CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン採掘拠点の中国集中、リスクは? 仮想通貨カストディ業者が分析

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BTCマイニング中国集中のリスクは?

ビットコイン(BTC)マイニングの大部分が中国に集中している現状であるが、そのことがBTCネットワークに及ぼすリスクがあるのか、仮想通貨カストディサービス企業「Casa」の創設者Jameson Loppが分析した。

中国では、安価な電力エネルギーと産業インフラストラクチャーを組み合わせてビットコイン採掘が盛んである。

乾季には内モンゴルの安価な石炭と風力を利用、雨期には四川省と雲南省で豊富・安価になる水力発電を利用することで、電力コストを抑えてマイニングを行うことが可能となっている。また、マシンの供給網も確立されていることも優位な点に挙がる。

ケンブリッジ大学の研究所オルタナティブ金融センターの研究によると、2020年の第1四半期に、ネットワークハッシュレート全体の約70%が中国で発生していると算出されており、世界的なシェアは大きい。

51%攻撃のリスク

Jameson Lopp氏は、こうした状況下で懸念されているリスクの一つに、51%攻撃があるとしつつも、それは現実的ではないと論じた。

51%攻撃は、ひとつのノードがネットワーク全体の計算能力の過半数を超えた場合に、不正取引の正当化や、正当な取引の拒否などが可能とされている攻撃で、最近ではイーサリアムクラシックで発生が確認されている。

Lopp氏が、51%攻撃が現実的ではないとする理由には、攻撃発生後もネットワークのコンセンサス・ルールは守られ、それを変更することも出来ないため、実際に出来ることには制限があるとの考えがある。

攻撃者が、ビットコインの二重支払いに成功したケースでも、そのコインを取引所に送信した上で別の検閲耐性のある仮想通貨と交換し、それらの資金を引き出してから、秘密裏に採掘されたブロックの束を解放するなど込み入った手続きが必要で、仮想通貨取引所には引き出し限度額やAML / KYC(資金洗浄対策/身元確認ルール)が設けられているため、現金化までのハードルが極めて高い。

また、根本的にビットコインのようなハッシュレートが群を抜いて高いブロックチェーンのセキュリティの堅牢性を踏まえても現実的ではないく、ネットワークを攻撃するよりも、ネットワークを保護することにより報酬を得る方が遥かに安全な方法だと結論付けた。

長期的に見れば、中国の優位性は揺らぐ

また、Jameson Loppは長期的に見れば、マイニングにおいて中国がいつまでも優位を保つわけではないと展望を述べた。

アジア圏以外で多くのマイニングチップの生産が開始され、安価な電力エネルギーを使用できる国々が産業インフラの面でも発展を続ければ、仮想通貨マイニング業者にとって魅力的な場所は中国以外にも登場するという。

現在、中国以外のマイニング場所として注目されているロケーションの一つはイランだ。

今年5月にロウハニ大統領が、仮想通貨マイニング産業に特化した国家戦略を策定するよう政府に命令、これまでに1千以上の仮想通貨通貨マイニングファームにライセンスを発行している。

2019年の同国エネルギー省の試算によれば、1BTCにつき約1400ドルの電力のみで採掘が可能であるという。イランでは、発電所にもマイニング業務を行う許可が出されたところだ。

関連:イラン当局、発電所のビットコインマイニングを認可

尚、ビットコイン調査企業BitOodaが公開したレポートでは、ビットコインマイニングの約50%が中国によるという見積もりが出ていた。中国ではマイニング関する情報はあまり公開されておらず、業者への匿名の聞き取りや、公開データの分析による推算だという。

このレポートでは、中国の次は米国が14%で、カナダ、カザフスタン、ロシア、イランの4カ国がいづれも7〜8%ほどのシェアを持っていると推定された。

関連:ビットコインの採掘シェア、中国は5割に留まるか

先に引用したケンブリッジ大学のグラフでも、順位は異なるものの、米国、ロシア、カザフスタン、イランがBTCマイニング量ランキングで上位に挙がっていることは共通している。

こうした中国以外の国々で、今後どれだけBTCマイニング産業が発展していくのか注目される。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧