CoinPostで今最も読まれています

押し目買い確認のビットコイン37000ドル台回復、関係者が語るSOLやMATIC好調の背景は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末17日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比1.8ドル高、ナスダック指数は11.8ポイント(0.08%)高と横ばいで取引を終えた。

関連:仮想通貨関連株大幅高 弱い米経済指標やビットコイン反発を受け|16日金融短観

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

アルトコインを中心に調整も見られた暗号資産(仮想通貨)市場は週末にかけて反発。ビットコイン価格は前日比1.9%高の1BTC=37,253ドルとなった。

BTC/USD週足

ビットコイン(BTC)など暗号資産は先週、過熱感の反動からデリバティブ(金融派生商品)市場におけるロングポジションの大規模ロスカットで一時急落する場面もあったが、結果的に週足は長い下髭陽線でクローズし、押し目買い圧力を確認した格好に。

ビットコインETF(上場投資信託)や半減期の材料待ちのタイミングで現物BTCを手放す動機は薄く、FOMO(Fear of Missing Out)気味の市場心理によって下値が拾われやすくなっている可能性はありそうだ。

関連:ビットコイン急落で440億円規模のロスカット発生、主要アルトは明暗分かれる

早くも37,000ドル台を回復するなど現時点での調整局面入りを否定したが、ここのところ乱高下しておりレンジ上限をブレイクできなければレンジ下限の底割れリスクも考えられる。

関連:高値圏で揉み合うビットコイン、市場のETF早期承認期待は剥落か|bitbankアナリスト寄稿

反発の背景としては、先物市場のロスカットなど日柄調整が進み需給面が改善したほか、最大手資産運用会社ブラックロックなどが申請中の「ビットコイン現物ETF(上場投資信託)」の早期承認期待は一旦剥落しつつも、思惑自体が再び高まったことなどが挙げられる。

bitcoinsistが報じたところによれば、ブルームバーグのETFアナリストであるEric Balchunas氏は、米SEC(証券取引委員会)が今週ビットコイン現物ETFの申請フォームについて会合の場を持ち、現物取引方式(In-Kind Method)ではなく現金生成方式(Cash Generation Method)を使用するよう要請したことを明かした。

これは承認に向けた兆候の一つを示唆するという。

関連:上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由

アルトコイン市場

週明けにかけてのビットコイン上昇を受け、週末にかけて大幅反落していた主要アルトも軒並み反発した。

ラージキャップ銘柄では、XRPに次ぐ時価総額6位のソラナ(SOL)が前日比6.5%高、12位のチェーンリンク(LINK)が10.8%高、14位のポリゴン(MATIC)が3.8%高となった。

Helius LabsのMert Mumtaz CEOは、X(旧Twitter)で、ソラナの性能について比較した。

Helius Labsは、ネットワーク上における開発者のスケーラブルなソリューション構築を支援する、Solanaネットワーク上のRPCプロバイダーだ。RPCプロバイダーtは、クライアントとサーバー間の通信を容易にするためのシステムおよびサービスのこと。

Mert Mumtaz氏によれば、過去1週間のデータでは、イーサリアムが12TPS(秒間トランザクション処理速度)に対し、ソラナは約60倍の700TPSを超えた。トランザクションのファイナリティ(最終確定)速度はより大きな差があり、イーサリアムの約15分と比較してSOLは約2250倍高速の約0.4秒を達成したという。

また、平均取引手数料(Gas代)についてもイーサリアムより遥かに低いと主張した。

分散化水準については大規模に普及するイーサリアム(ETH)に軍配が上がり、ソラナのノード数3,000に対しイーサリアムは8,000だと言及した一方、ノード数が一定の閾値を超えた場合の影響については「分散化とパフォーマンスおよびアクセシビリティのバランスの重要性」を挙げ、効果は限定的と主張した。

ただし、Mert Mumtaz氏の立場上ポジトークが含まれることは留意したい。

なお、投資ファンドAsymmetricの創業者であるJoe McCann氏は、ソラナのDeFi(分散型金融)について、毎日10以上のスマートコントラクトを利用するヘビーユーザー数は年初来最高に達したと指摘した。これは、アクティブなDeFiアドレス全体の1.15%に相当するという。

アクティブなDeFiインタラクションの観点では、イーサリアムの11.5倍、オプティミズムの6.88倍、オプティミズムの16.4倍に達するとした。

22年11月の大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTX破綻の影響もあり、暴落していたソラナ(SOL)価格は、過去数週間では主要アルトの高騰をリードするなどV字回復を見せてきた。前月比106%高、年初来では393%高に及ぶ。

米投資運用会社ARK Investのキャシー・ウッドCEOは、CNBCの金融経済・ビジネス専門チャンネルである「Squawk Box」のインタビューに出演した際、ソラナ(SOL)にも言及。主要なスマートコントラクトおよび分散型金融ネットワークとしてのイーサリアムの地位を認める一方で、高速かつコスト効率に優れているという面でソラナの重要性が増大していることを指摘した。

ブロックチェーンにおけるインフラストラクチャーの役割の重要性を強調し、Web3およびデジタル資産関連の開発におけるソラナの潜在的な役割についても強調している。

関連:ARK Invest、ビットコイン高騰受けコインベース株とGBTC利確売り

ポリゴン(MATIC)のオンチェーンデータも好調な推移を辿る。

共同創設者のSandeep Nailwal氏によれば、ポリゴン(MATIC)のPoSは、過去最高値となる日間1640万件のトランザクションを記録したと指摘した。

また、イーサリアム(ETH)のスケーリングソリューションであるPolygon zkEVMの預入総額を示すTVLは過去1週間で12%増となり、1億700万ドルに達した。(Polygon zkEVMの詳細やメリットは、下記の記事参照)

詳細:ポリゴン、来月に「Polygon zkEVM」のメインネットのベータ版をローンチへ

その一方、トランザクション急増に伴い負荷が拡大。取引手数料(Gas代)が桁外れに跳ね上がった。これに伴いブロック報酬は合計155,000MATICを上回り、バリデーターの日間収益は約120万ドルに達したという。

PolygonScanエクスプローラーによると、MATICの取引量は16日時点で21年6月の過去最高値を更新する970万txを記録した。背景には、ビットコイン(BTC)のオーディナルに触発される形で開発されたとみられる“PRC-20”規格のトークン(POLS)が発行・流通し始めたことなどが挙げられる。

関連:投資家関心継続のビットコインオーディナルとその競合、BTCエコシステムの近況は?

関連:ポリゴン、トランザクションが急増しガス代が急騰 「PRC-20トークン」が影響か

ビットコインETF特集

ビットコインETFの仕組み、基本から徹底解説 ブラックロックが仕掛けるビットコインETF、投資家必見のポイント
ビットコインETF上場承認後のBTC価格はどう変わる? 米投資会社の資金流入予測 ビットコイン半減期とは?市場価格への影響と注意点
初心者が学ぶトレード知識 CoinPostアプリで優位性を

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/25 木曜日
19:23
ロシア下院、ビットコインマイニング合法化と国際貿易の仮想通貨決済を許可する法案可決か
ロシア下院は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインのマイニング(採掘)を合法化し、国際貿易における暗号資産(仮想通貨)利用を許可する法案を可決した。
18:22
SBIが米資産運用大手と新会社設立へ ビットコインETF参入準備か=日本経済新聞
SBIホールディングスが、米運用会社大手フランクリン・テンプルトンと年内を目処に合弁会社を設立する。国内の証券市場でビットコインETF(上場投資信託)が売買できるようになると、税制面で大きな優位性がある。
16:59
STEPN(ステップン)やSTEPN GOでかかる税金の仕組みと確定申告するときのポイント|Aerial Partners寄稿
STEPNとは?ゲームの仕組み ステップン(STEPN)とは、ファインドサトシラボ(Find Satoshi Lab Limited)によって開発されたブロックチェーンゲーム(…
16:16
社会貢献アプリ『ピクトレ』、東京で実証試験へ
仮想通貨ディープコイン(DEP)を発行するDEAは、社会貢献アプリ「ピクトレ」の実証試験を東京で実施。プレイヤーが電力インフラを保全し、新機能を導入して社会貢献を推進する。
15:23
「ハリスは仮想通貨にオープンマインド」スカラムーチ氏が対立煽りをけん制
スカイブリッジ創設者のスカラムーチ氏が、ハリス氏の仮想通貨に対する中立的な立場を示唆し、政治的な対立が仮想通貨エコシステムに悪影響を及ぼさないよう、超党派での支持を呼びかけている。ハリス氏がビットコイン会議の登壇を控える動きを受けて。
14:10
ソラナミームコイン空売りマーケット「dumpyfun」、7月30日よりベータ版開始
ミームコイン市場は今年において最もリターンの高い仮想通貨セクターとなってきた。しかし、ミームコインは他の銘柄に比べてボラティリティがより高いため、暴落時に備えたヘッジへの需要も高い。
14:00
SNPIT(スナップイット)の始め方
SNPIT(スナップイット)はスマホカメラを使って利益を得るGame-Fiエコシステム。ゲーム内容、始め方、ゲーム内ポイントの稼ぎ方、ステーキング方法、暗号資産(仮想通貨)SNPTの買い方まで詳しく解説
10:45
米ハッシュデックス、ビットコインとイーサリアム現物を保有するETFの登録書提出
仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムを保有するETFで、登録届出書を米証券取引委員会に提出した。
10:20
農産業専門のRWA電子市場「AgriDex」、ソラナチェーンで初の取引を実行
仮想通貨ソラナのブロックチェーン基盤のRWA電子市場AgriDexが初の取引を実行。AgriDexは独自トークンのエアドロップも計画している。
08:00
米大統領選で人気高まる予測市場「ポリマーケット」、アップルペイやクレジットカード利用可能に
バイデン氏が撤退を報告した22日には2,400万ドルの取引高を記録し、同プラットフォームの1日のアクティブユーザー数は過去最高の5,900人に急増した。
07:15
「BTCを米国の準備金に」議員が法案を発表か
仮想通貨ビットコインを米国の準備金にすることを定めた新しい法案を、共和党議員がビットコイン2024で発表する計画であることが報じられた。議員自身も大きな発表を行うことをXで示唆している。
06:45
フェラーリ、米国に続き欧州でもビットコイン決済受付へ
イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」は7月末より、欧州で車の購入代金としてビットコインなどの仮想通貨銘柄の受け入れる。昨年10月に米国で初めて開始した支払いオプションだ。
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア