CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 Nano(ナノ)とは/今後の将来性について

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

手数料無料や高速送金の仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)
DAGと呼ばれる技術(IOTAなどでも利用されている)により、手数料が無料となり、送金などが高速で実現できること、2018年2月2日にBinanceに上場したことから注目されています。
Nanoの今後と将来性
IOTAなどDAG技術通貨の注目が集まる事で、ゼロフリー・スケーラビリティの実現ができる仮想通貨として、今後将来的に注目が集まり続けることが考えられます。
目次
  1. 仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)とは?
  2. 仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)の特徴
  3. 仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)の今後と将来性

仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)とは?

Nanoは、2018年1月31日にRaiBlocksがリブランディングにより通貨名を変更して誕生した仮想通貨です。

新しいロゴとなる「N」の文字は、ノードを意味します。

DAGと呼ばれる技術により、手数料が無料となり、送金などが高速で実現できることから注目されています

2018年2月2日には、バイナンスに上場しており、これによる資金の流入が予測されており、昨年12月の大幅な上昇傾向から、安定化への値動きが続くなかで、今後Nanoの価格上昇が期待されています。

Nanoは、スケーラビリティ(拡張性)のある仮想通貨として、P2Pに最適な信用のある取り引きと裁定取引のための迅速な資金の転送を目的としています

またNanoは、資金転送においてリップルなどよりも高速になることを公表しています。

仮想通貨 Nanoの特徴

Nanoの特徴についてまとめました。

特徴的な強みであるDAG技術により、ゼロフリー・スケーラビリティ・送金の高速性を実現

Nanoの特徴的な強みと言えるゼロフリー(手数料が無料)、スケーラビリティを実現するのは、DAG(有向非巡回グラフ)という技術によるものです。

Nanoにおいては、それぞれのアカウントに独自のブロックチェーンを置くことによるラティス構造が採用されています。

トランザクションは、各アカウントのチェーンとして、アカウントの所有者が更新します。

これにより、ほかのネットワークの部分とは、非同期で、即時的に更新されるアカウントチェーンが実現できます。

具体的に送金の時は、送信側と受信側のそれぞれのアカウントの所有者が署名したブロックによりトランザクションが成立します。

このようなDAG技術により、マイニングなどのコストが必要なくなり、手数料が無料となるわけです。

また、この独自のDAGが、スケーラビリティの確保を可能にします。

安全性能の実証性において歴史的に浅いNanoの対応策は?

ホワイトペーパーにおいては、DAGという新しい技術が安定的に機能する実証例として、IOTAにおいて積みあげられてきた取引の累積額をあげています。

さらには、安全性を守るための対策が採用されています。

仮想通貨 Nanoの今後と将来性

Nanoの今後や将来性について考察するため、価格形成の要因や流出事件の内容をまとめました。

Nanoの価格形成の要因について

Nanoは、中国の仮想通貨取引所バイナンスでの投票で、1位の座を獲得して、上場が確定している点からも、多くの人からNanoが高く評価されていることがわかります。

バイナンス上場での資金の流入もあり、今回の事件における問題が解決すれば、昨年12月に、大きく上昇してきたIotaなどとともに、Nanoは今後将来的に再び上昇傾向に向くことが期待されてくると思われます。

年初には、時価総額で17位にまでのぼってきているNanoは、DAG技術によるゼロフリーやスケーラビリティの実現ができる仮想通貨として、今後も注目が集まり続けることが考えられます。

「BitGrail」の約211億円流出における問題は、いつ判明するのか?

イタリアのフィレッツェに所在する仮想通貨取引所「BitGrail」は、Nano1700万XRBの盗難被害にあったことを2月9日(現地時間)に公表しました。

現在、同市場においてNanoは、取引と入出金を停止にしており、警察が捜査にあたっています。流出したNanoの総額は、直前の価格1250円/XRBで換算すると約211億円となります。

創業者でCEOであるFirano氏はツイッターにおいて、全額の補償は、不可能であることを言明しています。

BitGrail側は、「解決に向けて、できることすべてに取り組んでおり、再開するために懸命に働いています」と表明しています。

公表前日の8日(現地時間)には、Firano氏がNanoのコアチームのメンバーと連絡をとり、技術的な検証方法などの話し合いが、行われました。

しかし、双方の見解などに違いがあることから、今後については、協力的な事態の収拾は見込めないようです。

BitGrail側は、盗難に関する詳細な技術情報は公表しないとしており、事件における技術面などの問題の所在が判明してくるのは、警察の捜査結果の公表を待つことになるようです。

仮想通貨:時価総額ランキングTOP50(投資初心者向けの解説あり)

仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧