CoinPostで今最も読まれています

Bittrexに関する疑惑と一連のアカウント凍結についての公式声明

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Bittrex取引所によって多数のユーザーアカウントが凍結されている
過去のマウントゴックス事件もあり、多くのユーザーを不安にしています。
Bittrex公式が今回の一連の状況について声明を発表
アカウント凍結の理由はコンプライアンスのためであり、凍結されているアカウントの資産は安全であると発表しました。

最近Cointelegraph宛にBittrex取引所が明白な理由なしにユーザーのアカウントを凍結したことに対する苦情が届きはじめました。

その苦情の一貫としたテーマの一つは、ユーザーがチケットを送ろうと取引所のSlackに助けを求めても無視される上、banされてしまうということです。

ある一人のユーザーが自身のBittrexアカウントに6ビットコインを所持していたがアカウントにアクセスできなくなった上、サポートチケットに対する返答が全くない状況がありました。

別のユーザーはこのようにコメントしました:

「私のBittrexアカウントは警告もなく三日以上も凍結されています。そしてサポートからは返事をもらえていません」

別のユーザーが以下のように書きました:

「この件についてサポートチームにチケットを送ったにもかかわらず、無礼にも無視されました」

また別のユーザーはアカウントの凍結が国籍や国に関係しているのではないかと提案しました。彼はこのように書きました:

「イランでは3000ものアカウントが理由もなく凍結されました」

また別のBittrexユーザーがcointelegraphにメールで以下のことを送りました:

「私はTelegramグループの多くのユーザーと話し、最も被害を受けている国がシリア、インド、イラン、ロシア、パキスタン、トルコであることを知りました」

cointelegraphにメールを送った多くの人は認証済みのアカウントを利用しているため、KYC(本人確認)/AMLの問題ではないと考えられます。

すでにこの件について少なくとも二つのスレッドがBitcointalkフォーラム上で作られました。

影響を受けたユーザーはログインしようとすると全員同じメッセージが送られてきています。

奇妙な出来事の報告

取引所が急に警告もなく数千ものアカウントを凍結させた上、サポートチケットに対して返答をしないことは普通ではありません。

さらにおかしいことにBittrexはサポートSlackにて助けを求めている人をbanしているようです。しかしこれらはBittrexで起きている奇妙なことの一部にしかすぎません。

先週の「The CryptoSyndicate」ブログの記事にはBittrexの内部的なミスによって取引所全体を巻き込むアルトコインの売り払いが引き起こされ、その結果他のメジャーな取引所全てが衰微してしまったと提案されました。

The CryptoSyndicateはこのように書きました:

「基本的にBittrexがリストしている全ての暗号通貨は非常に似たパターンに入りました。暗号通貨全てではないですが、Bittrexがリストしているもの全てです。2017年10月8日12時と9時の間に多数のアルトコインが数分の間に大規模な暴落をしました。これは偶然でしょうか?」

彼は取引手数料のエラーによる結果だと予想しました。つまりBittrexが集めた手数料を間違えて全ての取引ペアに送ってしまい、それらをビットコインに変化し、アルトコインの価値を下げてしまったということです。

憤激と恐怖

数年前のマウントゴックスの崩壊により取引所を使用する際、人々はすぐに心配するようになりました。

自分の資金へのプライベートキーを実際にコントロールできているわけではないため(取引所が管理している)、保護ができているとは言えません。

問題が起これば、それがハッキング、窃盗、または単なるデータベースのエラーであっても全てを失う危険があります。マウントゴックスのユーザーはそれを実際に経験しました。

2014年前半にマウントゴックスが崩壊したとき、ユーザーはそのサイトが管理していた850,000ものビットコインへのアクセスを失いました。

そのうち200,000ものビットコインはその後「見つかった」が、全体のマイナスはそれでも650,000ビットコインでした。それは本日10/16の値段では約400億円にも及びます。

例え支払い能力を維持した取引所であってもユーザーの忍耐力を試すことなんてできません。

Cointelegraphは以前、Poloniexでのサポートチケットの処理速度の遅さについて報告しました。

それはいくつかのユーザーが1ヶ月以上も返答を待たされるほどの遅さであり、同様にPoloniexの利用規約の急な変化はユーザーの不安とひどい驚きを引き起こしました。

最近のBitfinexは銀行業の損害、特定の取引者(もしくは取引者たち)による市場の操作及び姉妹会社Tether token周りでのおかしな状況を理由に目をつけられています。

しかしこれは驚くことではありません。なぜならその取引所はつい昨年ハッキングされたばかりだからです。

格言が言うように「一度噛まれると二度目には臆病になる」

以上のことと他の不幸な出来事があったため、1000ものアカウントが警告なしに凍結され、Bittrexのサポートチームがチケットに反応しない中、ユーザーの心配が増えても驚きではありません。

しかし、ようやくBittrexが公式に声明を発表しました。

Bittrexが声明を発表

公式声明によると凍結したアカウントは全体の0.1%未満にすぎず、99%のアカウントは今まで通りのようです。

また凍結理由として、顧客を守るためにもコンプライアンスの見直しと調査をしているため、一時的に一定のアカウントを凍結しているとのことです。

Bittrexは「凍結されているユーザーのアカウントにある資産は紛失することなく、安全であることを強調し、この一連の見直しが終わるまでもう少しお待ちください」と発表しています。

いずれにしても、アカウントが凍結されているユーザーは自身の資産が紛失していないことを確認できるまで心配だと思いますが、凍結が解除されることを待つしかありません。

もし、Bittrexに直接問い合わせをしたい場合はこちらでトラブル時の問い合わせ時に使用できる英文があるので、参考にしてみてください。

海外取引所でのトラブル発生時に使える英文メール集
仮想通貨の取引所やウォレットなどでトラブルが起きた時に使える英文メール集です。英語がわからない方でも簡単に英文でトラブル対応メールが送れます。

Bitcoin, Altcoin Exchange Bittrex Eyed With Suspicion Due to Thousands of Mysterious Account Closings

Oct. 16, 2017 by David Dinkins

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

Bittrexは世界的に大きな仮想通貨取引所の一つで取引量も多いです。

そのため、例え0.1%のユーザーのアカウントが凍結されたと言ってもその数は多く、大勢のユーザーが不安に陥っています。

公式の発表によると、資産は安全のようですが、早く状況が改善することを願います。

また、公式から、どのような基準で凍結されたアカウントが選ばれたのか発表はありませんが、アカウントのレベルをBasic以上にあげておくこともおすすします。その方法はこちら↓

Bittrex(ビットトレックス)登録/口座開設の方法
アカウントタイプが3段階存在する 三段階(new→basic→enhanced)のうち、出金制限はnewでは1日1BTC(...
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア