CoinPostで今最も読まれています

COMPなど高騰するDeFiトークンは「第2の仮想通貨バブル」か?有識者らも熱視線

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DeFiトークンはバブルか?

直近の仮想通貨市場では、分散型金融(DeFi)プロトコルに対する投資家の熱い視線が集まっている。

その理由は、分散型金融CompoundのガバナンストークンCOMPや、BalancerのガバナンストークンBALが6月に複数の取引所に上場し、セカンダリマーケットで数倍まで急騰したことにある。

COMPやBALだけでなく、既存のDeFi系トークン銘柄もここ3ヶ月で高パフォーマンスを見せており、時価総額10位内のいわゆるメジャーアルトのリターン率をはるかに凌ぐ。

仮想通貨メディアCryptoslateが統計したDeFiトークンの上昇率によれば、過去30日で最もリターンの高かった銘柄がBancorのBNTトークンで+300%以上。一方、ビットコインはその間+1.4%弱に留まった。

関連:ビットコイン先物出来高は前月比-40.3%、対照的にイーサリアム基盤市場が急拡大するワケ

そのほか、Kyber Networkや、MakerDAO、Aaveのネイティブトークも50%以上の上昇率を記録していた。統計に含まれていないChainlinkやSNXトークンも同様に好調に推移している。

出典:Cryptoslate

仮想通貨取引所FTXで取引されている「DeFiトークン指数」は、6月19日に取引開始して以来、順調に推移中。同指数はCOMPやKNC、ZRX、BNTなど11銘柄のDeFiトークンを一定の比重で組成されている。

出典:FTX

有識者の見解わかれる

短期的な急騰は、2017年のアルトバブルと彷彿とさせる。

仮想通貨格付け企業Weiss Crypto Ratingsは、「DeFiは今一番旬なトピックだが、いずれ終焉を迎え、通常の市場トレンドに落ち着くだろう」と指摘した。

また、フィンテックVCのJulien Thevenardは、各DeFiトークンのPER(株価収益率)が算出されたデータを分析し、一部のトークンが過剰評価されている可能性が高いとコメントした。

PE(株価収益率)は通常、株価と企業の収益力を比較することによって株式の投資価値を判断する際に利用される尺度(野村証券参照)だが、Julien Thevenardはこのインジケータを参考に、COMPに見られるPER760倍やMakerのPER4360倍は、他のプロトコルと比べても過剰に膨らんでいると見ている。株市場では、S&P500などの業界標準だと平均13〜15倍のPERに留まる。

強気派の見解

バブルではなく初動だとする強気の有識者もいる。

DeFiエコシステムに詳しいVC投資家兼アナリストのAndrew Kangは1日、現在のDeFiバリュエーションについての分析を投稿。市場サイクルをもって「今はまだ、大きな成長のスタートラインを切ったところに過ぎない」としている。

強気予想の根拠には、DeFi(分散型金融)の認知度が一般的に広まっていない点や、中国人投資家がまだ注目していない点をあげている。投資や仮想通貨・ブロックチェーン知識が必要なDeFiを十分に理解した上で、実際に挑戦する投資家・トレーダーは少数派に留まる。

ビットコインの擁護派と知られるChamath Palihapitiya(Virgin Galacticの理事長)は先日、仮想通貨のジャーナリストとして知られるLaura Shinの質問に対し、「DeFiが何かすら知らない」と告白している。

いわゆる「中華マネー」が本格的に流入していないところも、バブルに到達していない理由の1つにあたるという。

Kangによると、主にシンガポールの仮想通貨ファンドや大口投資家がDeFiの火付け役となり、初期投資を行なった。しかし、より大衆的で資金力を有する中国の個人投資家はまだまだ参入しておらず、本格的な相場上昇はこれからだと予想している。

中華マネー/アジアマネーは、2017年〜2018年のアルトバブルにおける主要資金源であり、DeFiトークンのさらなる流動性向上に繋がる可能性もある。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧