「Cryptocompare仮想通貨取引所ランキング」bitFlyerが最高のAA評価で世界4位に

Cryptocompareの仮想通貨取引所ランキング
仮想通貨データ調査企業のCryptocompareが仮想通貨取引所ランキングを公開。bitFlyerが国内最高順位の4位を獲得した。 5位:Liquid 8位:バイナンス 12位:BITPoint 16位:bitbank 18位:コインチェック 19位:Zaif となっている。

Cryptocompareの仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨データ調査企業「Cryptocompare」の調査で、国内大手取引所bitFlyerが最高のAA評価で世界4位に、同じくAA評価のLiquidが世界5位ランクインしたことが判明した。1位は評価点60.3ポイントの米コインベースが獲得した。

出典:CryptoCompare

7つのカテゴリーに基づき、独自基準で評価点を算出している。バイナンスはA評価で8位。BITPointは12位、bitbankは16位、コインチェックは18位、 Zaifは19位の順となっている。

クリプトコンペアは英国で仮想通貨データの分析、提供を行う企業で、NasdaqやビットコインETF申請のVanEck社などと、仮想通貨先物取引のデータ提供でも提携を行なっている。

判断基準とビットライセンスの重要性

CryptoCompareはベンチマークの格付け方法を7の基準を元に、判断を行なった。

  • 地域の金融規制環境
  • 法的登録ステータス、KYC/AMLの整備
  • 出資の背景
  • 主要人材のキャリア
  • 注文板などの取引所システムの構築
  •   
  • 取引における監視システム
  • 各取引所における市場流動性や安定性、水増しの有無など

出典:CryptoCompare

注目すべきは、金融規制環境や、法的登録ステータスといった基準面だ。上位10の取引所は米国5社、日本2社、韓国1社、イギリス1社、マルタ1社で構成されている点だ。金融規制が最も厳しい水準の米国や日本、韓国は、上位に反映されやすい。

トップ10の中で、最も取得困難とされる「NYビットライセンス」を持つ取引所は計5社、米大手CoinbaseやGeminiのみならず、日本発のbitFlyerもその資格を有している。

なお、bitFlyerは、「法的登録ステータス、KYC/AMLの整備」の項目において、満点の10.0を取得した。

CoinPostの関連記事

BitMEXが仮想通貨先物に関する機関投資家向けサービスを提供へ|CryptoCompareとの提携で実現
BitMEXが機関投資家を対象としたリアルタイムの仮想通貨先物取引のデータセットを構築することを公表した。CryptoCompareとの提携で実現したという。機関投資家の投資判断に向けたより精度の高いデータ提供の実現に重要な理由を解説。
bitFlyer社が100%小会社「bitFlyer Blockchain」設立、代表取締役は加納裕三氏
国内最大手の仮想通貨取引所を運営する株式会社bitFlyer Holdingsは24日、100%小会社bitFlyer Blockchainを設立した。新会社の代表取締役には、bitFlyer HDから異動した加納 裕三氏が就任する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら