一部の機関投資家、ビットコイン暴落時の押し目買いに動く

機関投資家の動向は

ビットコインなど仮想通貨市場が暴落する中、一部のヘッジファンドやアセットマネージャーが押し目買いをしていたことがわかった。

ビットコインは19日に一時30,000ドルまで急落。その後大幅反発するなど、ボラティリティの高い相場展開が続く。

そのような状況にある中、CoinPostのメディアパートナーであるThe Blockは、機関投資家向けのプラットフォームFalconXやGenesis Global Trading、Wintermute(マーケットメイカー)などに取材。急落時の機関投資家の動向を調査した。

FalconX

トレーディングデスクFalconXの機関セール責任者Aya Kantorovich氏は、「伝統金融のアセットマネージャーは、FalconXのサービスを使って押し目買いしている」とコメント。

Genesis Global Trading

大手OTCサービスプロバイダーGenesis Global Tradingは、マクロファンドが35,000ドル台でビットコインを購入していたというノートをカウンターパーティーに送信。暴落の主因は「18日〜19日の続落はデリバティブ取引による清算連鎖」と説明した。

出典:Bybt

Bybtによると、過去24時間の強制清算規模は約8,000億円に上った。また、米大手銀のバンカメ(BofA)は18日時点で、「ビットコインのロングポジション」が再び記録的水準に達していると、複数の機関投資家への調査結果を公開した経緯がある。

Wintermute

また、一部のトレーダーはThe Blockの取材に対し、「オフショアのデリバティブトレーダーは40,000ドル台でショートガンマのポジション(ヘッジショート)を取っていた。このことがセルオフを加速させた」との見解を示した。

大手マーケットメイカーWintermuteのEvgeny Gaevoy CEOは「Deribitを利用するショートガンマのトレーダーがロングポジションを清算させ、連鎖的に相場を悪化させた」とコメントした。

この点については、QCP Capital(@QCPCapital)も17日9時時点で警鐘を鳴らしていた。

一方、DeribitのLuuk Strijers CCOは、大口のマーケットメイカーの多くはガンマスクイーズから影響を受けていないと説明したという。

関連プロが解説:ビットコインのオプション建玉から仮想通貨マーケットを読む

著者:菊谷ルイス
参考:ブルームバーグ , The Block

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します