オプション取引の状況から見る今年のビットコイン価格予想 仮想通貨データアナリストが分析

データアナリスト、「ビットコイン価格の年内急上昇の可能性は低い」
米データアナリストは、オプション市場では9月までにビットコイン価格が1万ドルに達する可能性が5%と指摘。一方で、1万ドルに達するような価格急上昇の条件にも言及。

オプションデータアナリスト、「ビットコイン価格急上昇の可能性は低い」

JPモルガンの元デリバティブトレーダーで、ビットコイン先物とオプションデータ分析企業「skew」の創設者であるEmmanuel Goh氏が29日、金融ニュースやマーケットデータを提供する米大手メディアMarketWatchの取材にて、年内のビットコイン価格について自身の見解を示した。

オプション取引とは

金融商品のデリバティブ取引の一種。あらかじめ決められた将来の一定の日又は期間において、一定のレート又は価格で取引する権利(オプション)を取引(売買)する取引のこと。オプションの種類には、ある物(=原資産)を買う権利であるコール・オプションとある物(=原資産)を売る権利であるプット・オプションがある。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

まずGoh氏は、オプション市場での24時間あたりのビットコイン取引高が倍増していることを指摘。しかし以下のオプション取引専門の仮想通貨取引所「Deribit」の建玉の分布からは年内のビットコイン価格の1万ドル到達可能性は低いと見ることができる状況にあると分析した。

出典:MarketWatch

同氏によると、分布にも9月が期限に設定された1万ドル(10k)の建玉があるものの、現在その価格は”5デルタ“で設定されているという。

つまり、9月までにビットコイン価格が1万ドルに到達する可能性が5%に見積もられていることを意味する。

また、年内を期限とした2万ドル(20k)に設定されたコールオプション(原資産を買う権利)もあるが、それがその価格を達成する可能性についてはほぼ”0“であると、同氏は主張する。

年内1万ドル超えの条件とは

Goh氏は、「ビットコイン価格の急上昇の可能性は低い」との見解を示す一方で、年内での1万ドル到達の条件についても言及した。

同氏は、ビットコインのオプション市場において1つの大口の取引が連鎖的により多くの取引を引き起こす可能性を指摘。

その性質等を鑑みると、6000ドルを超えた場合は市場のダイナミクスに変化が生じて、1万ドル到達もあり得るとした。ある一定の上昇相場が見られれば、連鎖する動きがあり得るとした見解だ。

一方で、大手仮想通貨信用取引所BitMEXのCEOであるArthur Hayes氏は先日、今年のビットコイン価格の予想について、自分自身の意見を明かした。

Hayes氏は、今年の第4四半期(10〜12月)の初め頃に価格は回復に転じるとし、「「2019年の価格は乱高下すると思われるが、市場は1万ドル(約109万円)に向け回復していくだろう」と語り、「1,000ドルから10,000まで価格が上昇するまでに、11ヵ月かかったが、10,000ドルから20,000ドルにまで急騰し、再び10,000ドルに戻るまでは一か月もかからなかった。」と、急騰の可能性を示唆している。

なお、同氏は、マクロ経済をビットコインの相場回復に関わる重要な要素とし、「米FEDのバランスシートの拡大」と「中国の経済政策」との二つの金融政策を取り上げた。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコイン価格、今年中に1万ドル|仮想通貨取引所BitMEXのCEOが2つの金融政策を理由に予想
仮想通貨取引所BitMexのCEOであるArthur Hayes氏は、今年ビットコイン価格は「1万ドル」にまで回復すると予想し、そのための鍵として、連邦準備制度理事会と中国の経済政策の二つを挙げた。
『仮想通貨ビットコイン価格は落ちているが、約定代金ベースで見ると取引量は増加』日本国際金融フォーラム、CoinPostレポート
イベントには、仮想通貨・ブロックチェーン業界の有識者らが登壇。JVCEAの奥山会長は、「ビットコインの価格が下がっていると言われる事があるが、約定代金ベースで見ると取引量は増えている。」などと述べた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら