2017年のParity流出に関連する一部のイーサリアムが数日前に移動

3年以上ぶりの移動

2017年に発生したParityハッキングに関連するウォレットから、流出した一部の暗号資産(仮想通貨)イーサリアムが移動していたことが確認された。送金が発生したのは、2020年12月27日だった。

ブロックチェーン技術企業Parity Technologiesは2017年7月、マルチシグウォレットの脆弱性が悪用され、計150,000 ETHが流出した。当時の相場では、約30億円に相当する。

流出後、150,000 ETHのうちの70,000 ETHは7つのアドレスに10,000 ETHずつ送金されていた。それ以降3年以上の間、流出したETHは動かされていなかったが、2020年12月27日に、300 ETHがrenBTC(イーサリアムブロックチェーン上のビットコイン)に換金されたことが確認された。

なお、「0x4de76b3dfd38292ba71cf2465ca3a1d526dcb567」のアドレスでは、9,229 ETHが残っていることがわかった。TheBlockのリサーチによると、ハッカーはその他のアドレスにあるETHを動かしていないという。

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

著者

The Block

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。