CoinPostで今最も読まれています

【第2弾:今後の予定編】海外大手仮想通貨取引所のBinanceに独占インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

急成長を遂げるBinance、2018年はさらなる事業に挑戦
Binanceは2018年までには最も高い取引量を誇るプラットフォームを目指しています。対応言語、オフィスの数、チームも増やしていくそうです。今後、仮想通貨界でのキープレイヤーとなるでしょう。
Binanceが日本にて取引所を作る予定を発表
日本の環境を高く評価し、日本に仮想通貨取引所を作る予定を発表しました。binance.jpの誕生が今後ありえるかもしれません。(日本円↔ビットコイン)

今回はバイナンス(Binance)インタビュー記事第二弾です!

Binance取引所の今後の予定、目標についてインタビューしてきました。

他の海外の取引所が日本の市場にも参入することを示唆したコメントもあります。今後の海外取引所のビジネスはどのように進んで行くのか、日本仮想通貨取引所と比較してみてはいかがでしょうか?

Binanceの今後の展開/質疑応答内容まとめ

Q9.Binanceはボーダレス取引所だと思うのですが、今回日本に来た理由、日本支社を作る理由を教えてください。

Ted氏

Binanceがボーダレス取引所であることに間違いはありません。

Binanceは世界的な大企業のように日本や各国へ進出していきたいと考えています。

将来的なゴールとしては発展途上国、それぞれの国、地域(特に中都市)にBinanceチームが存在するまでに成長したいと思っています。

東京を選んだ理由は我々の歴史・背景が関係しています。CZを含むたくさんの創業者が日本で長い時間を過ごしたことがある上、日本の仮想通貨の法は世界的にも透明性があり、優れているのが大きいです。

また東京にいるインターナショナルな人材を生かしたいとも思っています。

Q10.チームメンバーは何人いるのでしょうか?

CZ氏

東京のオフィスには12名、世界的では合計98人います。

Q11.複数の言語を使ってサイトを運営している理由を教えてください。

Ted氏

私たちは“最先端のローカリゼーション”に力を入れています。

かつて、企業は商品やウェブサイトを通して顧客に足を運んでもらい、顧客は企業のルールに従うことが当たり前でした。

私たちは変革的なフィンテック/ ブロックチェーン企業・ブランドを目指します。

それを目指すためには、世界中の文化や国に繋がる必要があると考えます。したがってウェブサイト上に母国語があるという単純なコンセプトですが、それをとても重要視しています。

現在は日本語、英語、中国語、韓国語、ロシア語、スペイン語、フランス語に対応していて、いずれは全世界の言語に対応したいと思っています。

それはもちろんグーグル翻訳のようなレベルではなく、母国語に匹敵するものです。

実はウェブサイトに載せる言語が正しいかどうかをコミュニティに確認してもらっています。

世界のユーザーを尊敬することを大切にしているので、言語化に力を入れているのです。

CZ氏

日本という国が経済的にとても大きな国になると思ってます。今、とても良い意味で世界が狭くなっています。

日本のマーケットに根付くには日本語だけではなく、その言語を話すカスタマーサポートチームが必要です。

現在は日本国内の企業と商談中で、これを現実化させようとしている段階にあります。

最後に、日本は私たちにとってとても大事なマーケットです。私たちは日本のユーザーが好きですし、彼らもBinanceを気に入ってくれています。

日本は世界的にも仮想通貨に対して法的にフレンドリーなので、いずれ世界を先導する市場に成長するでしょう。これらの点を含めて日本にオフィスを作ることに決めました。

Q12.仮想通貨交換事業者の登録が完了した、たくさんの日本取引所がありますが、Binanceと日本取引所の違いを教えてください。Binanceは今後、日本の取引所として登録していくのでしょうか?

CZ氏

日本の登録取引所との違いは、円と仮想通貨の交換を行わない点です(法定通貨の取引をしない)。

私たちは仮想通貨だけの取引に対応しているため、仮想通貨に馴染んだコアな方々に向けた取引所なのです。

日本の取引所は円の取引に対応しているため、より仮想通貨初心者向けです。

プロダクト面を話すと、日本国内の取引所のプロダクトと違い、ほぼ全ての機器に対応しています。iOS、アンドロイド、PCなどです。

多国語のカスタマーサポートを提供するため、我々のターゲットはとても国際的だと言えるでしょう。

企業文化面を話すと、国内ではGMOなどの大手企業がバックアップしている取引所が存在します。

仮想通貨界では大きいチームですが、国内企業と比べるとBinanceチームは小さい方かもしれません。しかしチームが小さいからこそ適応力があります。

登録に関して言えば、日本のパートナーさんと協力してbinance.jpのような形で将来国内市場に適応していきます(日本円↔ビットコイン)。

Q13.Binance コイン(BNB token)とはどのようなコインなのでしょうか?

CZ氏

Binanceコインはユーティリティトークンです。Binanceコインを使いBinance.com上で発生する手数料を払うことができます。

今ならBinanceコインを使うと50%のディスカウントを得ることがきます!

二つ目の機能としては今後のイニシアティブの助長する役割を果たします。従来では異なる仮想通貨間取引(代表例:イーサリアム↔ビットコイン)の提供をしてきましたが、近日新しくBNBコインを使った取引が可能になりました。

多数のユーザーがディスカウントのためにBNBの保持を推薦している上、BNBを使った取引は手数料が発生しません。

さらにCZは毎四半期の経営成績を発表しています。私たちは利益の25%を使いBNB購入し消費しています。

つまり総供給は時間とともに減少するように設計されているため、BNBの潜在価値はプラスになるのです。

最後に、今後BNBの新しい利用法を模索しています。現時点でたくさんのパートナーと商談をしていて、彼らのプラットフォームにBNBを載せることにすごく興味を持っています。

一例では、バーチャルギフトの支払い、弊社Launchpadを使ってICOをする際(イーサやBTCではなく)BNBを使った投資ができる機能を開発中です。

個人的な意見を言うとBNBはとても優位な投資です!

Q14.2018年、それ以降のBinanceの目標は何でしょうか?

CZ氏

シンプルに仮想通貨界でBESTな取引所になりたいです。

世界で一番フレンドリーで、安全で、安定し、信頼される取引所を目指しています。そしてLaunchpadは最も公正でスムーズなICOプラットフォームに、Labは最もいい事業を選択し、その事業の成長に貢献できるようにします。

つまり仮想通貨界でキープレイヤーとなるわけです。

短期的な目標として、2018年までにもっとも取引量を誇るプラットフォームを目指します。対応言語を増やし、オフィスの数、チームも増やします。

NGO Binanceというボランティア団体がいて、約30ヶ国の場所で団体が活動しています。彼らの団体もいずれは正式なチームとして一員にしたいと思っています。

この成長軌道にスムーズにのり、成長をし続けることが2018年の目標です。

Q15.Binanceが今後行おうとしているプロジェクトはありますか? 

CZ氏

今この場では詳しく説明はできませんが、現在開発中のプロジェクトはたくさん存在します。

今後PCの方で多数のアップデートがあるでしょう。どの競争者にもない新しい機能を追加する予定です。アンドロイドのアプリやiOSのアップデートも近日行われる予定です。楽しみにしていてください。

続きインタビュー記事、Youtubeはこちら↓
【第1弾:紹介編】海外大手仮想通貨取引所のBinanceに独占インタビュー
2017年7月に設立し、9月に日本語対応、そして日本支社を設立中の香港の仮想通貨取引所Binanceに、CoinPostが独占インタビューを行いました。Binanceは1日の取引高が世界ベスト5入りする程までに急成長を遂げた大手取引所です。
【第3弾:仮想通貨の未来編】海外大手仮想通貨取引所のBinanceに独占インタビュー
Binance CEOが語る仮想通貨市場の未来、仮想通貨はバブルではない ICOはスタートアップの...
【仮想通貨取引所】Binance口座開設方法/登録方法
binance(バイナンス)は2017年7月に上海を拠点として設立された取引所の一つです。他の取引所と異なる点は110以上の通貨を扱い、独自コインの発行で取引手数料の半額キャンペーンなどしているので今後非常に注目される取引所です。他の取引所では扱わないマイナーな通貨を導入しており、他の通貨にも投資してみたいと思われる方にはかなりおすすめです。
仮想通貨界で多くの事業を手がけるBinanceが日本から人材を募集中 
2017年7月に設立し、9月に日本語対応、そして日本支社を設立中の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は、取引高が世界ベスト5入りする程までに急成長を遂げ、現在日本からの人材を募集中です。また、質問なども募集中。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア