CoinPostで今最も読まれています

CPI控えビットコイン膠着状態、ARKのビットコインETF可否判断は延期濃厚か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

週明け7日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比407ドル(1.1%)高、ナスダック指数は85ポイント(0.61%)高で取引を終えた。

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比0.04%安の1BTC=29,166ドルに。

BTC/USD日足

手掛かりに欠ける中、狭いレンジ内で小幅推移を繰り返すなどボラティリティは過去最低水準を記録している。10日にCPI(米消費者物価指数)発表を8月24日〜26日にジャクソンホール会議を控え、膠着状態に陥りやすいか。

関連:ジャクソンホール会議とは パウエル議長講演の注目ポイントは?

米CNBCが報じたところによれば、米国証券取引委員会(SEC)は、ARK Investment Managementによるビットコイン現物上場投資信託(ETF)申請の最初の可否判断期日を13日に迎える。

ただし、現在最有力とされるBlackRockをはじめ、Bitwise、VanEck、WisdomTreeを含む8企業がビットコインETFを申請しているが、過去に申請され最終的に却下されてきたビットコインETFの経緯からも、今回の申請もSECの審査判断は最終期日まで最大240日間延期される公算が高い。

ブルームバーグTVに出演したARK Investmentのキャシー・ウッドCEOも同様の見解を示しており、「同時に複数のビットコインETFを承認するのではないか」と述べた。

23年7月19日にビットコインETFをSECに申請したブラックロックの場合、24年3月16日頃が最終期日となる。ETF専門家のEric Balchunas氏と暗号資産ファンドマネージャーのJames Seyffart氏は、昨今の状況を踏まえ、ビットコインETFの承認予想確率を65%まで引き上げた。

ビットコイン投資信託「GBTC」の現物ビットコインETF転換承認を求めて訴訟するグレースケールが、SECとの裁判で勝利を収められるかどうかが肝となるとの見立てを示している。

関連:米裁判所、SECの主張に疑問を呈示 グレースケールGBTCめぐる訴訟で

Huobiの財務懸念

Cinneamhain VenturesのパートナーであるAdam Cochran氏が、独自のオンチェーンデータ分析内容からHuobiの財務健全性について懸念を示した。

取引所の準備金であるステーブルコインのテザー(USDT)およびUSD Coin(USDC)の保有量を巡り、9000万ドル未満と見積もったフォビのオンチェーンデータとプルーフ・オブ・リザーブ(Proof of Reserve)の一環として開示されたマークル・ツリー監査のウォレット残高6億3000万ドル相当との矛盾点を指摘するものだ。

DefiLlamaのデータによると、8月5日から6日にかけてHuobiから総額6,400万ドルの資金が送金され、預入総額は30億9,000万ドルから25億ドルに減少した。

Huobiやトロンの一部関係者が賭博ウェブサイトに関与した疑いで中国当局から事情聴取を受けたとする現地メディアなどの報道を受け、投資家の資金引き出しが相次いだものと見られるが、Huobiの広報担当者やグローバルアドバイザーであるJustin Sun氏は「事実と異なるフェイクニュース」と否定した。

同氏によれば、Huobiは2023年第2四半期に8,500万ドル以上の利益を生み出し、2023年第3四半期には1億ドルの利益が見込まれると主張している。

ブロックチェーン分析プラットフォームのNansenによれば、BTCを除くネットフローは、過去24時間(7日7時時点)で3290万ドルの純流出となった。

関連:上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由

関連:1年を切った次回ビットコイン半減期へのカウントダウン、市場動向と専門家の予測は?

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/22 金曜日
16:29
大手VCパラダイム「仮想通貨は新たな惑星のようなもの」 投機需要も欠かせないと見る理由
仮想通貨関連技術に特化した米大手ベンチャーキャピタルParadigmは、「火星のカジノ」と題した論説で、仮想通貨を新しい惑星に例え、投機的な投資も「移住の起動プロセスの一部」として欠かせないものだと主張した。
16:15
セガ三国志大戦IP活用のBCG「Battle of Three Kingdoms」、動画初公開
  三国志大戦のIP活用BCGのチュートリアル動画公開 セガの人気ゲーム『三国志大戦』のIPを活用し、double jump.tokyo株式会社が開発を手がける新作ブロックチェ…
14:00
米FRB「資産のトークン化」に警鐘
米FRBは、トークン化が金融安定性に及ぼす影響について詳細に調査した論文を公開した。トークン化がデジタル資産のエコシステムと伝統的な金融システムとの相互接続を促進し、伝統的な金融システムに新たなリスクをもたらす可能性があると指摘している。
13:40
「Proof of Play」、a16zなどから約50億円調達
ブロックチェーンゲーム企業「Proof of Play」はシードラウンドで約49億円を調達した。プレイヤーが世界構築に参加できるWeb3ゲームを開発していく。
12:17
ビットコイン続落、FOMC後の金融引き締め長期化懸念で日米株安進む
暗号資産(仮想通貨)相場でビットコインが続落した。FOMCにおけるFRBの2024年の金融政策見通し悪化を受け、株安が進んでいる。
12:00
10年ぶりの日銀総裁交代、植田新総裁の金融政策は
2023年4月8日に黒田前総裁が退任し、翌9日より植田新総裁が就任し新体制へ。黒田前総裁は10年間でどのような政策をとり、経済・市場環境にどのような影響を与えたのか、また植田新総裁の現時点で発表されている政策による今後の影響も解説します。
11:45
韓国釜山市がWeb3産業育成に本腰 取引所も設立へ
韓国の釜山市はブロックチェーン育成関連の計画を発表。独自メインネットやデジタル資産取引所、100億円規模の育成ファンドを立ち上げるとしている。
11:00
チューリンガムの親会社クシム、Zaif親会社と経営統合へ
Web3企業チューリンガムの親会社クシムは、カイカエクスチェンジホールディングスと経営統合することを取締役会で決議したと発表した。仮想通貨取引所Zaifの運営企業も連結対象となる予定。
08:45
バイナンス、ETHのガス代を1日で計1億円相当支払い
仮想通貨取引所バイナンスは21日に、イーサリアムのガス代を1日で合計1.2億円相当も支払ったことがわかった。バイナンスの担当者が経緯を説明している。
08:10
恐怖指数上昇 米国株続落、日銀マイナス0.1%金利維持|22日金融短観
本日米NYダウは続落。ナスダックとS&P500は6月以来の安値となった。昨日のFOMC会合では市場の予測通りに金利据え置きが発表されたが、年内1回の追加利上げの可能性が示唆された余波を受けた形だ。
05:52
欧州MiCA法施行に向けてバイナンスのステーブルコイン対応は|22日朝の重要速報まとめ
仮想通貨取引所バイナンスは来年6月までに欧州市場でステーブルコインの上場廃止を検討しているか。CZ氏は報道を否定した。
09/21 木曜日
18:00
仮想通貨擬人化BCG「コインムスメ」がSTEPN運営と提携、GMTアイドル「ジェムティ」誕生
ブロックチェーンゲーム「コインムスメ」は、STEPN運営Find Satoshi Labとの提携により誕生した「ジェムティ(GMT)」のデザインを公開した。限定NFT200枚を抽選でプレゼントする企画も行われる。
16:56
コナミ初のweb3プロジェクト「ZIRCON」、東京ゲームショウで発表
コナミがweb3進出 国内ゲーム大手企業のコナミデジタルエンタテインメントは21日、「東京ゲームショウ2023(TGS2023)」のステージにおいて、ブロックチェーン技術を活用…
15:42
マウントゴックス弁済期限、2024年10月まで延長
2014年に経営破綻した仮想通貨取引所、マウントゴックスの債権者へのビットコインや現金による弁済の期限が、1年延長されることが確認された。弁済先情報が提供されている債権者に関しては、年内に弁済を開始する可能性もあるとしている。
14:44
「ゲソてん byGMO」ブロックチェーンゲームを統合へ
GMOメディア株式会社は、ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」のレイヤー2であり、ゲームプラットフォームとして機能する「GESOTEN Verse(仮)」の開発を発表。従来のWeb2ゲームポータル「ゲソてん byGMO」とユーザー基盤を連携する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧