リップル社CEO「仮想通貨プロジェクトの過半数はいずれ消滅する」|淘汰の先にある展望を語る

Ripple、PayPalのCEO対談
Ripple社とPayPalのCEOがフィンテックカンファレンスに登壇、現在の仮想通貨市場や、ブロックチェーン技術の発展、メガバンクの動向などに関して言及した。

Ripple、PayPalのCEO対談:仮想通貨、XRPなどに関して

Ripple社のCEOを務めるBrad Garlinghouse氏と、PayPalのCEOであるDan Schulman氏は、先日行われた「フィンテック・アイデア・フェス」(米国銀行政策機構BPI主催)に共に登壇し、現在の仮想通貨市場や、ブロックチェーン技術の発展、メガバンクの動きなどについて、様々な意見を語り合った。

発表内容

本記事ではその重要な内容を紹介する。

利用されているRipple社のプロダクト

まず、Garlinghouse氏は、ブロックチェーンのユースケースにおいて、「決済分野の実用例は確実に多く存在しており、Rippleとしても、これまで200以上の金融機関とパートナーシップを結んでいる。」と言及した。

Ripple社の送金サービスパッケージプロダクトである「RippleNet」には、XRPを利用するxRapidや、ブロックチェーン基盤の送金システムxCurrentなどがあるが、現在最も利用されているのは、xCurrentの方だとしている。

しかし、「仮想通貨の冬」にある中でもリップル社は契約数を大きく伸ばしてきたという。「仮想通貨の低迷期と呼ばれているが、Ripple社はこのQ1(2019年1月〜3月)において、毎週平均金融機関とのプロダクトの契約を3つ結んでいる。」と、Ripple社の優位性と実力を示し、その理由をRippleの戦略である「銀行のクロスボーダー送金の問題へのフォーカス」にあると語った。

JPMコインの必要性

Garlinghouse氏は、JPモルガンが発行しようとする米ドルステーブルコイン「JPMコイン」に対して、「JPモルガンのCEO Dimon氏がこれまでビットコインのことを詐欺と指摘していながらも、JPモルガンの参入は、仮想通貨業界にとっては非常に良い動きだ。業界にはより高い信頼性をもたらすことにもなるだろう。」と、認めながらも、JPMコインの存在意義自体に対しては、懸念を抱いているとした。

JPMコインの懸念点として挙げられたのは、同通貨が、JPモルガンのクライアントネットワークでしか利用できない点だ。

「例えば、WellsFargo銀や他の銀行も独自の仮想通貨を発行することになると、各自の仮想通貨にはその互換性の問題が生じてしまい、結果、クロスネットワークにおける実用性がなくなり、クロスボーダーの送金問題の解決策にはならないだろう。」とGarlinghouse氏は 指摘する。また、JPMコインは米ドルを預金に預け、トークンとして発行されるため、Garlinghouse氏は、「ならばそのまま現金の1ドルを使った方が便利ではないか」と、その必要性にも問題提起を行なった。

JPMコインは米最大手銀行JPモルガンが先日発表した、独自で開発した企業版イーサリアムブロックチェーン「Quorum」を利用したステーブルコインで、その発表は、Dimon氏がこれまで仮想通貨に対する懐疑的な態度とは真逆な動きで、仮想通貨業界のみならず、金融界でも注目している。

仮想通貨の厳冬、「XRP vs 米ドル」等

PayPalのCEOは、ブロックチェーンの現状に関して、仮想通貨はブロクッチェーン初の応用ケースである点を強調、以下のように発言した。

ブロックチェーンと言えば、人はすぐ仮想通貨のことを連想してしまうが、実際、仮想通貨はブロックチェーンのプロトコル応用においてのインセンティブである。

仮想通貨は、ブロックチェーンを導入する上での初のアプリケーションであり、なぜ仮想通貨が人気かというと、上限のある発行数と、価値の上昇といった素晴らしいインセンティブのメカニズムがあるからだ。

現在PayPalは、Coinbaseなどの大手取引所のユーザーに米ドルなどの法定通貨の入出金サービスを提供している。さらには、仮想通貨のボラティリティが安定すれば、より多くのアダプションが見られるだろう。

この発言には、PayPalが2017年からビットコインを利用するユーザーの口座サービスを停止していた中でも、仮想通貨と法定通貨間の決済に対する立場が緩和していく傾向にある点が示唆されたとの見られている。

PayPalのSchulman氏はGarlinghouse氏に対して、異なるブロクッチェーンの統合に関する可能性や今後の展望をGarlinghouse氏に質問として提起した。

現在、2000以上のブロックチェーンプロジェクトがある中、おそらく過半数以上は最終的になくなるだろう

その多くが掲げているユースケースは、不明確かあるいは証明できていないものだ。

また、多くの人は暗号資産のことを「通貨」と考えているが、実際、スターバックスなどで直接に、ビットコインやXRPが使える日が到来するまでは、まだまだ時間がかかりそうだ。

自分からすれば、米ドルは通貨の機能をしっかりと果たしている。ただ、ハイパーインフレに陥っている国家においては、仮想通貨を利用し価値を保存することには需要が高い。なので、仮想通貨には価値の移動手段という基盤レベルにおける役割が最も大きい

これから20年、ビットコインや、イーサリアム、XRPが米ドルの役割に取って代わるとは思っていない。なぜなら、多くの市場が米ドルを基準としているからだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米決済大手PayPal、ブロックチェーン企業に初の出資へ|iPhoneメーカーなどからも高い期待感
PayPalは初めてブロックチェーン分野で事業を展開する企業へ出資を行なった。「Cambridge社がデジタルID分野に実際ブロックチェーン技術を応用しており、PayPalのような金融機関にも適用すると目論んでいるからだ。」と、出資への高い期待感を示している。
リップル社後援の開発ラボ、仮想通貨XRP利用の新たな投げ銭アプリの試作品を発表
XRP台帳で開発を続けるXRPLラボは28日、仮想通貨XRP送金の受け入れを可能にする新たな決済アプリを開発中であることを明らかにした。同開発者団体は2月よりリップル社のVC部門「Xpring」から出資を受けている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック