日本発パブリックブロックチェーンAstar Network、25億円の資金調達を完了

Astar Network、大規模資金調達へ

日本発パブリックブロックチェーンのAstar Network(ASTR)は28日、大手暗号資産(仮想通貨)ファンドであるPolychainなどが主導する戦略ラウンドで、2200万ドル(約25億円)を調達した事を発表した。

今回のラウンドでは、Polychainの他に、Alameda Research、Alchemy Ventures、Crypto.com Capitalなどの大手仮想通貨ファンドに加え、ギャビン・ウッド氏や本田圭佑氏といったエンジェル投資家も参加した。

Astarは昨年12月に、ポルカドットのパラチェーンオークションで3番目にスロット(枠)を獲得し、2年半の開発期間を経て、今年の1月17日にメインネットを立ち上げた形となる。

同チェーンは、ポルカドット(DOT)上のDappsハブとして機能することを目指しており、EVM(イーサリアム・ヴァーチャル・マシン)やWASM(ウェブアセンブリー)にも対応。また、Dapps開発者へインセンティブを与えるB2E(Build to Earn)を導入していることでも知られる。

関連:Polkadot、国産Astarなど5つのパラチェーンが稼働開始 本格運用始まる

Astar Networkの中核企業であるStake Technologiesは、以前、OKX VenturesやHuobi Capital、Binance Labs、Fenbushiといった大手仮想通貨ファンドからも10万ドル(1億)相当を調達。今回の資金調達ラウンドは、主に米国の投資家や戦略的パートナーを対象としたもので、Astarはより広く世界中の投資家から資金を調達する形となった。

アスターの特徴

Astar側は2021年がL1ブロックチェーンの年だと総括した反面、相互運用性と開発者向けのインセンティブが大きな課題として残っていると指摘。こうした問題解決にAstarが役立つとしている。

EVMとWASM

Astarは、チェーンの特徴の1つとして、EVM(イーサリアム・ヴァーチャル・マシン)とWASM(ウェブアセンブリー)に対応していることを挙げている。

スマートコントラクトの実行環境にはEVMとWASMがあり、EVMでは、Solidityという開発言語が用いられる。そしてWASMでは、CやC++、Rustといったより多くの開発者に人気のある言語を用いることが可能となる。

そのためAstarでは、イーサリアム互換のものだけでなく、ポルカドットネイティブなDappsの構築もできる。

さらに、同チェーンは、複数のEVMおよび非EVMのブリッジをサポート。既にイーサリアムのブリッジは、Multichain、Celer Network、Nomadの3つに対応していて、22年第1四半期には、ポルカドットと同じくチェーンの相互運用で知られるコスモス(ATOM)へのブリッジが予定されている。

こうした技術者フレンドリーな開発環境の提供やチェーン間のブリッジを通して、相互運用性の課題解決を目指す方針だ。

B2E(Build to Earn)

Astarは、チェーンのもう一つの特徴として、B2Eプロトコルをサポートしていることを挙げている。

B2Eプロトコルは、Astarチェーン上の開発者へのインセンティブ設計として機能するもの。ブロック生成時の報酬(ASTR)の一部(現時点では50%)を構築したDappのパフォーマンスとガバナンスに基づいて開発者へ配布するという仕組みだ。

通常、dAppsでは利用する際にかかるコストをユーザーではなく、開発者が負担することが多いが、Astarは独自のB2Eモデルによって、同チェーンで開発するための強いインセンティブを提供し、より多くの開発者を集めることを目指している。

関連:【初心者向け】Astar Network(ASTR)とは?日本発パブリックブロックチェーンの全容【アルトコイン最前線】

今後の展開

Astar側は、自らがポルカドットのパラチェーンになったことを最初のステップに過ぎないとコメント。複数のチェーンが相互運用によって繋がるマルチチェーンの未来を強く信じており、Web3.0のインフラになることを掲げている。

また、今後のステップとして、第1四半期(1月〜3月)に予定しているコスモスへのブリッジを含め、2022年の第4四半期までに、全ての主要なチェーンに接続することを予定している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します