世界初のXRP(リップル)ETP取引、初日のデータが判明|出来高から見る仮想通貨ETPの市場への影響

XRPのETP商品の取引データが判明
スイス証券取引所SIX Swiss Exchangeに4月2日に上場したXRPの出来高データなどが判明した。仮想通貨市場高騰によるビットコインなど5銘柄のETP出来高を含め、機関投資家の参入経路になりえるか、また市場への影響を考察した。

XRP(リップル)のETP商品の取引データが判明

スイス証券取引所SIX Swiss Exchangeが、4月2日より上場を行なった仮想通貨XRP価格に連動するETP商品「Amun Ripple XRP (AXRP) ETP」の初日の取引状況が、同社のデータで公開された。

ETPとは

「Exchange Traded Products」の略で、意味は「上場取引型金融商品」。証券取引所で取引される、様々な投資商品という意味。ETPの価格変動は、株式や金利など金融商品に連動するが、資産の所有権を得ていない。ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、ETC(上場投資コモディティ)などが該当する。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

取引データによると、初日の出来高は、全ETPの中で6位、また仮想通貨の単銘柄に連動するETPの中では最も多くの取引が行われているものの、908CHF(日本円にして約10万円)の出来高で取引を終えた。その他の取引データも明らかになっている。

出典:six-group

一方、原油や金といったETP商品を抜き、最も取引が行われていたのが、ビットコイン、イーサリアム、XRP(リップル)、ライトコイン、ビットコインキャッシュの5銘柄に対応したバスケット型のETP「Amun Crypto Basket Index(HODL5)」で、仮想通貨市場高騰の影響を受け、前日比のパフォーマンスも堅調に推移、金に関連したETPと比較しても8倍もの最終出来高を記録した。

出典:six-group

SIX Exchangeで取引される「Amun Crypto Basket Index(HODL5)」は、世界で初めて証券取引所に上場した仮想通貨ETP商品で、組成比率としてはビットコインに続き、XRPに高い比率が設けられるETP商品としても知られる。今回世界初のXRP単銘柄に連動するETP商品の取引が開始されたが、これまでもこのHODL5を通してXRPに関連した取引が行われていた。

ETP商品を手がけるAmun AG社は、今後のスケジュールとしてビットコインキャッシュ(BCH)やライトコイン、ステラ(XLM)、イオス(EOS)といった仮想通貨時価総額ランキング上位の通貨の上場を検討しているという。

実際にETP商品に機関投資家への提供に繋がっているのか?

仮想通貨市場において、ETF商品などの証券、デリバティブ取引所への上場事例は、機関投資家などの大口マネーの流入経路になるとの期待が高い分野だ。

最も期待されるビットコインETF商品の上場先である米国の複数の取引所では、規制とカストディ欠如などが理由に実現に至っていないが、世界で初めて(SIX Exchangeで)上場したETP商品は、その資金流入の経路になるかどうかを判断する上で、実データからの考察が可能な貴重な事例と見られているのも事実だ。

実際どうなのか?

今回は、ETP商品への期待と実際の状況の差異がないかを検証するため、実データに基づく内容から見ていきたい。

まず、仮想通貨関連商品のETPの取引額を確認するため、同取引所のETP商品の中でも最も取引が行われている「HODL5」の出来高を判断基準の一つとして見ていく。HODL5は、4月に入ってからETP商品の中では好調な出来高推移を続けており、仮想通貨の相場上昇でパフォーマンスが高まった2日では、出来高は416,948CHF(スイスフラン)を記録した。

しかし、41万CHF(スイスフラン)が日本円換算で計算すると約4600万円に相当、仮想通貨のマーケットから比較しても極めて低い金額となることがわかった。

4600万円の出来高がどれほど低いかを比較するために、CoinMarketCapデータの取引所出来高ランキング1位OKExの出来高(4日16時)から比率を計算してみると、約8300分の1に相当する。一つの取引所と比較した場合でも大きな差がでていることから、マーケットへの影響は軽微であるとみることができるほか、期待される機関投資家などの大口資金の資金経路になっているとは言い難い。

そうなると、SIX Exchangeの出来高自体が低いのか?といった疑問が出てくる。

SIX Swiss Exchange(スイス証券取引所)は、スイス・チューリッヒにある証券取引所で、証券およびデリバティブ取引を取り扱う、スイスの主要証券取引所であるが、取引される証券やETFなどの公開データでは、ETPの状況とは大きく異なり出来高も高い水準を保っている。

例えば、株式取引の出来高一覧表を参照すると、最も多い銘柄で5000万CHF(50億円)の出来高があり、同水準の銘柄が下に並ぶ。となると、ETP商品が同取引所の中で特に取引が行われていない商品であることを意味することになる。

出典:six-group

それはなぜか?

あくまでも推察の範疇に過ぎないが、商品の上場規制が緩い点が、その理由の一つにある可能性も考えられる。これは、SIX Swiss Exchange(スイス証券取引所)の注意書きの欄に掲載された、以下のような文章が理由の一つだ。

ETPs (Exchange Traded Products) are secured, bearer debt securities that do not earn interest (bonds). These products are not subject to the Collective Investment Schemes Act (CISA) and as such, are not supervised by FINMA.

ETP(上場投資商品)は、金利の付かない無担保・無記名証券と定義される。

これらの商品は、スイスの「集合投資スキーム法」の管轄に置かれないため、スイスの「連邦金融市場監督機構(FINMA)」には監視されていない。

FINMAとは

FINMAとは、金融市場監督法(FINMAG)の下で設立された金融監督機関で、金融市場の顧客の保護や金融システムの保護を目的とするスイスの規制機関の一つ。

スイス証券取引所は、金融監督機関FINMAの規制下に置かれているが、ETP商品自体に関してはFINMAの監視対象とはならない点が、出来高の点で劣勢に立たされている理由の一つとして挙げられる可能性がある。

最後に

出来高を通して見た場合、ETP商品の仮想通貨市場への影響は、軽微であると判断することもできる今回の考察であるが、規制下にある証券取引所への仮想通貨関連金融商品の上場事例が出てきたことは、業界における大きな一歩と言えるだろう。

日本を含めた仮想通貨に関連する規制も徐々に固まりつつあり、2019年以降金融機関の活動にも幅が出てくることが予想される。

2017年末から続く、長い”仮想通貨の冬”にも少しずつ変化が生まれつつあり、デリバティブ商品が出てくることでの価格の安定化やそれに伴う決済需要の拡大、また流動性が上がることで仮想通貨の本質的な価値の向上が期待されている。

▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら