米マスターカード、イーサリアム開発企業ConsenSysと協業

イーサリアム開発企業と協業

米決済大手マスターカードは、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のソフトウェア企業ConsenSysと協業していることが分かった。

ConsenSysがマスターカードの専門技術を活用し、「ConsenSys Rollups」というスケーリングソリューションを開発。イーサリアムのメインネットやプライベートネットワークにおける処理能力とプライバシー機能を向上させることが目的だ。

両社の関係については今年4月、ConsenSysが6,500万ドル(約70億円)の資金調達を行なった際に、マスターカードも出資に参加したことが発表されている。その時に調達した資金で、イーサリアムネットワーク上のDeFi(分散型金融)とWeb3(分散型ウェブ)、また企業向けのブロックチェーンインフラの開発を進め、従来の金融サービスとの融合を加速させると説明していた。

関連イーサリアム開発企業ConsenSys、マスターカードやJPモルガン等から資金調達

ConsenSysは今回の公式発表で、イーサリアムのネットワークはDeFiやNFT(非代替性トークン)、ゲーム、Web3.0、メタバース(仮想空間)といった領域で利用が急増したと説明。イーサリアムのアドレス数は1.7億超に達して今までで最も利用が増えており、1日に何万という数の新規アドレスが追加されているとした。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

そして「この状況は、処理能力やプライバシーを強化するソリューションの必要性を示唆している」と指摘。特にプライベートネットワークでの利用では、処理能力に加え、プライバシー機能も重要視される。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使ってゲームや音楽のライブ、オンラインカンファレンスに参加できるなど、様々な領域で活用が期待されている。

▶️仮想通貨用語集

ConsenSysはConsenSys Rollupsについて、ユースケースの例として以下のような内容を挙げた。

  • 中央銀行デジタル通貨(CBDC)の送金
  • DEX(分散型取引所)やNFT電子市場
  • 少額決済
  • プライベートな送金と納税

関連中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

マスターカードでデジタル資産・ブロックチェーン関連部門の幹部を務めるRaj Dhamodharan氏は今回の協業について、以下のようにコメントしている。

 

我々は、ブロックチェーンが実世界に存在する問題を解決するのに役立つと信じている。一方で、ブロックチェーンの活用には、プライバシー機能と処理能力で消費者を守ることが不可欠だ。

 

ConsenSysとの協業は、我々にとって重要なステップになるだろう。

ConsenSys Rollupsについて

ConsenSys Rollupsは、上述したユースケースからも分かるように、許可型のアプリケーション向けのソフトウェアソリューション。処理能力とプライバシーの向上に特化しており、イーサリアムの仮想マシン(EVM)と互換性のあるブロックチェーンで利用できる。

イーサリアムのメインネットはもちろんだが、イーサリアムを基盤にした事業向けネットワーク「ConsenSys Quorum」でも使えるという。

今回の発表では、ConsenSys Rollupsを利用したプライベートチェーンで現在、1秒間に処理できる取引数(TPS)が1万まで達していると説明。ConsenSys Rollupsを使わないプライベートチェーンだと300TPS、イーサリアムのメインネットは15TPSであると述べている。

処理能力とプライバシーを向上させるために利用されるのは「ゼロ知識証明」という暗号技術。ゼロ知識証明を理解するには、数学や暗号理論の知識が必要となるが、概念としては「相手に根拠を開示しなくても(=ゼロ知識)、主張の正当性を証明できる技術のこと」である。

例えば、ゼロ知識証明を活用することで、送金者、受取人、送金額などの取引内容を第三者に明かすことなく、その取引が不正でないことを証明することが可能だ。

このような特性から、最初はプライバシー技術として注目されたが、最近ではブロックチェーンの処理能力を高める技術としても活用されている。「ゼロ知識証明は、特定のブロックチェーンの外部で処理を行ない、その過程を提示しなくても、その処理が正しく実行されたことを証明できる」というように応用。これによって、ネットワークの取引を分散させ、処理能力を向上させる仕組みだ。

ConsenSysは今回、ゼロ知識証明を活用したソリューションはプログラムによって応用が可能なため、新しい機能を追加していくことや処理能力をさらに高めることもできるとした。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します