CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨の有価証券性を数値化 米コインベースら、BTC・ETH・XRP含む20銘柄対象のシステムを開発

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨の有価証券性を評価
コインベースなどの大手仮想通貨関連企業は、銘柄の有価証券性を評価する独立のシステムを発表。取引所上場を検討する判断をサポートする。

仮想通貨の有価証券性を評価

コインベース、クラーケン、CircleやBittrexらの米大手仮想通貨関連企業が、仮想通貨の有価証券性を評価する「独立したシステム」を開発し、公開した。

コインベースの発表によると、このシステムは仮想通貨関連企業が、どの銘柄を取引所に上場するか判断する際に活用することができるという。また、このシステムの開発には、アンカレッジ、DRW HoldingsのCumberland、Genesis Global TradingやGrayscale Investmentsなどの投資ファンドやカストディ企業も参加している。

新たに設立された仮想通貨評価協議会(Crypto Rating Council)は仮想通貨を「1」から「5」で格付けし、その結果をオンライン上で公表する仕組みになっている。「5」は、その銘柄の有価証券性が最も高いことを意味する。

格付けの方法についてコインベースは「本協議会が公表する格付けは、メンバー企業の技術者と外部の法律の専門家が協力し、事実に基づいて分析した結果だ」と説明している。なお、仮想通貨の発行体は銘柄の情報は提供しているが、格付けに協力することはないという。格付けの公平性を保つための取り組みである。

なお、独立の格付けに関して、SECやCFTCなどの規制当局によって是認されておらず、法的アドバイスに該当しないと説明した。

本協議会の判断ではBTCのスコアは「1」で、有価証券に当たる可能性が極めて低いと評価されている。ビットコイン以外では、ライトコイン(LTC)、モネロ(XMR)、DAIも「1」だった。

また、ETHのスコアが「2」で、XRPのスコアは「4」。イオス(EOS)、ステラ(XLM)、テゾス(XTZ)が「3.75」。以下が、現在公表している全20銘柄の評価だ。

出典 : The Block

ビットコイン、イーサリアム、XRPに関するスコアや判断基準は以下のように説明されている。

BTCの判断基準

  • トークンの販売やマーケティングをしていない
  • 非中央集権的に開発・利用されている
  • プロジェクトチームの匿名性

ETHの判断基準

  • 現在のプラットフォームの機能性
  • 投資的な要素がなくマーケティングをしていない
  • 非中央集権的に開発・利用されている

XRPの判断基準

  • 有価証券のような言語を使用
  • トークンの実用性よりも販売や利益が先立つ
  • 利益を得る機会を示唆するマーケティング
  • 非中央集権的に開発・利用されている
記事提供:THE BLOCK
THE BLOCKとは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/02 金曜日
10:25
米FRB、シルバーゲート銀行の清算に同意
米FRBは、米シルバーゲート・キャピタルとシルバーゲート銀行に対して、自主清算に同意する命令書を発表した。シルバーゲート銀行と仮想通貨業界のつながりについても指摘した。
09:35
ナイキ、米ゲーム大手EAと協業へ
Nikeとデジタルエンターテインメント企業EAは、新しいパートナーシップを締結。Web3プラットフォーム.SWOOSHのユーザーらの体験をカスタマイズできるようにしたり、向上させたりしていくという。
08:45
香港企業、米ドルステーブルコインをローンチへ
香港拠点のカストディ企業First Digitalは、仮想通貨の米ドルステーブルコインFDUSDをローンチすることを発表。FDUSDは、BNBスマートチェーンを基盤にするという。
08:15
デフォルト懸念後退 米国株反発、c3.aiは決算受けて大幅安
本日のNYダウは+153.3ドルと反発。ナスダックも+165.7ドルで取引を終えた。米下院が前日に債務上限法案を可決したことによって米国のデフォルトリスクは大きく後退している。
06/01 木曜日
21:40
Zaif、暗号資産FXサービス終了と「第一種金融商品取引業」の廃止を決定
暗号資産(仮想通貨)交換業者Zaifは1日、ビットコインやイーサリアムの暗号資産FXサービスの終了と「第一種金融商品取引業」の廃止を発表した。
15:29
AI のもたらし得る「深刻なリスク」に一部専門家が警鐘
「AIによる絶滅リスク」の軽減を訴える公開声明に、世界に名だたるAI技術の研究者や企業幹部ら350名が署名し、話題となっている。声明の主張には賛否両論あるが、AIについての議論の場を広げるものとして歓迎される。
15:10
Web3企業向けマーケティングツール「ソシャマ」リリース
ソーシャルマーケティング株式会社がWeb3企業向けのマーケティングSaaSツール「ソシャマ」の提供を開始した。仮想通貨やNFTを取り扱うWeb3事業者が抱える、ツイッターなどソーシャルメディア上でのマーケティングニーズに対応する。
12:32
英TP ICAP、機関投資家向け仮想通貨マーケットをローンチ
世界有数のインターディーラーブローカーTP ICAPは、ビットコインなど仮想通貨のスポット取引市場「Fusion Digital Assets」をローンチした。機関投資家向けで、分離運営モデルを採用している。
11:30
東京都政策企画局がデジタル証券発行支援を開始
東京都政策企画局は、デジタル証券(セキュリティトークン)発行支援事業の開始を発表した。これは、ブロックチェーン技術の広範な活用を促進し、スタートアップ企業の資金調達を多様化するための取り組みだ。
10:55
EU、包括的な仮想通貨規制案MiCAを正式承認
EUは、ビットコインなど仮想通貨に関する包括的な規制案「MiCA」を正式承認した。ステーブルコインに関する規定は2024年7月から、その他規定の多くは2025年から発効する予定である。
10:05
香港の新しい仮想通貨関連組織、Huobiが参加へ
Huobiは、香港の仮想通貨関連の新組織に加わることを発表。この組織は、香港を世界最大の仮想通貨市場にすることなどをミッションにしている。
08:20
PayPalベンチャーズなど、仮想通貨ウォレットサービス「Magic」に72億円出資
仮想通貨ウォレットプロバイダーMagicは昨日、72億円(5,200万ドル)規模の戦略的資金調達ラウンドを終えたことを発表した。
07:40
バイナンス、欧州で12のプライバシー関連銘柄を上場廃止へ
バイナンスは5月31日、欧州市場でプライバシー関連銘柄の取引提供を中止する予定を発表した。
07:10
バイナンス、人員削減の報道を否定
仮想通貨取引所バイナンスは、従業員の解雇を実施したことが報じられた。人員の20%を削減したとの報道もあるが、同社CEOのCZ氏は「解雇に関する報道は悪い噂(FUD)である」と説明している。
05/31 水曜日
17:22
改正資金決済法施行で国内ステーブルコイン発行可能に
改正資金決済法施行により、法定通貨を裏付けとするステーブルコインが発行可能になることへの関心が急上昇している。海外発行のステーブルコインについては、発行者ではなく流通業者が資産を保全するよう義務付けられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧