ビットコインなど仮想通貨が全面高、全市場リスクオンムードに|仮想通貨市況

仮想通貨市場
ビットコインだけでなく、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ネム(XEM)なども一時前日比20%高となるなど、仮想通貨市場は全面高に。草コインへの資金流入を示唆するドージコインも高騰している。

金融市場と仮想通貨

本日の東京株式市場は、前日比207円高の21,713円に。英紙フィナンシャル・タイムズの報道で、懸念されていた米中通商協議の最終合意が近いとの観測が好感された。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、昨日の大幅高の反動でリミックスやマネックスが大きく下げるも、SBIホールディングスが前日比3.82%高の2585円に。

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

ビットコインテクニカル分析

本日の仮想通貨市場は、昨日の余韻が残っており、朝から強い値動きが続いていた。

ビットコインは昨日の高値付近の56.8万円まで上昇した辺りで、短期的な過熱感から2万円ほど反落するも、現在は下げ渋っている状態だ。

上値は重いが、心理的節目の50万円、及び200MAの52.5万円より上で推移しており、アルトコインにも資金が流入していることからロング優勢の状況が続いている。

なお、今回の高騰で、BTCの総出来高は、240億ドルを超えた。

出典:CoinMarketCap

国内で特に知名度の高いコインチェック銘柄を確認すると、以下の通りだ。

4/2時点 4/3時点

ビットコインキャッシュは、一時前日比73%高を記録するなど大幅に高騰。イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ネム(XEM)なども一時前日比20%高となるなど、全面高の様相を呈している。

昨日のビットコインの急騰が、国内外の多くのメディアで報じられたことで、大相場と見た投機家のFOMO(Fear of Missing Out)が発生ことに加え、大口によるアルトコインの資金循環パンプに利用された可能性もある。

本日の考察記事で解説したが、

ビットコインキャッシュのハッシュレート値は、直近2週間でビットコインを超える上昇率が確認(3ヶ月で1.8倍)されているほか、最も高い比率のマイニングプールで16%台に留まるなど、ネットワークの分散化が見られている。

過去3ヶ月間で、SBIホールディングスの北尾社長も懸念していた、マイナーの保有構造の偏在が大幅に是正されていることになる。

ハッシュレートの分散化は、非中央集権化のネットワークを前提としたPoWアルゴリズムにおいて極めて重要な意味を持ち、「51%攻撃」といったネットワーク内の改ざんが可能になる危険性も孕んでいる。

このような市場健全化も、投資家心理の改善と併せてビットコインキャッシュの買い戻しを促す一要因と言えるだろう。

仮想通貨Dogecoinも高騰

ドージコインも高騰を見せた。

2013年12月に開発された同コインは、元々は米国の掲示板である4chanで生まれた芝犬をモチーフにした仮想通貨だったが、CryptopiaやCoinExchangeなど、いわゆる時価総額の低い「草コイン」との基軸通貨として利用されたことで、ドージコインの高騰は草コインへの資金流入を示唆している。

米国時間1日(日本時間2日)には、米最大手電気自動車メーカーTesla(テスラ)および宇宙プロジェクトSpaceXのCEOであるイーロン・マスク氏が「エイプルフール」の冗談として、公式ツイッターで「仮想通貨DogecoinのCEO」となったと発言し、反響を呼んだ。

出典:twitter

背景には、2日にDogecoinの公式ツイッターにて、「Dogecoinのプロジェクトに必要なCEOをコミュニティの投票で選ぶ」というアンケートを行なった結果、マスク氏が断トツの1位となったことがある。他には、ライトコインの創設者チャーリー・リー氏やイーサリアムの創設者ヴィタリック・ブテリン氏も投票の対象となっている。

この結果を受けたマスク氏は、「Dogecoinは僕の推し通貨になるかもしれない」と、ツイートで伝えた。

この出来事は、エイプルフールネタであり、その後「役職」を「元CEO」に変更したが、少なからず影響があったとされており、時価総額25位のDogecoinはさらなる上昇を見せ、一時前日比約28%の急騰を記録している。

出典:CoinMarketCap

マスク氏は前日、ある米投資会社の取材に応じ、「仮想通貨は、国家(中央集権)が発行する法定通貨のコントロールの範囲に入っておらず、現在の紙幣はいずれ消えていくのではないか。

紙幣よりも仮想通貨の方が「価値の移動手段」として優れている点があることは間違いない。」と語り、仮想通貨の実用性と普及に対して、前向きなスタンスを示している。

CoinPostの関連記事

『トルコリラ急落の影響も』藤巻議員が仮想通貨ビットコイン高騰に言及
税制改正を提起する藤巻議員が、急騰した仮想通貨市場及びビットコインの大幅上昇について考察を述べた。トルコリラ暴落や英EU離脱問題に関するポンド懸念など、通貨不安時に高まる仮想通貨需要を探る。
仮想通貨ビットコインキャッシュが一時前日比70%高を記録、今後控えるファンダと上昇要因を探る
仮想通貨市場が全面高で盛り上がるなかで、ビットコインキャッシュが70%高と高い上昇率を記録した。最新状況から上昇の理由を考察、今後控える重要イベントを紹介。
▶️本日の速報をチェック

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら