「DeFi経由の資金洗浄が増加」=チェイナリシス報告

仮想通貨を用いた金融犯罪についてのレポート

ブロックチェーン分析企業チェイナリシスは26日、暗号資産(仮想通貨)を使った金融犯罪についてのレポートを発表。仮想通貨を用いたマネーロンダリングは2021年に前年比30%増加しており、特にDeFi経由のものが急増しているという。

DeFi(分散型金融)とは

ブロックチェーンを活用し、中央管理者不在の状態で行われる金融サービス、またはそのシステムを指す。「Decentralized Finance」の略。DeFiで行われる金融サービスには、ステーブルコインの発行や通貨の貸出、仮想通貨取引所などがある。イーサリアムのブロックチェーンを利用しているプラットフォームが多い。

▶️仮想通貨用語集

レポートによると、仮想通貨によりマネロン(資金洗浄)された額は、2020年の66億ドル(約7,600億円)から、2021年には86億ドル(約9,900億円)に増加した。

また、21年に不正なアドレスから中央集権型取引所に送られた資金は全体の47%だった。2018年以来、これは最も低い割合である。サイバー犯罪者は、代わりにDeFi(分散型金融)プロトコルへの送金を増やしていた。

DeFiプロトコルは、21年に不正なウォレットから送られた全資金の17%を受け取っている。前年の2%から大きく上昇した格好だ。

額面においては、前年比で約2,000%増加し、総額9億ドル(約1,000億円)に達することになった。DeFiの他には、マイニングプール、ハイリスクな取引所、ミキサーも、不正アドレスからの受取額が増加した。

少数のアドレスに送金額が集中

チェイナリシスは、仮想通貨セクターにおけるマネーロンダリングは、少数の行為者に集中していることも指摘。

21年に不正なアドレスから送金された資金の54%(約2,900億円)は、583件のアカウントに送られていた。不正資金を受け取ったアドレス約370万件のうち、わずかな割合が半分以上の資金を受け取っていたことになる。

チェイナリシスは、不正資金の多くが、マネロン用に作成されたと思われる「驚くほど少数のサービス群に行き着く」とも分析。このことについて、次のように述べた。

法執行機関は、資金の集中しているこうしたサービスを妨害することで、仮想通貨を使用した犯罪に大きな打撃を与え、犯罪者がデジタル資産にアクセスする能力を大幅に低下させることができる。

実際に、そうした取り締まりが行われた例としては、21年に米外国資産管理局(OFAC)がSuexとChatexの2社を制裁対象として指定したことに触れた。OFACは、2社がランサムウェアや詐欺師、その他の犯罪者から資金を受け入れていたとしている。

関連米政府、ランサムウェア関与疑惑の仮想通貨取引所を制裁対象に

チェイナリシスによると、サイバー犯罪者は2017年以降、総額330億ドル(約4兆円)以上の仮想通貨を洗浄しており、最近では、そのほとんどが中央集権型取引所に送金されているという。

チェイナリシスは比較のために、法定通貨によるマネロンについても触れた。国連薬物犯罪事務所によると、法定通貨の資金洗浄は、毎年8,000億ドル(約92兆円)から2兆ドル(約230兆円)に上り、世界のGDPの5%にも相当すると推定されている。

関連200兆円超、巨額の資金洗浄を可能にした世界主要銀行と機能しない防止システム=FinCEN漏洩文書

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します