CoinPostで今最も読まれています

「正規NFTを判別可能に」JCBIがウォレット・コントラクトアドレスの認定事業開始

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ウォレット・コントラクトアドレスの認定事業

ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(JCBI)は26日、一般社団法人となり、コンテンツ企業向けのウォレット・コントラクトアドレスの認定事業を開始したことを発表した。

JCBIは、ブロックチェーン技術を活用した共同運営型のプラットフォームにより、日本のメディア・コンテンツ業界のデジタルトランスフォーメーションを促進するための企業連合。2020年2月に7社共同で任意団体として発足以降、様々な業界の企業が参加。現在では、朝日新聞、エイベックス・テクノロジーズ、電通など大手企業を含めた23社が名を連ねている。

認定事業開始の背景と概要

JCBIは、ウォレット・コントラクトアドレスの認定事業開始の背景について、以下のように説明している。

新たなサービスが生まれる一方で、発行主体が不明確なNFTが法外な値段で消費者に販売されたり、発行主体が権利処理を怠り著作権を侵害している違法なNFTが消費者に販売されるなど、発行されたNFTの信頼性を消費者が確認できないことによる消費者被害について懸念されています。

そこで、一般社団法人JCBIは、コンテンツ業界の業界団体として公益に資する事業とし、本日より、日本のコンテンツ企業の正規のウォレットアドレスとコントラクトアドレス(Ethereumを含むすべてのブロックチェーンプラットフォームを対象に)を認定して、広く情報公開するサービスを提供する事業を開始しました。

同事業では、JCBIがNFT(非代替性トークン)を発行する自社のウォレット・コントラクトアドレスを利用者に情報公開したいコンテンツ企業を認定審査する。

企業が審査を受けるためには、まず認定申請情報(ウォレット・コントラクト関連情報など)を提出し、JCBIに所定の審査料を支払う必要がある。認定されると、JCBIの公式サイトの情報公開ページで認定された企業の正規のウォレット・コントラクトアドレスが公示されるという仕組みだ。

今後は、JCBI正規ウォレット・コントラクト認定パートナーとなったNFTマーケットプレイスを提供する事業者に、認定を受けたコンテンツ企業の正規のウォレット・コントラクトアドレスの情報をJCBIから提供し、NFTマーケットプレイス内の当該コンテンツ企業のNFTの販売ページに、JCBI認定マークを表示する情報連携を進めていくと説明。

これにより、利用者がNFTマーケットプレイスでJCBI認定マークを確認し、特定のコンテンツ企業の正規品のNFTを判別できるようにするという。

2021年10月時点で、以下の国内NFTマーケットプレイスを提供する事業者が、JCBI正規ウォレット・コントラクト認定パートナーとなっている。

  • コインチェック株式会社:Coincheck NFT
  • CryptoGames株式会社:NFTStudio
  • FORO株式会社(UUUMグループ会社):HABET

認定各社のNFTマーケットプレイスについて

JCBI正規ウォレット・コントラクト認定パートナーとなった3社はそれぞれ独自の機能を持つNFTマーケットプレイスを提供している。

暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックを運営するコインチェック社は3月、「Coincheck NFT(β版)」をローンチ。オフチェーンで取引されるためネットワーク手数料(ガス代)が発生せず、ウォレットの「MetaMask(メタマスク)」からNFTを入庫したり、対応ウォレットにNFTを出庫したりすることも可能であることなどを特徴とする。

「クリプトスペルズ」「The Sandbox」「Sorare」といったブロックチェーンゲームと提携しており、それぞれのゲーム内で使用できるNFT取り扱っている。コインチェックの口座を持っている人であれば誰でも使用可能。

関連:仮想通貨取引所コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント

関連:コインチェックNFTβで取引を行うには?特徴や取り扱い商品の解説

CryptoGames社は4月、事業者が容易にNFTプラットフォーム「NFTStudio OEM」を提供開始。イラストレーターやアーティストが自らのNFTアートをブロックチェーン上に発行できるだけでなく、事業者が容易にカスタマイズNFTショップを構築できるサービスだ。

使用するブロックチェーン・認証システム・決済・販売方法・機能など様々な項目が用意されているため、顧客のニーズに合わせて柔軟にカスタマイズされたNFTショップを構築することができる。

関連:CryptoGames社、NFTショップ構築サービス「NFTStudio OEM」を提供開始

東証マザーズに上場する日本最大のYouTuberマネジメント事務所UUUM株式会社傘下のFORO社は8月、デジタルトレーディングカードのNFTマーケットプレイス「HABET(ハビット)」ベータ版を提供開始。

HABETでは人物やキャラクター、アート作品等のデジタルトレーディングカードの形でNFTを発行・売買でき、カードには映像や音声といった情報も付加して楽しむことができる。YouTuberやその他インフルエンサーによる出品・売買実績がある。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。
12:35
著名投資家ピーター・ブラントが痛烈批判、ゲンスラーSEC委員長の能力に疑問を呈す
著名投資家ピーター・ブラント氏は米SECのゲンスラー委員長を批判した。MFグローバル破綻などに関する過去の疑惑を引いて信頼性に疑問を呈した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧