ビットコイン急落、相場の先行きを占うFOMCの展望は 仮想通貨・週次市況(bitbank寄稿)

今週(15日〜21日)の仮想通貨相場

これまで500万円前後を推移してきたビットコインは、今週に大幅な急落を見せた。450万円台にまで値崩れしている。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧

21日の終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。

週間騰落率

月初来騰落率

月間騰落率

年初来騰落率

年間騰落率

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)

(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照、各銘柄の価格はTradingviewを参照)

15日〜21日のBTCチャート

Tradingview

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

15日〜21日レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は480万円を巡り方向感に欠ける展開の後、急落を演じ21日正午時点で、450万円台中盤で推移している。

週末の相場は1時間足の200本移動平均線にサポートされ、490万円を維持していたが、週明けは米市場が休場で手掛かりに欠けるの中、ジリ安に転じた。18日には、Crypto.comがハッキング被害に見舞われETHが不正流出したと報じられ、相場は480万円を割り込むも、Intelが2月にマイニングASICをリリースすると伝わると、同200本移動平均線付近まで戻した。

一方、相場は戻り順調とはならず、19日に日経が軟調となるとBTCは前日の上げ幅を掻き消し、EU規制当局がPoWマイニング禁止を求めたことも相場の重石となり、470万円近辺まで下落した。

その後は、ハッシュレートが順調に推移する中で相場も底堅さを発揮し480万円水準を維持し、Googleのブロックチェーン部門設立や、20日のフィラデルフィア連銀製造業景気指数の上振れで株価の反発期待が生まれ、相場は490万円を回復する場面もあったが、19日にナスダック指数が高値から10%下落し調整局面に入ったことが材料視され、株価の下落に拍車が掛かると、BTCは連れ安とり急反落。足元では対ドルで心理的節目の4万ドルをも割り込んでいる。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)まで4万ドル水準は死守すると見ていたが、ナスダックの調整局面入りがBTC相場の4万ドル維持にとどめを刺した格好だ。ただ、心理的節目を割り込んでも相場が下げ足を速める様子は現状確認されず、中途半端な値動きとも言える。FOMCを前に楽観している訳ではないが、テクニカル的にはRSIも30%を割り込んでおり、押し目買いが入り短期で綾戻しとなってもおかしくない。

注目のFOMCだが、米国債利回りのフラット化や株価の下落から鑑みるに、市場は再びタカ派的なサプライズが出ることを相応に警戒していると指摘される。現状では、四半期ごとに0.25bpの利上げが想定されるが、3月に0.50bpの利上げが決定される可能性もあり、今回の会合での一つの大きな焦点となろう。

12月のFOMC会合で金融引き締め方針に傾いたが、市場はこうした結果を織り込んでいたことからBTC相場には買い戻しが入った。今回も想定以上の引き締めペースの加速がなければ、相場が更に安値を切り下げる展開を避けられると見ている。

今回の会合では、この先の利上げペースや量的引き締め(QT)開始時期のヒントが出る公算も高く、相場の先行きを想定する上で今年最も重要なイベントの一つとなろう。

チャート的には、月足一目均衡表の基準線(36,429ドル≒414.5万円)を終値ベースで守れるか否かに注目している。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:ビットコイン値固めのフェーズか、マイナー利確の動きが出始め警戒も

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します