CoinPostで今最も読まれています

急落後のビットコイン動向、ヘッジファンドのネットショートは過去最大規模に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末7日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比87.1ドル(0.22%)安の38,798ドル、ナスダック指数はポイント(0.%)高の17,133で取引を終えた。

米ビデオゲーム小売り業のゲームストップ(GME)株が前日比39.3%安の28.2ドルまで暴落。2021年のミーム株ブームの火付け役として知られる「ロアリング・キティ(キース・ギル氏)」が3年ぶりの生配信を予告して急騰していたが、当日の動画配信では市場期待を上回ることはなく失望売りが先行した。

前倒しで発表した暫定決算が冴えなかったことに加え、米証券取引委員会(SEC)に提出した書類で最大7500万株の増資計画が明らかになったことも重なった。

米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、コインベースが前日比5.0%安の244ドルに反落した。

CoinPostアプリ(ヒートマップ機能)

東京株式市場では、日経平均株価(前引け)は前日比188円(0.49%)高の38,872円となった。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は前日比%高の1BTC=69,646ドルに。

BTC/USD日足

先週末の8日には、上値のブレイクアウトに失敗し、まとまった売りが出て急落する場面があったが、その後は様子見基調でジリ上げに。

CoinGlassのデータによると、暗号資産(仮想通貨)先物市場における7日のロングポジションのロスカット(強制清算)総額は3億6,000万ドルに達した。過度なレバレッジポジションが一掃されたことを示している。

中でも、高騰していたミームコインのDOGE、PEPE、dogwifhat(WIF)の清算額が突出しており、いずれも10〜20%の下落率となった。

オンチェーンアナリストのWilly Woo氏は、BinanceのBTC/USDTペアにおける清算ヒートマップ(Liquidation Heatmap)を背景に「先物市場の投機的なロングポジションが清算されない限り、不安定な相場が続くだろう。クジラ(大口投資家)の動きに巻き込まれないよう注意を払うべきだ」と警鐘を鳴らしていた。

12日21時半からCPI(米消費者物価指数)発表を控えるほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)や日本銀行の金融政策発表など重要指標が目白押しであり、ポジション調整の動きが生じやすいだろう。

関連:週央のCPIとFOMC結果次第で、ビットコインは出鼻を挫かれる可能性も|bitbankアナリスト寄稿

過去最大規模のネットショート

5日に過去2番目の規模の資金流入(8億8000万ドル)を観測するなど、ビットコイン現物上場投資信託(ETF)が19日連続で資金流入を記録している一方で、ヘッジファンドはシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で過去最大規模のネットショートを増やしている。

これは、ヘッジファンドの心理が弱気に傾いていることを示しており、ショートポジション(売りポジション)がロングポジション(買いポジション)を大幅に上回っていることを意味する。しかし、その一方で潜在的なショートスクイーズリスクも指摘されるところだ。

Xに投稿したzerohedge氏は、2008年のVolkswagenや2021年初頭のGameStopの株価急騰劇を例に挙げ、同様のショート・スクイーズが発生する可能性を示唆した。ビットコイン価格が想定を超える水準まで押し上げられた場合、売り方は損失を限定するための買い戻しを迫られる可能性が高い。

この点について、21st Capitalの共同創業者であるSina氏は、CMEでショートポジションを持つヘッジファンドが、他の暗号資産(仮想通貨)取引所で現物ロング(先物ショート)のキャリートレードを行なっている可能性もあるとの見方を示した。

市場の歪みが生じた場合に現物市場と先物市場の価格差を利用して利益を得ることができるほか、ビットコインの価格変動に対するリスクをヘッジしている可能性が考えられる。

関連:ビットコインの買い方|投資メリットやリスク、おすすめ取引所は?

Rekt Capital氏は、ビットコイン(BTC)が半減期後の再蓄積によって過去最高値をブレイクアウトして高騰すれば、第2四半期にかけて市場の流動性が高まり、アルトシーズンが再来するとの見方を示している。

関連:ステーキングや積み立てサービスに優位性、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」のメリットを解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/22 土曜日
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
パンテラ、ソラナを「ブロックチェーン領域のmacOS」と評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア