CoinPostで今最も読まれています

Chianalysis、NFT市場の仮装取引やマネロンなど不正行為を分析

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFT取引における不正行為

ブロックチェーン分析企業のChainalysisは、NFT(非代替性トークン)取引におけるウォッシュ・トレード(仮装売買)やマネーロンダリング(資金洗浄)を分析したレポートを発表した。

同社はこれらの不正行為について、「NFTエコシステム(生態系)の信頼を損ね、将来の成長を阻害する可能性がある」と指摘している。

関連:初心者にもわかるNFT解説:「トークン化」の仕組みとは|Forkast寄稿

CryptoPunksなどの数千万円〜数億円規模で取引される高価なプロジェクトを皮切りに、2021年に人気急上昇したNFT市場に対して、世界中の企業から参入が相次いだ。月間出来高では浮き沈みありながら、2022年以降も盛り上がりを見せている。

しかし、その人気に伴い詐欺や偽物出品といった不正行為の件数も増加している。

Chainalysisは現在、イーサリアム(ETH)上で発行されているNFT規格(ERC-721,ERC-1155)のコントラクトに送られた、442億ドル(約5兆円)以上の資金を追跡しており、その資金は2020年に観測した1億600万ドル(約120億円)から大幅に増加しているという。(下図参照)

出典:Chainalysis

同社は、NFT取引における主な不正行為として、ウォッシュ・トレードとマネーロンダリングの2つを挙げて、それぞれを分析した。ただし、この調査はイーサリアム上のNFTのみが対象であり、資金としては、ETHとWETH(ラップされたETH)を追跡した分析となっている。

関連:OpenSeaの無料発行機能でミントされたNFTの8割以上が不正か

ウォッシュトレード

ウォッシュトレードとは、資産価値や流動性を意図的に嵩増しして誤認させるため、売り手による自己売買(仮装取引)行為。同一人物による権利の移転を目的としない仮装売買は、株式市場では相場操縦行為として「金融商品取引法」で規制されている。

NFT売買を巡るウォッシュトレードの場合、元の所有者が管理する新しいウォレットに自分のNFTを「売る」ことで、実際よりも価値があるように見せかけることが目的の一つ。OpenSeaなどで表示されるフロアプライス(売値の最低価格)などを釣り上げることもできるためだ。

Chainalysisは、ブロックチェーン上に記録されたトランザクションを追跡することで、自己資産アドレス同士で25回以上NFTを売買している262アカウントのユーザーを特定。そして、それらの人をウォッシュトレーダーの可能性が高い人物とみなし、ウォッシュトレードによって得た推定利益を試算したという。

関連:新NFT市場LooksRare、トークン分配報酬目的のウォッシュトレードで出来高急増か

出典:chainalysis

その結果、損益が赤字となった人が152人に。NFTにおけるウォッシュトレードが容易ではないことが分かった。しかしその一方、残りの110人は多くの利益を収めており、262人全体の獲得利益は、850万ドル(約10億円)相当に達した。

同社は、NFTウォッシュトレードが、従来の証券や先物のように禁止されておらず。不透明な法的領域にあると指摘。そして、こういった悪意のあるユーザーによる不正行為は、「NFTエコシステムの信頼を損ね、将来の成長を阻害する可能性がある」として、NFTマーケットプレイスの犯罪者に対する禁止措置や罰則を呼びかけている。

マネーロンダリング

マネーロンダリングとは、不正によって得た資金について、出所を分からなく資金洗浄することで、元の犯罪行為とは関係のない資金のように見せるかけ、犯罪捜査の足をつきにくくする行為のことを指す。

従来のファインアートの世界でも、違法に得た資金で美術品を購入し、後で売却するといった不正行為が起きており、NFTの世界でも同様の問題が起こる得るとされている。

しかし、NFTの場合は、ブロックチェーン固有の透明性のおかげで、マネーロンダリングを特定することができる。以下は、ChainalysisがNFTベースのマネーロンダリングを分析した結果となる。

出典:chainalysis

不正なアドレスからNFTマーケットプレイスに送られた金額は、2021年第3四半期に大きく跳ね上がり、100万ドル(約1億円)を超えたそして、この数字は第4四半期に再び伸び、最高で140万ドル(約4.5億円)相当にまで達している。

両四半期とも、詐欺や盗難によって得た資金が多くを占めており、第4四半期には、制裁リスクのあるアドレスからも、28万ドル(約3千万円)相当の資金がマーケットプレスに流入している。

同社は、NFTベースのマネーロンダリングは、仮想通貨全体のものに比べると、取るに足らない量だとする一方で、「マネーロンダリング、特に制裁を受けた仮想通貨ビジネスからの送金は、NFTの信頼構築にとって大きなリスクであり、マーケットプレイス、規制当局、法執行機関がより詳細に監視する必要がある」として呼びかけている。

関連:「DeFi経由の資金洗浄が増加」=チェイナリシス報告

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。
12:54
みずほやSBI、Datachainと相互運用性に関する技術連携を開始
株式会社Datachainはみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社とSBI R3 Japan株式会社とのクロスチェーン技術における技術連携の開始を発表。相互運用性のユースケースを検討していく。
12:25
ドル指数続落で仮想通貨にも追い風、好材料のAVAXなど上昇
暗号資産(仮想通貨)ではドル指数(DXY)の続落を受けビットコインやイーサリアムが反発。アルトコイン相場では好材料の出たアバランチ(AVAX)やアプトス(APT)が上昇した。
12:00
ギャラクシーデジタル、セルシウス傘下企業を買収
米大手仮想通貨投資企業ギャラクシーデジタルは、カストディ企業GK8を買収すると発表した。破産申請したセルシウスの事業売却に伴うオークションで落札した形だ。
11:20
博報堂、Web3合弁会社を設立
広告大手の博報堂は仮想通貨アスターネットワーク(ASTR)の開発を手がけるStake TechnologiesとのWeb3合弁会社「博報堂キースリー」を設立。国内でのWeb3ハッカソンの企画や運営を強化していく。
10:12
ジェネシス、ジェミナイに1,000億円超の債務=報道
仮想通貨仲介事業者ジェネシスとその親会社DCGは、仮想通貨取引所ジェミナイに約1,200億円の債務を負っている。ジェミナイは資金回収について両社と交渉中だと伝えられる。
12/04 日曜日
12:00
「老後2000万円」問題とは、日本政府が投資をすすめる理由
「老後に2000万円が不足する」というフレーズを目にして、自分の将来や退職後の資金不足に漠然とした危機感を抱いている方が増えています。そこで、「老後2000万円問題」から現状の金融の問題を紐解き、ひいては投資の必要性についても詳しく検討していきましょう。
11:30
BTC中期レンジ下限の1.76万ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅く推移した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本進出に注目集まる
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧