CoinPostで今最も読まれています

FTX、分散型取引所Serumをローンチへ 採用した「Solanaブロックチェーン」の利点とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

FTXがDEXをローンチへ

仮想通貨(暗号資産)取引所FTXが、新たに分散型取引所(DEX)「Serum」をローンチすることが分かった。

スケーラビリティの高いブロックチェーン「Solana」を活用して、高速処理を実現するノンカストディアルなDEX「Serum」を構築する。Serumは現物やデリバティブ向けの取引所となる予定で、流動性も高め、DeFiにおける既存の問題解決を目指すとしている。

FTXはデリバティブを初め、様々な金融商品を取り扱っている取引所だ。ビットコイン(BTC)価格のボラティリティやマイニングにおけるハッシュレートも商品化。DeFi分野などセクターごとのインデックスモデルを提供していることも特徴にある。今年2月には、米大統領選挙の結果予測を収益化できる先物の提供を開始したことも注目を集めた。

関連仮想通貨取引所FTX、XRPの現物取引を開始

現在準備を進めるSerumが利用するブロックチェーン「Solana」は、イーサリアムのブロックチェーンよりも処理が速く、手数料も安いことが特徴だ。現在イーサリアムは1秒間に約15取引を処理しているが、Solanaは5万取引を処理することができるという。

分散型取引所としてシームレスな板取引の実現と、流動性の確保を目指せる点がFTXの採用理由になった可能性がある。現在DeFiに広く利用されているイーサリアムと互換性があることも強みだ。

関連イーサリアム、年初来高値更新の「背景」は

Solanaのネイティブ通貨であるソラナ(SOL)は、FTXやバイナンスなどの取引所にすでに上場しており、25日から価格が上昇。約104円から一時211円を超え、2倍超まで上昇している。

出典:CoinMarketCap

FTXの担当者は仮想通貨メディアCoinDeskに対し、Serumに上場する商品はユーザーが決めると説明。Serumは数週間でローンチできると述べている。

Solanaについて

Solana(SOL)の特徴

Solanaは、世界の金融システムを民主化することを目的に開発されており、200以上のノードによって、前述した秒間5万トランザクションの処理能力を実現するプロジェクト(現在メインネットβ版)。

同プラットフォーム上のネイティブ通貨「SOL」は、ステーキング、トランザクション手数料、ガバナンスに使用。他の高スケーリングプロジェクトとは違い、レイヤー2のソリューションに頼らず、レイヤー1で高スケーリングを実現していることが特徴である。

SOLの発行用途

SOLの発行用途は以下の通り。

ステーキング
バリデータは一般的なハードウェアを使用することでステーキングを行うことができる。また、SOL保有者はバリデータにステーキングを委任することも可能だ。将来的にはネットワーク保護の観点からスラッシングも導入予定。
トランザクション手数料
SOLを使用して、トランザクション手数料とスマートコントラクトの実行手数料を支払うことができる。推定手数料は、100万トランザクションに対して約10ドル(約1050円)。
ガバナンス
将来的なガバナンス投票を想定。

コンセンサスアルゴリズムの概要

SolanaのProof of History(以下、PoH)上で実行されるTower Byzantine Fault Tolerance(Tower-BFT)は、PoHに最適化されたPBFTに類似したコンセンサスアルゴリズムで、通信のオーバーヘッドとレイテンシーを削減する。

メインネットはDelegated-Proof-of-Stake (DPoS)の採用を検討しており、トークン所有者にステーキングを提供する予定。

通常、スケーラビリティと分散性はジレンマの関係にあり、分散性を高めるためにノードを増やすと、すべてのノードに全データを伝搬するのに必要な時間が長くなるため、スケーラビリティ性能を犠牲にすることになる。しかし、ソラナは「Turbine」と呼ばれる伝播プロトコルを採用することによって、この課題を解決している。

例えば、バリデータが1000個のデータを処理する場合、1000個を順に送信するのではなく、データをパケットと呼ばれる小さなサイズに分割する。その後、分割されたパケットをネイバーと呼ばれるグループに送信。ネイバーは受け取ったパケットを隣接するネイバーに送信することで、スケーラビリティと分散性を維持している。

ユースケースの紹介

Solanaの公式サイトでは、高速なブロックチェーンのユースケースの一例として、分散型取引所、ペイメント、分散ファイルシステム、広告枠の交換所を挙げている。

また2020年06月15日、メッセージングアプリを開発するKinは、StellarブロックチェーンからSolanaブロックチェーンへの移行に対して理事会で投票を行い、11対0で移行計画がスタート。これは、増加するアクティブユーザーに対応するための判断だ。

さらにUSD、EUR、KRT、JPYなどさまざまな通貨をサポートしているステーブルコイン「Terra」が、Solanaとの提携を発表。Terraとのステーブルコインのサポートによって、DeFiエコシステムの加速を目的としている。

基本情報

時価総額 3,464,982,419円
単価 200円
ランク 161位
初回発行枚数 500,000,000SOL
現在の総発行枚数(burnによる減少*1) 488,625,461SOL
現在の流通枚数 17,245,766SOL
主要な取引所 バイナンス、Bithumb
今後の大きなイベント 2020年第3四半期 メインネットリリース

(2020年07月27日時点)

*1ユーザーがいつでも市場で売買できるようにすることを目的に流動性供給された11,365,067SOLが焼却された。

*2アジアマーケットにも力を入れており、日本においてはCoinChoiceでの記事配信、日本語でのMedium運営を行なっている。今後はSNSチャネルの拡大、イベント開催をするために動く予定。

参考資料 : Solana

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア