CoinPostで今最も読まれています

下値模索のビットコイン反発、XRPやETHなど上位アルトの上昇目立つ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン相場と金融マーケット

1日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコインは、前日比+5.57%の402万円(36,700ドル)と反発した。

足元ではレンジ内で推移しつつ保ち合いを形成しており、上下どちらに抜けるか注視される。

株と同様に「金融バブル崩壊論」も台頭する中、今年の強気トレンドを支え役割転換した上値抵抗線(①)と年初来安値27,678ドル=約300万円(②)の狭間に揺れる仮想通貨市場。強気筋と弱気筋の思惑が交錯しやすい価格帯と言えそうだ。

引き続き際どい情勢にあり、弱気トレンドが長期化すれば、1BTC=2万ドル以下水準も視野に入れる必要はある。一方、こと需給面においては、3年前の仮想通貨バブルよりも遥かに好転しており、単純比較はできないだろう。昨年5月の「半減期」を経て希少価値が大幅上昇したほか、規制当局による環境整備、2020年以降のDeFi(分散型金融)市場の成長や米大手上場企業及び機関投資家の相次ぐ参入によって市場構造は激変している。

2017〜2018年の相場は、個人投資家及びデリバティブ主体の未成熟な市場でICOバブルが過剰に膨らみ、そして弾けた経緯がある。

関連:Glassnode最高技術責任者が考察「BTC高騰の背景に市場供給量の枯渇」

個別銘柄の動向

ビットコインの反発に伴い、CMC時価総額2位のイーサリアムが前日比+16.5%と高騰。DeFi(分散型金融)銘柄も全面高の様相を呈した。

CMC時価総額10位のユニスワップ(UNI)が前日比15.1%の28ドルまで反発したほか、CMC時価総額40位のPancakeSwap (CAKE)が前日比+18%の18ドル、CMC時価総額26位のAAVEが前日比+21.4%の380ドルに。年初よりDeFi市場の恩恵を受けて躍進したバイナンスコイン(BNB)も、前日比+11.7%の350ドルまで上昇している。

主要銘柄では時価総額6位のXRP(リップル)が強めに切り返し、前日比+18.1%の1ドル水準を再び回復した。急落の反動による自律反発のほか、XRPの有価証券問題をめぐり、SEC(米証券取引委員会)と係争中の裁判で、Ripple社にポジティブな判断が下されたことが材料視されたものと思われる。

関連:【リップル裁判】裁判所が米SECの情報開示請求を却下

長期保有者の蓄積行動も

5月31日に掲載されたGlassnodeの週次レポートによれば、直近の市場環境にて、一部のビットコイン長期保有者(5ヶ月以上)の損益分岐点を下回り始めている。

出典:Glassnode

上図では、青のゾーンが長期保有者、赤のゾーンが短期保有者としてグルーピングされている。

「濃い青」は、2021年より前に購入・保有した投資家が含み益状態にあることを示しており、市場に供給された全ビットコインの内69%を占める大口投資家がメインだと想定される。

「薄い青」は、BTC供給の0.5%ほどのボリュームで、1月初旬にかけて購入した層に該当するが、含み損に転落し始めていることがわかる。

市場供給量の4.5%を占める短期保有者の分類では、利益を上げる「濃い赤」のグループはトレンド転換の影響で大幅に落ち込み、「薄い赤」は26%が含み損状態にあることを示した。

ビットコインの利益率を表すオンチェーン指標「Spent Output Profit Ratio(消費支出利益率)」を確認すると、現在の市場構造は、2020年3月のコロナ・ショックを上回る水準の損失額も目に留まる。

出典:Glassnode

採掘業者(マイナー)や長期保有者が急落時の押し目買いに動いた一方で、損失に耐えかねた短期保有者の「降伏」を示しているという。

出典:Glassnode

同指標は、BTC売却時の価格を購入時の価格で割って算出するもので、1.0を超えている場合は投資家の「利確」を、1.0を下回った場合は投資家が「損切り」していたことを意味する。

なお、CoinPost提携メディア「The Block」の統計データによれば、イーサリアム2.0のステーキングコントラクトに預け入れられた累積額が500万ETHを突破した。

出典:The Block

6月1日時点で、136億ドル(1.5兆円)に相当する520万ETHがデポジットされているが、特筆すべきは、4月中旬に相場が天井を打ち暴落した後で、むしろETHの流入ペースが加速している点だろう。

デポジットコントラクトとは、ETH2.0の心臓部にあたるビーコンチェーン上で、ステーキングを行うための契約機能である。「32ETH」を預け入れ、バリデータノードを運用することで報酬を得ることができる仕組みにより、インカムゲインを目的とした長期保有インセンティブが働きやすい。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
日本の伝統文化「熊手」とNFTを融合、XYZAが新プロジェクトを発足
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧