CoinPostで今最も読まれています

「EXPO 2025 デジタルウォレット」で大阪環状線NFT駅スタンプラリー、HashPort提供

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

パレットチェーンでNFTスタンプ発行

株式会社HashPortは22日、西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)と連携して、11月30日より「大阪環状線NFT駅スタンプラリー」を実施すると発表した。

大阪・関西万博関連のイベントで、誰でも大阪・関西万博の公式ウォレット「EXPO 2025 デジタルウォレット」のアプリをダウンロードすればNFT(非代替性トークン)のスタンプを集めることができる。

スタンプラリーで発行されるNFTはすべて、HashPortのグループ会社HashPaletteが開発したPaletteChain(パレットチェーン)で発行される予定だ。

パレットチェーンは、デジタルアイテムを発行・管理・流通するためのブロックチェーンネットワークである。独自の設計により、ユーザーの手数料(ガス代)がかからない取引を実現している。

パレットチェーンのユーティリティトークンである暗号資産(仮想通貨)パレットトークン(PLT)は2021年にコインチェックでIEOを行った。

関連国内初のコインチェックIEO、仮想通貨パレットトークン(PLT)の特徴と魅力とは

IEOとは

IEO(Initial Exchange Offering) の略称、プロジェクトが開発・発行するトークンの資金調達を仮想通貨取引所が支援する仕組み。仮想通貨取引所がトークンの販売業務、多くの場合で上場までサポートする、資金調達を望むプロジェクトに対する一括パッケージのようなもの。

▶️仮想通貨用語集

「EXPO 2025 デジタルウォレット」は大阪・関西万博で公式に提供されるウォレットサービスだ。決済やポイントサービスなどが充実している。HashPortやSBIはこのウォレットの協賛企業となっている。

関連大阪・関西万博、SBIやHashPortらがデジタルウォレットの協賛企業に

NFT駅スタンプラリーの概要

今回のスタンプラリーは、2023年11月30日から2024年3月24日まで開催される予定だ。第一弾では大阪駅、西九条駅、弁天町駅、天王寺駅、323系万博ラッピング列車社内という計六か所に設置される。

その後、スタンプラリーは第四弾まで開催され、大阪環状線全19駅および323系万博ラッピング列車内の合計20か所にスタンプをコレクションできるポイントが設置される見込みだ。

NFTのデザインについては、関西にゆかりのあるイラストレーター・アーティストが行っており、この企画だけのオリジナル駅スタンプに仕上げている。

駅スタンプNFTを集めるには、まずアンドロイドやiOSのアプリストアで「EXPO 2025 デジタルウォレット」をダウンロード。アプリ内Web3ウォレットにある「読み取り」機能で、スタンプ設置箇所にある専用2次元コードを読み取ることで獲得できる形だ。

全20箇所のNFT駅スタンプを全て集めると、2月12日以降、自動的にアプリ内に「コンプリートNFT駅スタンプ」も付与される仕組みとなっている。

飲食店で使えるクーポンNFTも

HashPortは「EXPO 2025 デジタルウォレット」で、一般社団法人大阪外食産業協会と提携して、飲食店でクーポンとして使用できるNFTも提供している。

発行は11月10日から12月9日、利用は11月10日から12月16日となっており、パレットチェーンで提供されるクーポンNFTを千房、がんこ寿司、大阪王将やその他の飲食店36店舗で利用できる仕組みだ。

関連世界初、スロベニア政府がお土産NFT発行へ ドバイ万博で配布

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア