米IRS、仮想通貨の課税能力強化を目的に2022年度予算増額を求める

仮想通貨の課税強化に35億円

米内国歳入庁(IRS)が、煩雑化する暗号資産(仮想通貨)の課税プロセスを整備・強化するため、2022年の会計年度で約3,200万ドル(約35億円)を要求していることが分かった。

連邦税に関する執行・徴収を司るIRSは、仮想通貨とサイバー犯罪に特化した執行予算の拡大を求めており、特に外部の専門家からサポートを得ることに大きな重点を置いている。

IRSは、2022年会計年度に合計132億ドル(約1.4兆円)を要求しており、これは2021年会計年度と比較して12億ドル(約1,300億円)の増加。IRSの2022年度の予算計画書には、仮想通貨取締りを強化するための具体的な方法が記載されている。

予算の内訳

仮想通貨やサイバー捜査部門が求める約3,200万ドルの用途としては、IT専門家の報酬や、仮想通貨・ブロックチェーン分析などに使うハードウェアやソフトウェア、また請負業者への報酬を挙げた。特に請負業者への予算は2,300万ドル(約25億円)と大きな割合を占める。

予算は、仮想通貨の税務コンプライアンス強化のための「One-IRS アプローチ」を確立するためにも使用される予定だ。これは、担当部門が、IRSの他の部署と提携して、不正な金融活動パターンの識別や監視を行うことを可能にする。

さらにIRSは請負業者を雇用して、仮想通貨に関連する税金の不履行や違法行為に関する手がかりを積極的に収集。これらの業者は、IRS内に戦略的に配置され、トレーニングを受けたり専門知識を学ぶ機会が得られるという。

計画書によると、請負業者の業務範囲を拡大していき、毎年予算投資に対するパフォーマンスを評価して、契約を継続するかどうか決定する見込みだ。

その他に予算は「STRIKES」という名前の仮想通貨・ブロックチェーン分析システムを構築することにも使われる。これは既存製品の長所を組み合わせることで機能強化するシステムで、IRSの他の部署でも活用が期待されるものだ。

また分析業務、サイバー犯罪、捜査サポート、コンサルティングなどについて民間の専門家に支援を求める際にも予算が活用される。

バイデン政権の意向

IRSの仮想通貨関連の予算増額は、米国政府の全体的な意向にも沿うものだ。バイデン政権は、仮想通貨課税への取り組みを、タックスギャップ(政府に支払われるべき税金と実際に支払われた納税額の差。後者の方が少ないことが問題になっている)を埋めるという広い文脈に位置付けている。

4月にIRSのCharles Rettig長官は、仮想通貨の報告義務を強化することもタックスギャップ解消の大きな助けになると述べていた。

これに関しては、Rob Portman上院議員も「税務において仮想通貨を定義し、適切な報告ルールを提供するための法案」を構想中だと明らかにしている。この法案は4月時点でまだ構想の初期段階だった。現在もまだ具体的な動きは報告されていない。

関連米IRS長官が仮想通貨に言及、新法案で申告漏れ対策を模索

報告様式統一も検討

IRSは、仮想通貨仲介業者に対して、税務報告の統一された枠組みを設けることも考慮している。計画書は、金融機関の口座に対するものと同様の報告要件が仮想通貨取引所やカストディアンにも適用できると述べた。

仮想通貨の購入コストを記録して損益を算出する報告様式1099Bが採用されるものとして有力候補だという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します