CoinPostで今最も読まれています

SBIがTradeFinexと日本で合弁会社設立へ XDC Networkを広く提供

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

XDC Networkの普及へ

SBIホールディングスは29日、アラブ首長国連邦(UAE)拠点のTradeFinex Tech Ltd.(以下TradeFinex)と、日本における合弁会社の設立について基本合意したことを発表した。

TradeFinexは企業向けのL1ブロックチェーン「XDC Network」を展開する企業。新設する合弁会社は、XDC Networkが備える革新的なソリューションを広く提供していくと説明した。

具体的には、日本国内でXDC Network関連の情報をローカライズしたり、ネットワークの暗号資産(仮想通貨)「XDC」の上場を望む取引所をサポートしたり、L2・サブネット企業とのパートナーシップを拡大したりする。

ほかにも、XDC Networkの関連企業であるシンガポールのXDC Trade Network Pte. Ltd.が提供する貿易金融ソリューションを、APAC(アジア太平洋)地域に展開していくとした。

合弁会社の名称は「SBI XDC Network APAC株式会社」と書かれているが、現時点では仮称。資本金は3億円で、出資比率はSBIホールディングスが60%、TradeFinexが40%である。

関連「暗号資産法人税制のさらなる改正を」金融庁が令和6年度税制改正要望を公開

これまでの経緯

SBIグループにおいては、仮想通貨取引所SBI VCトレードが2023年5月にXDC Networkとパートナーシップを締結。XDC Networkを日本で普及させる取り組みを開始している。

関連仮想通貨取引所SBIVCトレードとは|主な強みとメリットを解説

例えば同月にSBI VCトレードがXDCを国内初上場。その後にステーキングサービスや入出庫サービスも開始した。

関連仮想通貨取引所SBI VCトレード、エックスディーシー(XDC)を国内初上場

ステーキングとは

仮想通貨を所定の期間、預け入れることで報酬が得られる仕組みやサービスのこと。仮想通貨を預け入れることでブロックチェーンネットワークの運営に貢献し、対価として報酬を得られる。

▶️仮想通貨用語集

XDC Networkの特徴

XDC Networkは、イーサリアム(ETH)の仮想マシン(EVM)と互換性のあるブロックチェーン。現在は主に貿易金融で活用され、現実資産(RWA)や金融商品のトークン化に使われる。

SBIホールディングスは他にも、サプライチェーン(供給網)管理や国際決済などでの活用も期待されていると説明。そして、XDC Networkは世界貿易機関(WTO)、国際商業会議所(ICC)、そのほか多くの政府機関らと密接に連携しているとした。

関連貿易金融向けブロックチェーンのXinFin、R3のCordaと接続で仮想通貨XDC利用拡大へ

貿易金融は、ブロックチェーンのユースケースとして注目度が高い領域だ。貿易金融では銀行が支払いを保証する信用状や、船荷証券など必要な書類も多く、ブロックチェーンを活用することでコストや書類の削減、透明性や追跡性、効率性の向上、リスクの低減などの効果が期待されている。

今月には金融大手のCiti(シティ)が、ブロックチェーンを活用した新サービス「Citi Token Services」を開発・実験していることを発表。これはRWAをトークン化するサービスで、貿易金融や預金管理に導入することを想定している。

関連金融大手シティ、RWAのトークン化ソリューションを開発 ブロックチェーン技術を活用

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 金曜日
08:25
米国株AI銘柄上昇 日銀総裁発言で円高進む
米国株は来年の米利下げへの行き過ぎた期待との指摘が散見される中、AI関連株ではグーグルのGemini発表や、AMDの新たなAIチップ発表などがAI相場上昇への追い風となった。
07:50
仮想通貨Jito(JTO)、バイナンスやBybitにも上場 価格高騰
ソラナの大手リキッドステーキングJitoのガバナンストークン「JTO」は昨夜、仮想通貨取引所大手コンベースやバイナンス、Bybitに上場し価格が暴騰していた。
07:40
Uphold、補助型のセルフカストディウォレット提供へ
Web3金融プラットフォームUpholdは、補助型のセルフカストディウォレットをローンチ。まずは仮想通貨XRPに対応し、今後はビットコインなどにサポートを拡大する。
07:05
SECのビットコインETF審査 最終段階か=ロイター報道
米証券取引委員会(SEC)と申請企業の間で重要な技術的な詳細について協議が進んでおり、近く仮想通貨現物ビットコインETFを承認する可能性があることが示唆された。
12/07 木曜日
17:00
「Beyond The Price」、未公開内容や過去のまとめを配信
第11回のGM Radio:Beyond The Priceは2日に公開。仮想通貨ビットコインなどについて過去の配信をまとめ、未公開の内容も追加した。
15:00
「ビットコインETF承認は機関投資家を後押しする決定打となる」米ARKのウッドCEO
米ヘッジファンドARK Investのキャシー・ウッドCEOは、米証券取引委員会によるビットコイン現物ETFの承認は、仮想通貨投資を検討している機関投資家に対し、「確定的なお墨付き」を与える可能性があると述べた。
14:30
仏大手銀行がイーサリアムでステーブルコイン「EURCV」を初発行
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムでユーロ連動ステーブルコインEURCVを発行。暗号資産(仮想通貨)取引所Bitstampに上場。入出金時にはKYC(顧客確認)およびAML(資金洗浄防止)コンプライアンス手続きが適用される。
14:20
IEO後に高騰したアイドルトークン「NIDT」の裏側|関係者インタビューvol.1
関係者インタビュー NIDT(Nippon Idol Token)は、web3時代の女性アイドルを創造する「IDOL3.0 PROJECT」の独自暗号資産(仮想通貨)です。 I…
13:55
コインチェックがアバランチの取扱いを開始 
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックがアバランチ取り扱い開始。AVAXの取扱いを皮切りに、クリプト技術を活用し社会や経済に実際の利益をもたらすプロジェクトを支援していく方針を示す。
13:30
サザビーズ、ビットコイン版NFT「Ordinals」のオークション初開催
サザビーズはビットコイン版NFTプロジェクト「オーディナル」作品で初めてのオークションを開催。「BitcoinShrooms」の入札を行う。
12:27
ビットコイン、時価総額で世界9位の資産に 
暗号資産(仮想通貨)ビットコインが時価総額8,500億ドルを超え世界第9位に。ウォーレン・バフェット率いるバークシャーを上回り、エヌビディアを追う勢い。首位の金(ゴールド)市場の1/16ほどの規模となった。
12:00
カシオからNFT「VIRTUAL G-SHOCK」限定販売
カシオ計算機が「VIRTUAL G-SHOCK NFT」のセールを行う。耐衝撃性を誇るG-SHOCKの未来モデルをバーチャルに再現。限定2000個のユニークなデザインが0.1ETHで登場。ユーザー参加型のオンラインコミュニティが生んだ、先進的なデジタルコレクション。
10:30
米地裁、バイナンスCZ前CEOの有罪答弁を受理
米国地方裁判所の判事は、仮想通貨取引所バイナンスの前CEOであるCZ氏の有罪答弁を受領した。今後、量刑が行われることになる。
10:02
JPモルガンのダイモンCEO「私が米政府にいれば仮想通貨を禁止する」
JPモルガンのCEOは、米公聴会で仮想通貨を強く批判した。ビットコインなどの仮想通貨に強く反対しているとし、もし自身が政府にいれば、仮想通貨を禁止すると主張している。
07:35
Bitcoin Core、最新バージョンをリリース
仮想通貨ビットコインのソフトウェアBitcoin Coreは、最新バージョンv26.0がリリースされた。一方で、OrdinalsやBRC-20トークンの発行ができなくなる可能性が浮上している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/12/08 12:00 ~ 13:00
その他 オンライン
2023/12/12 14:00 ~ 16:00
その他 オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧