とした助成金制度。プログラムの一環として、Astarエコシステムのプロジェクトは、技術、ネットワーキング、資金調達、マーケティングのサポートを受けることができる。

22年2月には、ArthswapやAstrid DAOなどの既存のプロジェクトもサポートするために「Astar Incuvation Program」が設立された。このプログラムではBuilders Programのサービスに加えて資金調達用のピッチの機会も与えられる。

これらのプログラムに参加するプロジェクトは、プログラム期間中だけでなく終了後もAWSからのサポートを受けることができるという。

Astar Network(ASTR)は、21年12月にポルカドットネットワークに接続するための権利を獲得後、22年1月にメインネットがローンチ。構築を奨励する(=Build2Earn:構築して稼ぐ)「dAppStaking」という開発者向けの報酬設計を導入しており、これまでにstar Network上で40以上のdApps(分散型アプリ)がローンチされている。

Astar Networkを開発するStake Technologiesの渡辺創太CEOはリリースで、彼らの主要な目標は、「開発者にとってコミュニティが必要とするアプリケーションを構築できる環境を用意すること」と語っている。

AWS Activateを利用することで、開発者はより簡単に、自信を持ってアプリケーションを構築できるようになる。このパートナーシップによって誕生してくるイノベーションを楽しみにしている。

AWS Activate Programでは、スタートアップ企業にAWSをすばやく開始してビジネスを成長させるためのツールやリソースなどを無償で提供する。AWSのエンジニアや業界のエキスパートによる技術サポートを受ける事もできる。

アマゾンウェブサービスジャパン株式会社スタートアップ事業開発部本部長の畑 浩史氏は、Astar Networkの2つの育成プログラムを支援するために、「AWS Activateを提供することは自然なステップだ」と語っている。

当社がAstarのエコシステムを支援することで、多様で興味深く、革新的なプロジェクトを刺激し、すべての人に利益をもたらすことになることを期待している。

Astar Network(ASTR)上に展開する複数のdApps(分散型アプリ)は5月に共同で、新団体「DeCartel」を設立したことを発表した。「DeCartel」は、DeFi(分散型金融)の簡略化と、安定した収益を安全にユーザーに提供可能にすることを目標に、競争ではなく協力によりAstar Networkの中長期的な成長に貢献する取り組みを実施していく。

関連:Astar Network(ASTR)上の複数dApps、DeFiの改善や成長を目的とした組織を設立

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します