ビットコインSV関係者のクレイグ・ライト氏、米政府機関に仮想通貨生みの親「サトシナカモト」だと主張

クレイグ・ライト氏、「ナカモトサトシ」だと米CFTCに主張
以前から「サトシナカモト」を自称しているビットコインSVでも有名なクレイグ・ライト氏が、米商品先物取引委員会(以下CFTC)への公式文書で自身がナカモトサトシであると再び主張した。その理由とは。

ライト氏、米CFTCに「ナカモトサトシ」だと主張

以前から「ナカモトサトシ」と名乗っていたクレイグ・ライト氏が、米商品先物取引委員会(以下CFTC)に公式に自身がナカモトサトシであると主張した。

8ページにわたる宣誓証言の中で、彼はホワイトペーパーの内容とリリースしたコードを元にビットコインやICO等に関する詳細の説明をする一方で、下記の様に記している。

出典: CFTC

当初は1997年にビットコインのプロジェクトを開始し、オーストラリア政府の産業経営強化局にBlacknetとして登録していたが、ブロックチェーンを基盤とするビットコインやデリバティブシステムに関する数々の誤解と虚偽の情報が広まってしまった結果から、私は公の場に出る事にした。

自分が作り上げたシステムは出来得る限り不正を終結させる為でもあったが、ブロックチェーンに関する理解不足が90年代の詐欺プロジェクトに再び息を吹き込んでしまった。

かつてのUSENETやウェブIPO詐欺がICOと言うレッテルだけを変えて再び出回っている。

以前からのクレイグ・ライト氏の主張

これまでもクレイグ・ライト氏は何度か自身がサトシナカモトである事を主張して来た。

しかしながら一方で、つい先日もcoinpostから既報だが、ナカモトサトシを名乗る人物が他にも出て来ている。まだまだ波乱の展開が予想されそうだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコインの謎 新たな「サトシ・ナカモト」を名乗る人物が出現|証拠内容は後日公開?
1人のビットコインキャッシュ(ABC)のデベロッパーは9日に、ツイッター上、自分自身が本物のビットコイン創設者「サトシ・ナカモト」であると主張。その証拠とは。
米規制当局へ「仮想通貨イーサリアムの意見書」が提出:ETH先物取引がロバストで流動性の高い市場を実現する
ナスダックやフィデリティ等の巨大金融機関から出資をうけた次世代ErisX社は、米国商品先物取引委員会(CFTC)に対してイーサリアムの仕組みと市場に関する意見書を提出した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用