仮想通貨イーサリアムの開発者:11月の大規模ハードフォークは間に合う

イーサリアム:11月にハードフォーク
本来10月14日にリリース予定であったイーサリアムの大規模アップデート「コンスタンティノープル」の試験利用に遅れが出ていたが、10月12日に開かれた会議では、11月にはハードフォークに間に合うと明かされた。

確定か:11月にハードフォーク

オープンソースの開発を進めるイーサリアムのプロジェクトメンバーらは、次の大規模アップグレード『コンスタンティノープル』のロプステン・テストネット(試験利用)が11月のリリースに向け順調であると発言した。

Coindesk の報道を通じて、以上の発言は週に二回行われる開発者のミートアップにて、10月12日金曜日に明らかにされたと判明した。

参加者らが、イーサリアム財団やU.K.スタートアップ・パリティなど、主要なイーサリアムのクライアントのアップグレードはすでに完了していると言及した。

このような理由から、年内にアップデートが完了が見込まれると開発者らは述べた。

イーサリアムのネットワークに対して5つの後方互換性のない変更が含まれ、例えば、以前コインポストが報道したように、イーサリアムのマイニング報酬が3ETHから2ETHへと変更することなどが挙げられる。

さらに、先週にはイーサリアムのテストネット「ロプステン」上での「コンスタンティノープル」のリリース計画に遅れが生じているとの報道があったものの、アップグレードの試験計画は依然として順調に進んでいるとしている。

ハードフォークの延期に関して

先週、コンスタンティノープルの五つの変更点のうちの一つにバグが見つかり、試験のリリースが遅れた。

当時、イーサリアムの開発者らは、ハードフォークテストネットは今月の14日から20日前後になるとしていた。

今回のテスト延期の理由として、個人や企業などイーサリアムのネットワークサービス提供をサポートしているノードやコンピュータなどのクライエントに対してアップグレードするための時間を与えるためだったと思われる。

開発メンバーの一人Peter Szilagyi氏はツイッターにて、その詳細を明らかにした。

コミュニティの決断により、 最近発見されたDoS攻撃の脆弱性を修正したCREATE2を、クライエントが実行、テスト、リリース出来るように、イーサリアム・ロプステン・テストネット「コンスタンティノープルハードフォーク」を1エポック#4230000ブロック(+5日)まで延期する。

*エポックとはイーサリアムのProof of WorkであるEthashのDAGの30,000ブロックごとの期間のことを指し、1エボックは約5日間。

またもう一つの遅延の理由には、ロプストンユーザーが他のイーサリアムのプロジェクトをテストするためだったとされる。

その例には、ハードフォーク「コンスタンティノープル」を実行した際にネットワークが別れる可能性があり、それに備えたオフチェーンでのスケーラビリティ問題の解決を目指すプロジェクト「ライデン」などが考えられる。

今回の会議で、イーサリアム財団の広報責任者Hudson Jameson氏は以下のように前向きな発言をした。

コア開発者はコンスタンティノープルの試験利用を心待ちにしている。

(10月30日に開催予定の開発者会議)Devcon後1ヶ月以内に「コンスタンティノープル」をメインネットにリリースする計画は順調だ。

CoinPostの関連記事

技術分析家「イーサリアムは5年でビットコインを超える」根拠は分散型台帳活用例の拡大
Thomas Crown Art社Ian McLeod氏は、ビットコインのマーケットシェア半分をイーサリアムが5年以内に奪うと主張する。
イーサリアム創始者ビタリック氏、ツイッターで仮想通貨イーサ(ETH)保有数を明らかに
意外な流れからイーサリアム創設者であるビタリック・ブテリン氏のETH保有数が明らかになった。イーサの総流通量の0.9%以上保有した事はないと言及し、保有のアドレスを公開した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加