CoinPostで今最も読まれています

EOS:メインネット未実装にも関わらず1ヶ月半で約4倍に高騰、BCHを猛追

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

EOSの急成長
わずか1ヶ月半で約4倍まで急騰したEOSの価値が約1.8兆円まで到達、時価総額4位のビットコインキャッシュを猛追しています。「DPoS」のコンセンサスアルゴリズムを機能させた高速トランザクションなどが注目を集めるものの、メインネット未実装段階であるため懐疑的な見方もあります。
過大評価との指摘も
一方でEOSは、DPoSアルゴリズムなど注目すべき点がいくつかあるものの、未だメインネットが構築されていない仮想通貨としては過大評価されているという指摘も相次いでいます。

最近の仮想通貨市場では、わずか1ヶ月半で約4倍まで高騰したEOSに注目が集まっています。

出典:BITFINEX(EOSチャート)

現時点で「メインネット」が実装されていないプロジェクトにも関わらず急騰を続けており、2017年にテスラ社CEOのイーロン・マスク氏が携わるロケット打ち上げベンチャーとして暴騰した「SpaceX」をも超す勢いを見せています。

仮想通貨において投機的側面がトレンドとなっていますが、EOSの本質的な価値は現在の時価総額からはほど遠いのでは、という指摘もあります。

EOSの価格を押し上げる要因

大半の仮想通貨と同じように、誇大広告や投機的行動は必要不可欠なものとなっており、特にアルトコインと呼ばれる通貨に顕著に現れています。

ビットコインは、人々が望むように機能するため、未だ仮想通貨トップの地位を保っています。

完璧な解決策を提供している訳ではありませんが、9年間もの実績を備えているのです。しかし、その魅力とは対照的に、ビットコインも険しい道のりを歩んできました。

2017年2月以前、ビットコインは時価総額170億ドル(約1.8兆円)未満でした。

現在の仮想通貨市場規模からすると信じがたいことでですが、その大台に達するまで長い歳月がかかったのです。

一方でEOSは、わずか一年足らずで時価総額1.8兆円規模に達しています。力強さを感じると共に、実用性が追い付いておらず非現実的であるとも言えるでしょう。

価格上昇要因としては、4月15日時点にEOSホルダーを対象としたeosDACトークンのAirdrop(エアドロップ)に対応したことも影響していると考えられます。

ただし、”通貨の成熟性”という観点から見ると、時価総額ランキング上位に顔を揃える、ビットコインや、イーサリアム、ライトコイン、リップルには及びません。

CoinPostの関連記事

仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。

EOSにおける現時点での最大の進展は、テストネットの立ち上げです。

このことが”大きな布石”となったことは間違いないですが、あくまでテスト環境であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

現段階では、外部と繋がるEOSネットワークは存在しておらず、テストネットが満足いく水準に達するまで、メインネットは構築されないものと思われます。

順調に進めば、致命的なバグが発見されない限り、そう遠くないうちにメインネットは実現に漕ぎ着けるでしょう。

EOSの本質的な価値は

大半の仮想通貨同様、EOSは「投資したい」と思わせるだけの価値を持ちあわせています。

これは、マーケットメーカーやマーケットテイカー(買い手や売り手)によって決められる需給に基づいており、自由でオープンな市場であると言えるでしょう。

仮にユーザーが18ドル(約1900円)以上の資金を、実用性のない商品における関連トークンに支払うとしても、彼らの自由なのです。

「正しい・正しくない」に関わらず、そのプロジェクトの投機的側面について、人々が疑問視し始めるのは自然な流れであると言えるでしょう。

EOSのプロジェクトに興味深い点が複数あることは、間違いありません。

おそらく、より良いスケーラビリティを持ち、消費者の利便性に焦点を当てようとしているように見受けられ、「DPoS(Delegated Proof of Stake)アルゴリズム」も注目すべきポイントです。

ただし、現時点ではテストネット以外での使用はできず、EOSのユースケースやLiveアプリケーションについては、不足していると言わざるを得ません。

多くの投資家は、EOSの中央集権的な側面も見落としていると考えられます。

大半のハイテク企業より悪い状況ではありませんが、それでもブロック生成者は21人しか存在しておらず、一定の懸念が残る状況だと言えるでしょう。

ブロックチェーンとスマートコントラクトにおける競争の激化は望むべき事ですが、少なくともEOSの「メインネット」が公開されるまでは、時価総額の急騰が”誇張と期待”を完全に織り込んでいる状態に陥っているのではないかと思われます。

EOS is Valued Higher Than SpaceX Despite Not Launching Mainnet

Apr 30, 2018 by JP BUNTINX

参考記事はこちらから
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア