米Valkyrieの仮想通貨業界関連ETF、ナスダックに上場

ナスダックに上場

米資産管理企業のValkyrie社は15日、新たな暗号資産(仮想通貨)業界関連のETFをナスダックに上場させたことがわかった。

上場したのはビットコイン(BTC)を会社の資産として保有する企業のパフォーマンスを追う「Valkyrie US Innovative Balance Sheet ETF(ティッカー:VBB)」という上場投資信託で、マイクロストラテジーやテスラ、ブロック(旧スクエア)などの企業の株式に投資する。Valkyrieが11月に申請書をSECに提出していた。

VBBに類似するETFはほかにもあった。米大手資産管理会社Invescoが提供する「Invesco Alerian Galaxy Crypto Economy ETF」や、資産管理会社Volt Equityが提供する「Volt Bitcoin Revolution ETF」はその一例だ。

Valkyrieは10月に米国の2例目としてビットコイン先物ETFをローンチした企業だ。現物ビットコインETFが承認されない中で、ビットコイン先物ETFはプロクシとして利用されている。同社のSteve McClurg CIOはCoinDeskの取材で、「先物は主にヘッジファンドやモメンタムトレーダーに利用されているが、今回のようなETFは構造上、一般投資家に好まれるだろう」とコメントした。

関連米国初の「ビットコイン先物ETF」上場で今後の影響は|先物のプロが解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します