CoinPostで今最も読まれています

米マスターカード、イーサリアム開発企業ConsenSysと協業

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアム開発企業と協業

米決済大手マスターカードは、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のソフトウェア企業ConsenSysと協業していることが分かった。

ConsenSysがマスターカードの専門技術を活用し、「ConsenSys Rollups」というスケーリングソリューションを開発。イーサリアムのメインネットやプライベートネットワークにおける処理能力とプライバシー機能を向上させることが目的だ。

両社の関係については今年4月、ConsenSysが6,500万ドル(約70億円)の資金調達を行なった際に、マスターカードも出資に参加したことが発表されている。その時に調達した資金で、イーサリアムネットワーク上のDeFi(分散型金融)とWeb3(分散型ウェブ)、また企業向けのブロックチェーンインフラの開発を進め、従来の金融サービスとの融合を加速させると説明していた。

関連イーサリアム開発企業ConsenSys、マスターカードやJPモルガン等から資金調達

ConsenSysは今回の公式発表で、イーサリアムのネットワークはDeFiやNFT(非代替性トークン)、ゲーム、Web3.0、メタバース(仮想空間)といった領域で利用が急増したと説明。イーサリアムのアドレス数は1.7億超に達して今までで最も利用が増えており、1日に何万という数の新規アドレスが追加されているとした。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

そして「この状況は、処理能力やプライバシーを強化するソリューションの必要性を示唆している」と指摘。特にプライベートネットワークでの利用では、処理能力に加え、プライバシー機能も重要視される。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使ってゲームや音楽のライブ、オンラインカンファレンスに参加できるなど、様々な領域で活用が期待されている。

▶️仮想通貨用語集

ConsenSysはConsenSys Rollupsについて、ユースケースの例として以下のような内容を挙げた。

  • 中央銀行デジタル通貨(CBDC)の送金
  • DEX(分散型取引所)やNFT電子市場
  • 少額決済
  • プライベートな送金と納税

関連中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

マスターカードでデジタル資産・ブロックチェーン関連部門の幹部を務めるRaj Dhamodharan氏は今回の協業について、以下のようにコメントしている。

 

我々は、ブロックチェーンが実世界に存在する問題を解決するのに役立つと信じている。一方で、ブロックチェーンの活用には、プライバシー機能と処理能力で消費者を守ることが不可欠だ。

 

ConsenSysとの協業は、我々にとって重要なステップになるだろう。

ConsenSys Rollupsについて

ConsenSys Rollupsは、上述したユースケースからも分かるように、許可型のアプリケーション向けのソフトウェアソリューション。処理能力とプライバシーの向上に特化しており、イーサリアムの仮想マシン(EVM)と互換性のあるブロックチェーンで利用できる。

イーサリアムのメインネットはもちろんだが、イーサリアムを基盤にした事業向けネットワーク「ConsenSys Quorum」でも使えるという。

今回の発表では、ConsenSys Rollupsを利用したプライベートチェーンで現在、1秒間に処理できる取引数(TPS)が1万まで達していると説明。ConsenSys Rollupsを使わないプライベートチェーンだと300TPS、イーサリアムのメインネットは15TPSであると述べている。

処理能力とプライバシーを向上させるために利用されるのは「ゼロ知識証明」という暗号技術。ゼロ知識証明を理解するには、数学や暗号理論の知識が必要となるが、概念としては「相手に根拠を開示しなくても(=ゼロ知識)、主張の正当性を証明できる技術のこと」である。

例えば、ゼロ知識証明を活用することで、送金者、受取人、送金額などの取引内容を第三者に明かすことなく、その取引が不正でないことを証明することが可能だ。

このような特性から、最初はプライバシー技術として注目されたが、最近ではブロックチェーンの処理能力を高める技術としても活用されている。「ゼロ知識証明は、特定のブロックチェーンの外部で処理を行ない、その過程を提示しなくても、その処理が正しく実行されたことを証明できる」というように応用。これによって、ネットワークの取引を分散させ、処理能力を向上させる仕組みだ。

ConsenSysは今回、ゼロ知識証明を活用したソリューションはプログラムによって応用が可能なため、新しい機能を追加していくことや処理能力をさらに高めることもできるとした。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/30 木曜日
17:51
メジャーSQ前のビットコインデリバティブ相場をプロが分析|寄稿:仮想NISHI
メジャーSQを前にCFTCによるバイナンス提訴を受け一時急落したビットコイン(BTC)デリバティブ市場を金融のプロが分析。暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が市場動向を解説。
17:28
国内IEOで関心集める「Nippon Idol Token(NIDT)」とは、秋元康が次世代アイドルをプロデュース
国内4例目のIEO「Nippon Idol Token」について詳しく解説。秋元康氏が総合プロデューサーとして関わる次世代のアイドルグループ創造プロジェクトとして、メタバース及びブロックチェーン技術を用いて活動を推進する。
17:17
秋元康プロデュースの「IDOL3.0 PROJECT」が始動、仮想通貨のIEOで資金調達へ
株式会社オーバースはリアルとバーチャル(メタバース)世界を行き来する新アイドルグループ『IDOL3.0 PROJECT』の詳細を発表した。秋元康プロデュースで、暗号資産(仮想通貨)IEOで資金調達を行う。
16:17
Trader Joe、ARBの流動性インセンティブプログラムを開始
仮想通貨の分散型取引所Trader Joe v2は、流動性インセンティブ・プログラムの導入後に主要指標が好転している。主な要因は3月23日にリリースされたアービトラム(ARB)の預入の増加だ。
13:50
米FDIC、シグネチャー銀行の仮想通貨企業預金5,300億円相当を返還へ
連邦預金保険公社理事会のMartin Gruenberg会長は米下院の公聴会で、経営破綻したシグネチャー銀行の仮想通貨預金5,300億円相当が、4月初旬までに預金者へ返還される予定だと証言した。
12:48
NECがアニモカらWeb3企業とMoU締結
NECは、香港のweb3大手企業アニモカブランズや仮想通貨ウォレットプロバイダーGryfyn Holdings Limitedとの提携を発表した。ゲーム・コンテンツ等エンターテインメントを中心に、web3領域におけるデジタルウォレット市場の創出・拡大を目的に協業する。
12:10
ビットコイン年初来高値を更新、XRPは一時76.7円まで大幅続伸
銀行の金融不安が強まる中、暗号資産(仮想通貨)相場は好調な推移をたどる。ビットコインは年初来高値を更新して29000ドルに達し、SECと裁判中のXRP(リップル)に思惑買いが集まり、一時76.7円まで高騰した。
12:02
イーロン・マスクや研究者、AIモデル開発の一時停止を要請
AI言語モデル「GPT-4」よりも強力なAIシステムの開発を6カ月間休止するよう求めるオンライン署名運動が立ち上がった。イーロン・マスク氏やスティーブ・ウォズニアック氏を含む、著名な技術者、学者、研究者等の署名が集まっている。
11:40
アプトス基盤の分散型オーダーブック「Econia Labs」、約9億円調達
仮想通貨関連スタートアップのEconia Labsは、シードラウンドで約9億円を資金調達したと発表した。同社はアプトス上で分散型オーダーブックを提供している。
11:00
バイナンス、中国拠点について不正確に説明か=報道
仮想通貨取引所バイナンスは複数年にわたり、中国拠点での活動を公表情報よりも広く行っていたと伝えられる。米CFTCは、法的遵守を行っていなかったとしてバイナンスを提訴したところだ。
10:05
米SEC委員長、議会証言で仮想通貨に言及
米SECのゲンスラー委員長は、米下院歳出小委員会の証言で仮想通貨に言及。仮想通貨業界のコンプライアンス対応が不十分であると述べ、証券法適用に関する質問にも回答している。
08:10
bitFlyer、シバイヌとパレットトークン新規取り扱いを開始
bitFlyerはLightning FXの現物決済(現引・現渡)サービスを4月28日に終了する予定。シバイヌ(SHIB)とパレットトークン(PLT)の新規取り扱いを開始した。
07:35
SEC、仮想通貨取引所Beaxyらを提訴
米SECは、仮想通貨取引所Beaxyや幹部らを告訴。Beaxyはすでにサービス終了を発表した。SECは告訴の理由について説明している。
03/29 水曜日
16:36
日銀黒田総裁、フィンサム2023の挨拶で「シン個人」のための決済システムに言及
日本銀行の黒田東彦総裁は、CBDCについて「今後実現していかなければならないし、実現していく」との見解を示した。具体的なCBDCの実装時期や手段について、あらゆる選択肢を準備しておくことが「中央銀行の責務」だと語った。
13:29
Lido、イーサリアム出金量管理にNFTを活用
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、仮想通貨イーサリアムの出金プロセスで、NFTを活用する計画を明らかにした。取得したNFTは転送できるため、ETHステーキング報酬の請求権が譲渡・売買可能になる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア