CoinPostで今最も読まれています

日本発パブリックブロックチェーンAstar Network、25億円の資金調達を完了

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Astar Network、大規模資金調達へ

日本発パブリックブロックチェーンのAstar Network(ASTR)は28日、大手暗号資産(仮想通貨)ファンドであるPolychainなどが主導する戦略ラウンドで、2200万ドル(約25億円)を調達した事を発表した。

今回のラウンドでは、Polychainの他に、Alameda Research、Alchemy Ventures、Crypto.com Capitalなどの大手仮想通貨ファンドに加え、ギャビン・ウッド氏や本田圭佑氏といったエンジェル投資家も参加した。

Astarは昨年12月に、ポルカドットのパラチェーンオークションで3番目にスロット(枠)を獲得し、2年半の開発期間を経て、今年の1月17日にメインネットを立ち上げた形となる。

同チェーンは、ポルカドット(DOT)上のDappsハブとして機能することを目指しており、EVM(イーサリアム・ヴァーチャル・マシン)やWASM(ウェブアセンブリー)にも対応。また、Dapps開発者へインセンティブを与えるB2E(Build to Earn)を導入していることでも知られる。

関連:Polkadot、国産Astarなど5つのパラチェーンが稼働開始 本格運用始まる

Astar Networkの中核企業であるStake Technologiesは、以前、OKX VenturesやHuobi Capital、Binance Labs、Fenbushiといった大手仮想通貨ファンドからも10万ドル(1億)相当を調達。今回の資金調達ラウンドは、主に米国の投資家や戦略的パートナーを対象としたもので、Astarはより広く世界中の投資家から資金を調達する形となった。

アスターの特徴

Astar側は2021年がL1ブロックチェーンの年だと総括した反面、相互運用性と開発者向けのインセンティブが大きな課題として残っていると指摘。こうした問題解決にAstarが役立つとしている。

EVMとWASM

Astarは、チェーンの特徴の1つとして、EVM(イーサリアム・ヴァーチャル・マシン)とWASM(ウェブアセンブリー)に対応していることを挙げている。

スマートコントラクトの実行環境にはEVMとWASMがあり、EVMでは、Solidityという開発言語が用いられる。そしてWASMでは、CやC++、Rustといったより多くの開発者に人気のある言語を用いることが可能となる。

そのためAstarでは、イーサリアム互換のものだけでなく、ポルカドットネイティブなDappsの構築もできる。

さらに、同チェーンは、複数のEVMおよび非EVMのブリッジをサポート。既にイーサリアムのブリッジは、Multichain、Celer Network、Nomadの3つに対応していて、22年第1四半期には、ポルカドットと同じくチェーンの相互運用で知られるコスモス(ATOM)へのブリッジが予定されている。

こうした技術者フレンドリーな開発環境の提供やチェーン間のブリッジを通して、相互運用性の課題解決を目指す方針だ。

B2E(Build to Earn)

Astarは、チェーンのもう一つの特徴として、B2Eプロトコルをサポートしていることを挙げている。

B2Eプロトコルは、Astarチェーン上の開発者へのインセンティブ設計として機能するもの。ブロック生成時の報酬(ASTR)の一部(現時点では50%)を構築したDappのパフォーマンスとガバナンスに基づいて開発者へ配布するという仕組みだ。

通常、dAppsでは利用する際にかかるコストをユーザーではなく、開発者が負担することが多いが、Astarは独自のB2Eモデルによって、同チェーンで開発するための強いインセンティブを提供し、より多くの開発者を集めることを目指している。

関連:【初心者向け】Astar Network(ASTR)とは?日本発パブリックブロックチェーンの全容【アルトコイン最前線】

今後の展開

Astar側は、自らがポルカドットのパラチェーンになったことを最初のステップに過ぎないとコメント。複数のチェーンが相互運用によって繋がるマルチチェーンの未来を強く信じており、Web3.0のインフラになることを掲げている。

また、今後のステップとして、第1四半期(1月〜3月)に予定しているコスモスへのブリッジを含め、2022年の第4四半期までに、全ての主要なチェーンに接続することを予定している。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/27 金曜日
07:20
NYダウ5日続伸 強い米GDPも景気鈍化の兆しか|27日
本日のニューヨークダウは5日続伸。GDPが予想よりも速いペースで増加した結果、マイルドな景気後退への期待は高まった。ビットコインは23,000ドル台を維持している。
01/26 木曜日
16:34
2023年のビットコインマイナーの売り圧力は? Galaxy Digitalが分析
米大手仮想通貨投資企業Galaxy Digital社は、2022年末のマイニング産業の分析レポートを発行した。資金調達手段の限られた多くのマイナーがサバイバルモードにあり、2024年のビットコイン半減期までは継続すると見られている。
12:37
米サークル社がSECを非難「SPAC株式上場計画の頓挫に責任あり」
ステーブルコイン「USDC」を運営する米サークル社は、特別目的買収会社を通じた株式市場への上場計画が頓挫したのは、米証券取引委員会の不作為によるものだとして、規制当局を非難した。
12:32
Lido、イーサリアム出金方法を投票へ
リキッドステーキングプロトコルLido Financeで、仮想通貨イーサリアムの出金方法に関する提案書が提出された。LidoはETHのステーキングサービスのトップシェアを占める。
12:07
ビットコイン調整入りせず続伸、APTは前週比137%高と高騰
米金利引き上げペースの鈍化予想と堅調な米株指数に支えられ、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)相場は調整入りを否定して続伸した。アルト相場ではAptos(APT)が高騰したほか、金融市場ではゴールド価格も大幅高となっている。
11:55
セルシウス、債務返済のための新トークン発行を検討
破綻した仮想通貨融資企業セルシウスは、債権者に返済するために新たにトークンを発行する可能性を検討している。破産裁判所はフレアトークン付与や一部ユーザーの出金を認めた。
11:35
SushiSwap、パーペチュアル取引を提供へ
分散型の仮想通貨取引所SushiSwapが、Sei Networkでパーペチュアル取引をリリースする計画がわかった。Sei Networkはトレーディング向けにカスタムメイドされている。
10:15
Moonbirds発行企業の創設者、1億円超のNFT盗難被害か
NFTコレクションMoonbirdsを手掛けるProofのKevin Rose共同創設者は、自身の仮想通貨ウォレットがハッキングされ、保有するNFTが盗まれたと公表した。
09:45
ナイキのWeb3「.SWOOSH」、ユーザー参加型コンテスト開催
ナイキが提供するWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」は、ユーザーが参加できるデザインコンテストを発表。受賞したユーザーはナイキのデザイナーと共同してデジタルスニーカーを作成できる。
08:00
米コインベース、2銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは26日、2つの銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:45
ロビンフッドのSNS、ハッカーが仮想通貨詐欺に悪用
仮想通貨などの投資アプリを提供する米ロビンフッドは、ツイッターアカウントが乗っ取られた。偽の仮想通貨を売りつけるハッカーの詐欺の手口が明らかになっている。
07:30
テスラ決算でBTC保有継続判明|26日金融短観
本日のニューヨークダウは一時400ドル超下落するも買い戻しが入り反発。仮想通貨市場ではアプトス(APT)が過去最高値をつけている。
01/25 水曜日
18:05
ステーブルコインのガイドライン改正、専門家や弁護士の見解は|CONNECTV・動画解説
今回のCONNECTVでは、JPYC代表の岡部典考氏と弁護士の落合一樹氏をお呼びして、新しく改正されたステーブルコインのガイドラインについて、何を注目しているかを伺った。
16:36
ImmutableXでAAAタイトルのゲーム開発へ
イーサリアムのL2スケーリングソリューションImmutableXは、高品質なMMORPGゲーム「Search for Animera」の開発計画について発表。基本プレイ無料だが、ジェネシスNFTの保有者だけが限定版にアクセスできる。
14:15
デロイトなど、Web3時代のクリエイター支援プラットフォーム立ち上げへ
株式会社ビジュアルボイスとデロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、Web3時代のクリエイター支援プラットフォームを今春提供開始すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧