CoinPostで今最も読まれています

米FRB理事がCBDCの取り組み強化を示唆、民間通貨の普及拡大に懸念

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CBDC支持派のFRB理事

米連邦準備制度理事会(FRB)のラエル・ブレイナード理事は24日、暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーン技術の国際会議、Consensus2021で講演し、FRBが中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する研究と公共の関与を強化していることを明らかにした。

同理事は、テクノロジーの進歩により米国の決済システムが劇的に変化している現状と、外国の金融当局が国際決済におけるCBDCの可能性を探求している状況を、その主な理由としてあげた。

中でも、ステーブルコインなどの「デジタル化された民間通貨」が米国の決済システムに導入されていることに懸念を表明している。

2014年に現職に就任したブレイナード理事は、2016年に規制当局が仮想通貨に関与すべきだと発言した人物で、CBDC研究に積極的な姿勢をとっていることで知られている。

ステーブルコインに物申す

同理事はCBDCを検討すべき要因のひとつとして、まずステーブルコインの役割が拡大していることをあげ、「法定通貨の地位をもたない」ステーブルコインは、消費者や企業をリスクにさらす恐れがあると持論を展開した。

ステーブルコインが広く普及した場合、新たな民間通貨を軸とした代替決済システムの基盤となる可能性があるが、民間通貨による決済は「家計や企業に負担をかけ、コストを上昇させる形で、米国の決済システムの一部を分断するリスクがある」とブレイナード氏は述べた。

さらに、民間通貨の普及は「ボラティリティや取り付け騒ぎのようなリスク」により、消費者保護や金融の安定性の面で、リスクをもたらす可能性があるという。同氏は、民間紙幣の発行が活発だった19世紀の例を上げ、結局はその非効率性や不正、不安定性から、政府が保証する統一された通貨が必要となったと主張した。

CBDCと国際決済

ブレイナード理事は、CBDCの「説得力のあるユースケース」として、国際送金などのクロスボーダー決済の例をとりあげた。デジタル化により仲介者の数が減るため、透明性を高め、コスト並びに時間を削減できると期待できるが、同時に国際的な基準の設定や不正行為防止などの面で、国際協調が欠かせないと述べた。

また、同氏は国際決済銀行(BIS)の決済・市場インフラ委員会やG7を通じて、常に海外のCBDC事情の把握に努め、国際的な取り組みに参加していることを明らかにし、次のように述べた。

「ドルが基軸通貨として重要な役割を果たしていることを鑑みると、CBDCに適用される国際基準の策定には、初めから関与していくことが重要だ」

このような発言の背景には、中国が一歩リードしているデジタル人民元の開発があると思われる。質疑応答で米国がCBDCへの移行時期を検討するのに、中国の影響があるのかと尋ねられると、ブレイナード理事は、中国には限定されないが、いかなる(CBDCを利用した)クロスボーダー決済でも「世界中に影響を及ぼす可能性がある」と答えた。

政策面で考慮すべき事項

ブレイナード理事は、CBDCの評価において検討すべき点として、次のような点をあげた。

  • 安全な中央銀行通貨への一般的なアクセスを維持する
  • 効率性の向上 ー 即時決済インフラの導入
  • 競争・多様性の促進と取引コストの削減
  • クロスボーダー決済
  • 通貨や銀行預金を補完する役割
  • 金融の安定性の維持と金融政策の伝達
  • プライバシーおよび金融システムの完全性の保護
  • 金融包摂の拡大

具体的な取り組みとしては、アトランタ連銀とクリーブランド連銀が、官民協力体制のもと、金融包摂に焦点をあてたCBDCの設計に関する研究を行っているという。また、技術面では、ボストン連銀がマサチューセッツ工科大学(MIT)と提携し、デジタル通貨プラットフォームの構築とテストに取り組んでいるとした。このプロジェクトのホワイトペーパーは、来四半期に発表されるとのことだ。

関連:ボストン連銀と米MIT、7月頃にデジタル・ドルの研究成果を発表へ

先週、パウエルFRB議長は、今夏にはデジタル通貨に関する討議資料を公開し、CBDCに対する決済、金融包摂、データ・プライバシー、情報の安全性などの疑問に関して、パブリックコメントを求めると発表した。

関連:米FRB、デジタル・ドルを検討するディスカッションペーパーを公開予定

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/29 水曜日
11:44
目先はイーサリアム優勢か、ETH/BTCは0.056まで続伸
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が69000ドル台、イーサリアム(ETH)は4000ドル手前で推移する。現物ETF(上場投資信託)承認の影響を受け、短期的にはイーサリアム優勢との見方が強い。
10:35
MocaverseとAnime Foundationが提携
アニモカ主導のプロジェクトMocaverseとAnime Foundationが提携。Anime Foundationはアニモカらと強力し、アニメファンをWeb3の世界へ引き込もうとしている。
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア