CoinPostで今最も読まれています

最大級の米株式アプリ「Robinhood」が仮想通貨価格上昇の要因となるか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインが続落
2月5日(月)時点で、ビットコイン価格が「$7,605(約83万円)」になり、直近80日間の最安値を更新しました。2月になっても相場回復の兆しは見えていません。
アメリカの好材料は転機となるか?
最大規模のユーザーを抱える米株式アプリ「ロビンフッド」にて、2月末までに、ビットコインやイーサリアムの取引開始を予定。「事前登録数」は早くも100万人を超える勢いです。

ビットコインの暴落が止まらない

米ドル建てビットコイン価格のチャート

投資家たちの期待も儚く、2月になっても仮想通貨市場に回復の兆しは見受けられず、大きな下落が続いています。

2月5日の朝の時点で、ビットコイン価格は仮想通貨取引所「Bitfinex」にて$7605(約83万円)にまで下落しました。

時価総額首位を保ってきた仮想通貨が、直近80日間での最安値を記録しました。

ビットコインが、$19,891(約217万円)で史上最高値を記録したのは、ちょうど1ヶ月前です。

韓国プレミアムが消滅か

現時点で、ビットコインで最大のボリュームを生み出す主要取引ペアは、USD、またはドル基準のTetherトークン

JPY、EUR、KRWがその後に続き、各ペアはBTCの最高取引高ペアのリストに掲載されています。

テザー(Tether・USDT)とは/米ドルと同価値を維持する仮想通貨
時価総額上位の人気仮想通貨であるTether(テザー)の特徴と将来性について、投資初心者にもわかりやすく解説。日本円(JPY)等の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ仮想通貨です。USDTもTetherの一種で、米ドル(USD)とほぼ同価になるよう調整されています。

注目すべき点は、日本や韓国の取引所で以前ほどの価格差が見られなくなったことです。

例えば「BTC/KRW」のペアは、韓国最大級の取引所「Upbit」よりもわずかに上回る水準で取引されてはいるものの、現在の価格は、その他の主要取引所とさほど変わりありません。

出典:CoinMarketCap

アメリカの新星「ロビンフッド」参入

現在、仮想通貨市場に暗雲が立ち込めていることは否めませんし、多くの投資家たちのポートフォリオが赤色に染まっている事でしょう。

ビットコインは、”チューリップの球根”や”Beanie Baby”同様だったのか?そう不安になるのも無理はありません。

しかし、2017年より噴出している一部の投資家たちによるビットコインに対する悪評である、「単なる投機であり、中身がない」とするものを覆し、実際はそれ以上の価値があるとの期待は決して消失していません。

現在もビットコインのプロトコル開発は、ものすごいスピードで進行中です。

また、目下の課題である「スケーラビリティ」解決のためのライトニングネットワークは、支援者によって着々と準備が進められており、テスト段階に入っています。

仮想通貨の投機家たちにとっても、好材料となり得るものはまだまだ控えています。

例えば、メール送金サービス「Square Cash」は、先週ほぼ全てのアメリカのユーザーに対して、ビットコイン対応を開始しました。

新規投資家を引き入れることで、市場を後押しするのではないかと考えられています。

その中でも最も注目が集まっているのは、アメリカで絶大な人気を誇る株式仲介アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」の存在でしょう。

このアプリでは、2月末までに、ビットコインやイーサリアムの取引開始を計画しており、若年層の投資家たちに、これまでの株式に加えて、仮想通貨の取引機会を提供する予定です。

この新機能は、一部地域在住のユーザーのみを対象にしていますが、それでも現時点で「100万人以上の人々が事前登録」を行なっています。

ビットコインスケーラビリティー解決策、ライトニングネットワーク取引が成功
ライトニングネットワークのテスト成功しました。ライトニングネットワークによりビットコインの問題とされていたスケーラビリティー問題が解決される日も近いかもしれません。飽くまでもテストの成功であり、その実用化はまだ先になるようですが今後の発展に期待したいです。

ロビンフッド(Robinhood)とは

株式市場のInstagramと言われる革新的なトレーディングツール。

通常、取引の度に「7〜10ドル(800〜1,100円)」かかる手数料がゼロになるということで、大きな衝撃をもたらした「株式トレーディングアプリ」です。

若者ウケの良いスタイリッシュなデザインと、手軽に利用できる突出したエクスペリエンスを提供していることから、アメリカのミレニアル世代(米国で1980年代から2000年代初頭までに生まれた人)を中心に、絶大な人気を誇っています。

ロビンフッドのユーザー数は300万人を超え、1000億ドル(約11兆円)を上回るトランザクションを叩き出しているといいます。

サービス開始直後の取り扱いは、ビットコインとイーサリアムのみですが、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルなど16種類に及ぶ人気仮想通貨の価格情報もアプリで参照することが可能です。

将来的に取り扱い通貨や、サービス提供エリアが増えるのではないかという期待も膨らんでいます。

ウォッチリスト対応予定通貨

リリース開始時点で現在確定している通貨はビットコインとイーサリアムですが、予定されているウォッチリスト対応通貨は10以上にも及びます。

  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  • イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • リップル(Ripple)
  • ダッシュ(Dash)
  • ゼットキャッシュ(Zcash)
  • モネロ(Monero)
  • クオンタム(Qtum)
  • ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)
  • オミセゴー(OmiseGo)
  • ネオ(NEO)
  • リスク(Lisk)
  • ドージコイン(Dogecoin)

また、ロビンフッド代表の発言などから取引対応予定通貨も今後増えていく可能性が高いです。

童話のロビンフッド

悪政に苦しむ民衆を救い、貴族から奪った富を貧しい庶民に分配することでチャンスを与えた中世イギリスの伝説的英雄「ロビンフッド」は、社名の由来になっているとされています。

追記:22日米5州でサービス開始

カリフォルニア州、マサチューセッツ州、ミズーリ州、モンタナ州、ニューハンプシャー州の5つの州にて22日、Robinhood Crypto上でビットコイン、イーサリムなどの売買が可能になる。

参考記事

Bitcoin Price Falls to 80-Day Low; Robinood to Lead the Rescue?

Feb 5, 2018 by Josiah Wilmoth

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。
09:35
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
07:55
仮想通貨取引所バイナンス、ドバイで完全な事業ライセンス取得
バイナンスは昨年同局からMVPライセンスを取得したが、同ライセンスには3段階のプロセスがあり、今回は最終段階をクリアしたことになった。
07:20
「半減期後にBTC価格は下落する可能性」JPモルガン
半減期後に仮想通貨ビットコインの価格は下落する可能性があると、JPモルガンのアナリストは分析。17日のレポートで分析の根拠を説明している。
06:30
バイナンス、新たな仮想通貨ローンチパッド「メガドロップ」発表
最初に選ばれたプロジェクトは仮想通貨ビットコインのステーキングプラットフォーム「BounceBit」で、168,000,000 BBトークンがMegadropを通して配布される予定だ。
06:00
コインベース、ソラナミームコイン「WIF」の永久先物提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベース(およびインターナショナル取引所)は19日、ソラナ基盤のミームコイン「WIF」のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧