FTX、メタバース系銘柄が初上場予定

Realy Metaverse(REAL)上場へ

大手グローバル暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは新たに、1つのメタバース系銘柄の初上場予定を発表した。

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

上場対象はRealy Metaverse(REAL)という銘柄で、日本時間23日23時に取引を開始する予定だ。取引ペアはREAL/USDで、現物取引のみになる。また、FTXへの上場はREALの初めての取引所上場だ。

Realy Metaverseはソラナ(SOL)基盤初の「live-to-earn(生活して稼ぐ)」仮想空間で、ゲームエンジンのアンリアルエンジンを利用した3Dのバーチャルシティ内でアバターを使って様々なアクティビティを行うことができるという。

Realy Metaverseの初期投資家には、Three Arrows CapitalやMulticoin Capital、Alameda Research(FTXの親企業)、OKEx Blockdream Venturesなどの有名ベンチャーキャピタルが含まれている。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

関連FTX、2つのNFTゲーム銘柄が初上場予定

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します