CoinPostで今最も読まれています

米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

谷を渡る

米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったと、その重要性を強調した。

ポッドキャスト「What Bitcoin Did」に出演したセイラー氏は、2020年に資本配分戦略の一環として2億5000万ドル相当のビットコイン購入で開始した自社の大胆なビットコイン投資の歴史を振り返る中で、「今年1月中旬に世界は変わった」と米証券取引委員会(SEC)によるビットコイン現物ETF承認に言及した。

今回のエピックで最も重要なことは、ビットコインETFが承認されたことだ。
これは基本的に、ビットコインが数千億ドルの資産クラスではなく、ビットコインが10兆ドルから100兆ドルの資産クラスと認識されるためのキャズムを超えるものだった。

セイラー氏は、暗号資産(仮想通貨)業界に対して「妨害的」なアプローチをとるゲンスラーSEC委員長を批判しつつも、SEC委員長に就任後、ビットコインをドルと競合するデジタル通貨(=禁止すべきもの)としてではなく、デジタル商品であり資産である(=禁止は不要)という認識を定着させたことについては評価。

そして、時間はかかったもののビットコイン現物ETFを承認したことが最大の功績だとした。

しかし、ビットコイン投資の正当性を認めたとはいえ、SECが許容する受け入れ態勢は「最小限」であり、銀行によるビットコインの保管や、オプション取引、ビットコイン現物とETFの直接交換などは否定されている(現金償還に限定される)ため、「現物ETFとしては不十分な点もある」と指摘した。

関連:世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え

イーサリアム現物ETFの承認

セイラー氏はビットコインに対して非常に強気な姿勢で知られており、イーサリアム現物ETFについては、「イーサリアムは商品ではない(ビットコインと異なり、証券判断があり得る)」ため承認されないだろうとの立場を表明していた。

関連:「イーサやソラナなどは有価証券」ビットコイン強気派M・セイラー氏が主張

しかし、同氏をはじめとする業界識者の大半の予想に反して、SECは23日、イーサリアム現物ETFを突如承認するに至った。その背景には政治的な風向きの変化があると見られている。

セイラー氏はイーサリアム現物ETFの承認は、「ビットコインの新たな防衛線として機能」し、仮想通貨の正当性を強化することになるため、ビットコインにとって朗報だと述べた。また、これまで仮想通貨に対して警戒心を抱いていた投資家も、合法的な資産クラスとして仮想通貨を認識し始め、機関投資家の参入が加速する可能性が高いと見ている。

主流の投資家は、こう言うだろう。仮想通貨の資産クラスがあるな。5%か10%を仮想通貨資産クラスに配分しよう。ビットコインはその60%か70%にしよう。

セイラー氏は今後、より「オープンな視点から」仮想通貨のユースケースなどについて検討されることが多々あるが、ビットコインは仮想通貨分野のリーダーとなるだろうと述べた。

仮想通貨にとって幸先の良い年

セイラー氏は、米国の仮想通貨に対する政治的風景が、実にこの週末でガラリと変わったと指摘した。

この週末、政治の風向きが変わるのが見えたと思う。これは政治的問題になった。

大統領選が行われる今年、仮想通貨に対し抑圧的・敵対的な政策を進めてきたバイデン政権は、対立候補のトランプ前大統領が仮想通貨に対する絶大な支持を表明したことに加え、連邦議会で仮想通貨支持が広まっていることで、このまま「8,000万人の軍隊」を支える仮想通貨コミュニティを敵に回すことは得策ではないと悟ったようだ。

仮想通貨を「熱狂的に」支持する共和党と、責任のある仮想通貨政策に転換つつある民主党という新たな「公平な条件」の下、米国の仮想通貨を取り巻く環境は大きく変化すると同氏は見ている。そして、米国でのトレンドは、世界に波及するため、2024年は仮想通貨にとって「歴史的に重要な年」となり、ビットコインの普及にとって非常に幸先の良い状況だと主張した。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
パンテラ、ソラナを「ブロックチェーン領域のmacOS」と評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア