CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨市場、最新の機関投資家動向 リスク要因と成長要因は?=バイナンス調査部門

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場、最新の機関投資家動向

仮想通貨取引所最大手のバイナンスが、機関投資家および大口顧客を対象としたアンケートの調査結果を分析したレポートを発表した。 このレポートは7月に発表されたレポートに続くもので、10月に実施された調査結果に基づき、機関投資家の類型と見解を分析したものだ。

英語および中国語で行われたアンケートでは、対象となった100以上のクライアントのうち、76のクライアントから有効な回答が得られたが、その構成は、10万ドルから2500万ドル(約1085万円~27億1500万円)を仮想通貨投資へ割り当てている企業やファンド等の機関投資家となっている。

前回のアンケートに回答を寄せた41の機関よりもサンプル数は85%増加したものの、機関投資市場全体の傾向として捉えるには小さすぎる調査サンプルサイズであることから、一般化は避けるようにと注意を促している。

回答したクライアントの類型

回答者は投資ポートフォリオを管理する立場にあるが、職種の形態は独立したトレーダーから、専業取引会社や投資ファンド、仮想通貨プロジェクトチーム、OTC仲介会社、またセルサイドの金融機関など多様。 その大半が株式、通貨、債券商品、不動産、金を含むコモディティ等の幅広い資産クラスにも投資している一方で、80%以上を暗号資産に割り当てて投資するクライアントも35%を占めた。

  • 伝統的投資市場での投資経験年数:1年~3年:33%、4年~6年:20%、7年以上:27%
  • 仮想通貨市場での投資経験年数:1~3年が58%で最多数を占める一方、4年以上の経験者も37%存在する

ステーブルコインの使用

ステーブルコインの使用について、69のクライアントが寄せた回答をまとめたのが下のグラフだ。

もっとも多く使用されているのはUSDT(テザー)で、40.25%となっている。

依然として、テザー社を取り巻く疑惑に関する法的問題がくすぶり続けているにも関わらず、その流動性と時価総額の大きさから、他のステーブルコインを大きく引き離しトップに立った。続いて、コインベースとサークルが発行するUSDC、またTUSD、PAXがよく使用されているようだ。

アンケートの使用言語別に見ると、中国語回答者の半数以上がUSDTを使用し、USDC使用は12.2%に留まったのに対し、英語回答者の約4分の1はUSDCを使用すると回答したという。

また、使用するステーブルコインの選択は、それぞれの時価総額ランキングとほぼ一致しているため(下グラフ参照)、バイナンスは、ステーブルコインの使用とその時価総額には正の相関関係があると結論づけている。

カストディ

機関投資家の参入を促すために重要な要素として認識されているカストディの面だが、バイナンスを利用するクライアント間では、取引所が依然として他の選択肢を大きく引き離し、92.1%で1位となっていることが興味深い。

仮想通貨をセルフストレージへと移す場合、安全性と制御面の向上に伴い、コールドウォレットが第2位(32.9%)の選択肢となった一方で、独立した第三者が提供するカストディサービスの利用は2.6%に留まっている。

仮想通貨業界のリスクと業界の成長要因

仮想通貨業界に関するリスクと成長要因に対する認識ついては次のような結果が出た。

最大のリスク(回答数60に基づく)

1位 48.3%: プラットフォーム固有の障害(取引所のハッキングなど)

2位 43.3%: 進行中のテザー社(Tether)に関する法的問題

3位 38.3% : グローバルレベルでの規制の不確実性

4位 30.0% : 個人投資家のアルトコインに対する関心の欠如

5位 21.7%: 国内の規制の変更

一方、次のような要素はリスクが低いと認識されたようだ。

最低のリスク(回答数60に基づく)

1位 0.0%:プライバシー

2位 5.0%:リブラ

2位 5.0%:中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)

4位 8.33%:スケーラビリティ問題

5位 10.0%:個人の安全性問題(フィッシング、SIMカードすり替え詐欺等)

業界の成長を促す要因としては、次のように認識が明らかになった。

成長を促進する要因(回答数60に基づく)

1位 44.3%:国際的および国内規制の変更

2位 34.4%:伝統的な証券会社による仮想通貨サービスの提供(E-Trade、Fidelityなど)

3位 27.9%:オプション契約およびその他デリバティブの開発

3位 27.9%:ビットコインETF

5位 19.7%:フェイスブックのリブラプロジェクト

5位 19.7%:中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)

仮想通貨業界の成長を促す要因として、規制の明確化が44.3%でトップとなったが、これは前回6月の調査結果とも一致しており、規制問題は、仮想通貨業界の将来にとって最も大きなリスクであり、かつ潜在的な成長促進要因であるとの認識が改めて浮き彫りになった形だ。

また、リブラとCBDCに関しては、リスクではなく成長を促進するものと捉えられていることも興味深い。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧