CoinPostで今最も読まれています

韓国のビットコイン価格下落/1月末までに外国人の韓国ウォン入金が禁止

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

大手取引所のKorbitが、外国人は韓国国内の仮想通貨取引所で韓国ウォンを入金出来なくなると発表
「政府によって義務付けられている、身分確認およびマネーロンダリング規制を遵守するため、現行の韓国ウォンの預金方式は2018年1月末までに終了する予定です」と具体的な時期も述べました。
韓国のBTC価格が大幅下落
20日までは170万円台を推移していた韓国BTC価格が、21日に約150万円まで暴落しました。

韓国ビットコイン価格大幅下落

プレミアム価格、と呼ばれていた韓国のBTC価格が短時間で一気に価格を落としました。

この原因は定かではありませんが、韓国大手取引所であるKorbitが1月末までに外国人(非韓国人)が韓国ウォンを入金することを禁止する、と発表したことが価格に影響した可能性があります。

今後、韓国取引所のKYC(身分証明)が厳しくなっていき、今ままで匿名口座で取引されていた中の違法なお金の動き(マネーロンダリング等)や、他国資本が抜けていくことで、韓国の仮想通貨市場から資本が抜けていくと懸念する投資家も存在します。

Korbit:韓国国内の全ての仮想通貨取引所で、外国人の韓国ウォン預金を禁止

BithumbとCoinoneに次いで韓国で3番目に大きい仮想通貨取引所のKorbitは、外国人は韓国国内の仮想通貨取引所で韓国ウォンを入金出来なくなる、と発表しました。

クライアントに送信されたメッセージの中で、Korbitは次のように述べています。

「新たなウォンの預金方式が導入された場合、外国人は、居住者であっても非居住者であっても、国内の仮想通貨取引所で韓国ウォンを入金できないことに注意してください」

Korbitは、外国人の仮想通貨取引禁止とともに、Kookmin銀行のバーチャル銀行口座を取引プラットフォームで閉鎖することは、韓国政府が導入した新たなマネーロンダリング防止政策の一部であると指摘しました。

Korbitは、以下のような声明を出しています。

「政府によって義務付けられている、身分確認およびマネーロンダリング規制を遵守するため、現行の韓国ウォンの預金方式は2018年1月末までに終了する予定です」

12月14日、韓国政府が国内の仮想通貨市場をより良く規制し成長させるために、4つの重要な規制を発表した、と報道されました。

4つの規制のうちの1つは、未成年の投資家と外国人が、韓国国内の取引プラットフォームで仮想通貨と法定通貨(韓国ウォン)間の取引を禁止することでした。

12月初旬に流出した政府文書には、以下のように書かれていました。

「未成年者の投資家や外国人が仮想通貨取引に関わる取引口座を開設できないように、銀行や取引所に依頼する」

12月には、外国人投資家が韓国国内の仮想通貨市場で裁定機会を利用するのを防ぐために、国内の市場で外国人の仮想通貨取引を禁止することを決定したと韓国政府は説明しました。

韓国市場における大部分の仮想通貨の取引価格は、世界の平均価格よりも少なくとも15%高いため、韓国政府は仮想通貨取引所と銀行の両方に対して、国内市場での外国人の仮想通貨取引を禁止することを要求しました。

韓国国内の取引所は当初、1月20日までに外国人の仮想通貨取引を禁止する予定でした。

しかし、Korbitの声明に基づくと、外国人投資家は1月31日までは取引をすることができ、それ以降、韓国の仮想通貨取引プラットフォームで外国人投資家が韓国ウォンを入金できなくなります。

禁止よりむしろ厳しい規制

先週、韓国政府と文政大(ムン・ジェエン)大統領府は、短期間で仮想通貨取引禁止措置が課せられないことを公式に表明しました。

韓国政府は、仮想通貨取引を禁止するのではなく、国内の仮想通貨取引所が安定し、一般消費者のために規制されることを確実にするために、厳格な規制を課すということを強調しました。

政府の声明に続いて、韓国公正取引委員会の金相成(キム・サンジョ)会長は、それがもたらす大きな経済的影響を考慮すれば、仮想通貨取引を禁止することは、現実的に不可能だと述べました。

キム会長の声明は以下の通りです。

「仮想通貨取引のシャットダウン”は現実的に可能ではありません。

電子商取引法に基づけば、政府は仮想通貨取引プラットフォームを閉鎖する権限を持っていません。

経済学者の観点からは、経済活動を完全に禁止することは公正かつ透明な決定ではありません。過度の投機であろうとなかろうと、利益または損失は投資家の責任です」

現時点では、外国人が韓国国内市場で仮想通貨取引をすることを長期にわたって禁じられるかどうかは未だに明らかになっていません。

Korbit: Non-Koreans Prohibited from KRW Deposits at All Domestic Cryptocurrency Exchanges

Jan. 20, 2018 by BitcoinExchange

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

韓国の規制は「禁止」ではなく、マネーロンダリング等を抑えるためのルール作りのためのものです。

「規制」と「禁止」の違いについては以下の記事を参照してください。

仮想通貨の規制と禁止/表記や意味の違いについて
税金の監査や仮想通貨を利用する詐欺などの排除や、取引を行うための環境整備による投資家の保護などの観点で国が見逃すはずもなく、逆に投資者の私たちにとっても交換業者や仮想通貨の適正なルール作りは必要であり、仮想通貨市場の健全化につながります。

この規制の結果、韓国では匿名口座が禁止されることとなり、政府は本人名義の身分証明システムを新たに導入するまで、各銀行に新しい仮想通貨アカウントの発行を停止するように命じています。

「規制」という日本語から誤解されやすいですが、これは市場の健全化につながるものであり、一概にネガティブなものであるとは言えません。

しかし、そもそも韓国のプレミアム価格(他国BTC価格とのプラス方向の乖離)は匿名口座からの資本流入も大きな影響を与えていた、と思われます。

あくまでも予想に過ぎませんが、以前から出ていた規制内容とはいえ、korbitという世界でも有数の大手取引所が「1月末まで」と具体的な時期を提示したことにより、仮想通貨取引「禁止」のニュースが報道されている中国などの海外資本が流出し、今回の韓国BTC価格下落につながった可能性があります。

また、今回の韓国BTC価格下落により、日本を含めた他国のBTC価格も連鎖してある程度の下落をみせています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア