週刊仮想通貨ニュース|ブルームバーグのBTC価格レポートに高い関心、イーロン・マスク発言が市場に影響

今週のニュース

一週間(5/30~6/5)のニュースを中心にまとめてお届けする。

今週は、ビットコインの将来的な価格について、レポートの内容を扱った記事に注目が集まった。

仮想通貨市場では、再びイーロン・マスク氏のビットコイン関連の意図の不明な発言によって、ビットコイン価格が一時下落するなどの影響が出た。

このほか、国内取引所のコインチェックが、IEOを今夏実施すると発表している。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:ブルームバーグ・ストラテジスト「ビットコイン年内10万ドルの可能性と、イーサリアムの将来性について」(6/4)

ブルームバーグのストラテジスト、Mike McGlone氏は2日、月次のレポートを発表。ビットコイン(BTC)価格の見通しや、イーサリアム(ETH)の分析などを公開した。(記事はこちら

2位:【リップル裁判】裁判所が米SECの情報開示請求を却下(5/31)

暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)の有価証券問題をめぐる裁判で、裁判所が米証券取引委員会(SEC)がリップル社に求めていた情報開示請求を却下したことが分かった。 (記事はこちら

3位:金融庁、仮想通貨取引所Bybitを警告(5/28)

金融庁は28日、日本国居住者を相手方として、無登録で暗号資産交換業を行う者として海外業者「Bybit Fintech Limited」に対し警告を行なった。 (記事はこちら

相場ニュースランキング

1位:イーロン・マスクのネガティブな示唆、揺さぶられるビットコイン市場(6/4)

ビットコインはペナント上抜けするも足踏みしている。4日午前には、​テスラ社のイーロン・マスクCEOがビットコインからの心離れを示唆するツイートを行ったことで相場に影響を及ぼした。(記事はこちら

2位:ビットコイン暴落前後をデータから読む、その時仮想通貨投資家は?(5/30)

下落基調が続いた5月第4週の仮想通貨市場。だが相場の低迷とは裏腹に、ビット​コインのアップグレード案Taprootの賛同率や取引所の出来高など、オンチェーンデータからはポジティブな傾向が多数確認された。(記事はこちら

3位:ビットコインなど仮想通貨市場は弱含み、大型アップデートのカルダノ(ADA)に関心(5/31)

3万ドル上で軟調に推移するビットコインを筆頭に、全体が弱含む中、​大型アップデートで思惑の集まるカルダノ(ADA)が時価総額4位に浮上した。(記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

リップル社CEOら、オフショア仮想通貨取引所15社に書類協力要請──証券法違反への反論で(6/3)

XRP(リップル)の有価証券問題をめぐる裁判で、リップル社のGarlinghouse CEOと共同創設者のChris Larsen氏はSECの証券法違反の主張に対して、新たなリーガルアクションを取っていることがわかった。(記事はこちら

コインチェック、国内初のIEOを今夏実施へ(5/31)

取引所を運営するコインチェックは31日、国内初となるIEO「Coincheck IEO」の実施を2021年夏に行う予定であることを発表した。 (記事はこちら

米バイデン政権、仮想通貨取引の報告義務について新たな提案を発表(5/29)

米バイデン政権は仮想通貨の取引や送金に関する当局への報告義務について、2​つの提案を発表。その詳細が明らかになった。(記事はこちら

仮想通貨暴落時、「クジラ」がビットコインを買い漁る:データ(5/28)

5月19日〜20日暗号資産相場が暴落した際、クジラ(大口投資家)はビットコイン(BTC)を買い漁っていたことを示すChainalysisのレポートが公開された。(記事はこちら

グーグル、仮想通貨広告でポジティブな新方針発表(6/3)

グーグルは仮想通貨関連で新たな広告方針を発表し、条件を満たした取引所及びウォレットの宣伝については受入れの方向だ。(記事はこちら

著者:t.tenporin

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します