CoinPostで今最も読まれています

マスターカード、リップルやConsensysらとCBDCプログラムで協業

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CBDCプログラムを開始

決済大手マスターカードは17日、ブロックチェーン関連企業や決済サービスプロバイダーと協業し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関するパートナープログラムを開始すると発表した。

CBDCの実験や発行が世界で進む中、このプログラムではパートナー企業と協力して、CBDCのメリットやデメリットをより深く理解し、安全かつシームレスに有用性を持たせる方法を探る。業界のキープレイヤーと協業し、イノベーションと効率の実現を目指すとした。

プログラム開始時のパートナーとして紹介されている企業は以下の7社。右側の各企業の説明は、マスターカードの発表をもとに記載している。

  • リップル:CBDCプラットフォーム
  • Consensys:ブロックチェーン・Web3のソフトウェア企業
  • Fireblocks:デジタル資産オペレーションプラットフォーム
  • Fluency:CBDC・トークン化資産のソリューションプロバイダー
  • Idemia:デジタルID技術プロバイダー
  • Consult Hyperion:デジタルIDコンサルタント
  • Giesecke+Devrient:セキュリティ技術グループ

関連リップル社、CBDCとステーブルコインのプラットフォーム立ち上げ

マスターカードでデジタル資産・ブロックチェーン部門のトップを務めるRaj Dhamodharan氏は、今回の発表で以下のようにコメントした。

我々は、決済に選択肢があることの価値を信じている。また、様々な決済の相互運用性が、繁栄した経済に不可欠であると考えている。

デジタル主導の未来に向け、CBDCとして保有する価値を、他のお金と同じぐらい容易に使えるようにすることが必要になるだろう。

マスターカードは、CBDCにはまだ考えなくてはいけない課題が数多く残されていると指摘している。例として挙げられているのは以下の内容。

  • CBDC発行における民間部門の役割
  • セキュリティ
  • プライバシー
  • 相互運用性

今回のプログラムでは参加企業と協力し、これらの内容に対する考察も深めるとみられる。

CBDCとは

「Central Bank Digital Currency」の略で、各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。仮想通貨との大きな違いは、CBDCはデジタル上の法定通貨であること。

▶️仮想通貨用語集

関連中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

CBDCの現状

マスターカードは今回、「何らかの方法でCBDCに関連する業務を進めている中銀の割合は93%」という国際決済銀行(BIS)のデータを引用。BISのデータによれば、消費者らが使うリテール型のCBDCはすでに、4つの通貨が完全に流通しているという。

CBDCでブロックチェーン技術が必ずしも利用されるとは限らないが、マスターカードは今回リップルやConsensys、FireblocksといったWeb3業界の大手企業と協業する。

関連米NY連銀、CBDCの実証実験の結果を発表 分散型台帳技術のメリットを説明

発表ではパートナー企業のこれまでの取り組みを紹介。リップルについては、パラオ共和国などのCBDCに携わっていると記載した。

関連パラオ共和国、XRPL基盤のステーブルコインを試験配布 大統領府とリップル社が正式発表へ

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア