CoinPostで今最も読まれています

オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週5/11(土)〜5/17(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

5/11(土)〜5/17(金)の仮想通貨相場週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円は確りとした推移となり、17日正午時点で1000万円を回復している。

2021年のミーム株相場の火付け役となったRoaring Kittyことキース・ギル氏が3年ぶりにX(旧ツイッター)を更新したことで、週明けにはアルトコインのGMEを筆頭にミームコインが急騰し、BTCも連れ高を演じ950万円から反発した。

一方、今週は複数の米インフレ指標の発表を控え、BTCはその後980万円周辺で揉み合いに転じると、14日にはコインベースのシステム障害を受けて上値を重くし、4月の米卸売物価指数(PPI)の上振れも相場の重石となり、960万円周辺まで下落した。

ただ、米PPIは前月のデータが下方修正された他、パウエルFRB議長がアムステルダムでのイベントで、現時点での利上げ再開の可能性を否定したこともあり、その後のBTCは下げ止まった。

翌15日には、4月の米消費者物価指数が発表され、結果は3月の3.5%から3.4%に伸びが鈍化し、BTCは上値を追う展開となると、1000万円を回復し3週間ぶり高値に戻した。

しかし、16日の相場は上値の重い展開となり、4月の米輸入物価の上昇を受けて上げ幅をやや縮小。幸い、4月末から相場のレジスタンスとなっていた6.5万ドル(約1012万円)周辺で買い戻しが入ったが、続伸には失敗している。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】
出所:bitbank.ccより作成

3月の米CPI上振れに加え、米経済の減速を示すデータが出ていたことで、市場ではスタグフレーション懸念が燻っていたが、4月のCPIの結果を受けてこうした懸念が後退した。

しかし、4月のCPIは伸びが鈍化したものの、そのペースは極めて緩慢と言え、FRBによる9月の利下げに対して確信を掴める結果ではなかった。

その為、BTC相場はチャネル上限まで戻すことに失敗した上、6.5万ドルの次のチャートの節目となる4月22日の戻り高値6.72万ドル(第2図内オレンジ線)にも到達できず、やや力不足な印象もある。

BTCドルはチャネル下限近辺からの反発でテクニカル的なセンチメントは改善、さらに6.5万ドルのレジサポ転換と、目先の相場の下値は堅いと見ているが、米国のインフレに関する追加的な材料がなければ下降チャネルからのブレイクアウトは難しいか。

【第2図:BTC対ドルチャート(日足)】
出所:Glassnodeより作成

また、足元のBTCオプション市場では、6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉が集中しており、目先の相場は6.5万ドル〜7万ドルレンジでの推移となりやすいと指摘される(第3図)。

来週には4月の米耐久財受注の発表が控えているが、この先の目玉材料は月末の米個人消費支出(PCE)と言え、月末までのBTC相場は方向感に欠ける展開が続くと見ている。


【第3図:BTCオプションのストライク毎の建玉】
出所:Glassnodeより作成

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:来週のビットコイン相場はPPIとCPIに注目、ネガティブならチャネル下限試すシナリオも|bitbankアナリスト寄稿

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/22 土曜日
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
パンテラ、ソラナを「ブロックチェーン領域のmacOS」と評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア