テスラ社のイーロン・マスクCEO、TIMEの「今年の顔」に選出

「今年最も話題になった人物」

米老舗ニュースマガジン「TIME」誌は13日、2021年の「パーソンオブザイヤー(今年の顔)」にEV(電気自動車)最大手テスラ社のイーロン・マスクCEOを選出したことを発表した。

日本人からもノミネート候補として大リーグでMVPに選出された二刀流の大谷選手や、テニス界の大坂なおみ選手らも名が挙がったが、名だたる著名人を抑え、SNSでも異様の存在感を放った南アフリカ出身の起業家であるマスク氏が選出された。

TIMEはマスク氏を天才やビジョナリー、実業家、ショーマンなどと形容。歴史上の偉人であるトーマス・エジソン、P.T.バーナム、アンドリュー・カーネギーらに擬えた。

マスク氏はEV業界の3分の2を占めるテスラ社の創業者。同氏の総資産額は2,500億ドル(約280兆円)にのぼり、理論上は一般市民としては最も裕福な個人となる。

また、スペースXでは米NASAと連携して火星探索を目指すほか、ロボット工学や太陽光発電、暗号資産(仮想通貨)など多岐な分野への関心を持つ。

マスク氏と仮想通貨

マスク氏が仮想通貨に最初に関心を示したのは20年12月。マスク氏がビットコインに「誘惑」されていることを示唆するツイートを投稿した。

米上場企業として初めてビットコイン(BTC)をバランスシート(会社資産)に組み入れたマイクロストラテジー社のマイケル・セイラーCEOも投稿に反応し、テスラ社もBTC保有をすべきだと提案する一面があった。

その後、マスク氏は21年1月下旬にツイッターのプロフィールに「#bitcoin」を追加。変更した直後にビットコイン価格が急騰した。翌週にはテスラ社が総額15億ドル(1600億円)相当のビットコインを購入した事が正式に判明し、仮想通貨業界を問わず、大きく注目を集める事例となった。

大手企業の時価総額ランキングでも上位を占めるテスラ社がビットコイン保有を明らかにしたことで、ビットコイン価格は当時の過去最高値だった45,000ドルを更新していた。

関連:ビットコイン高騰で過去最高値更新、テスラ社のBTC購入報道受け

また、3月にはテスラ車の購入の際にビットコイン決済の対応を一時表明したものの、5月にはBTCマイニングにおける「化石燃料の使用」など環境面の悪影響を懸念視して決済停止を発表。

ビットコインを筆頭としたPoW系銘柄の採掘業者が国連などが掲げるSDGs(持続可能な開発目標)に含まれている二酸化炭素(Co2)排出量の項目に反しているとして、21年前半には業界外からの反発が高まった時期がある。

関連:ビットコイン高騰でマイニング(採掘)の環境問題が再浮上、今後の課題は?

PoWとは

PoW(プルーフオブワーク)とは、コンピューターで計算(マイニング)を行うことによって、ブロックを新たに承認・生成するコンセンサス(合意形成)アルゴリズムの総称。代表例ではビットコインやモネロ(XMR)などがある。

▶️仮想通貨用語集

なお、7月にツイッター社の元CEOだったジャック・ドーシー氏らとイベントに登壇した際には、自身がビットコインとイーサリアム(ETH)、ドージコイン(DOGE)を保有していることを明らかにした。また、テスラ社以外にも、スペースXがビットコインをバランスシートに組み入れたことを発表している。

関連:イーロン・マスク氏、自身のイーサリアム保有とSpaceXのビットコイン保有明かす

仮想通貨業界では、過去に大手取引所バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(通称、CZ)も2020年には、大手メディアのブルームバーグの「Bloomberg 50」に選出されたことがある。また、FTXのSam Bankman-Fried CEOなどを筆頭とした仮想通貨事業を手がける計6名が米国の長者番付に名を連ねた。

関連:フォーブスの米国長者番付、仮想通貨起業家6人が新加入 FTXのサム氏など

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します