スーパーボウル閉幕、多数の仮想通貨関連CMが放映される

スーパーボウル閉幕

米NFLが毎年2月に開催する第56回スーパーボウルは13日、ロサンゼルス・ラムズとシンシナティ・ベンガルズが対戦。米国を代表する注目行事では多数の暗号資産(仮想通貨)関連の広告が放映された。

NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)は米国のプロスポーツを代表するアメフトのプロリーグ。例年2月上旬に開催するスーパーボウルは国民的行事として多くの視聴者から注目を集めることから、その広告枠は30秒あたり約8億円もの高額販売されるなど、企業からもPR観点から重要視されている。

関連: 週末開催の「スーパーボウル」、大手仮想通貨企業が広告枠を購入

イベントには著名アスリートやミュージシャン、俳優などが多数観戦。英国のハリー王子夫妻やラッパーのカニエ・ウェストや2チェインズ、ジェイZも球場に居る様子が報道された。

仮想通貨広告

事前に報道してきた通り、大手取引所のFTXとコインベースは仮想通貨の配布キャンペーンを実施。FTXはツイートを再投稿すると7.54BTCがもらえる抽選キャンペーンとなっているほか、コインベースはQRコードをスキャンすると最大およそ3億円分のビットコイン(BTC)を配布するキャンペーンに参加できる。

FTXはこれまで、NFLやNBAを代表するスターのトム・ブレイディ氏やステフィン・カリー選手らとアンバサダー契約を締結。MLBでも日本人選手の大谷翔平との契約を発表している。

関連:米大リーグの大谷選手、FTXのアンバサダーに

特に、コインベースの広告は放映後、サイトが一時ダウンするほどアクセスが殺到。コインベースのSurojit Chatterjee CPO(首席プロダクト責任者)は「過去最高のアクセスを記録した」とコメントした。

また、ヒップホップ界を代表する著名ラッパーらのドクター・ドレーやスヌープ・ドッグ、エミネム、50セント、ケンドリック・ラマーらが出演したハーフタイム・ショー後にはCrypto.com(クリプトコム)の仮想通貨CMが放映。

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)を代表するスターのレブロン・ジェームズ選手を起用した。

クリプトコムは21年秋にはロサンゼルス・レイカーズの本拠地命名権を獲得しており、プロスポーツを活用した広告活動に力を入れている。

関連:Crypto.com、米スーパーボウルのCM枠を購入

また、仮想通貨取引サービスを提供するソーシャル投資プラットフォームのeToroも仮想通貨関連の広告を放映。「Crypto(クリプト)」の表現を複数回利用した。

さらに、仮想通貨取引サービスを提供するBitBuyもCMを放映。NBAスターのカイル・ラウリー選手を起用した。

NFT・メタバース

また、ビール大手のBud Lightも新製品「Bud Light Next」のCMでメタバース(仮想現実)を一部描写。NFT(非代替性トークン)化したアートを観賞する一面があった。

他にも、CRM大手のセールスフォースも「メタバース」というフレーズを利用。「#teamearth」と称して、「メタバースや火星に行くのではなく、(地球に残ろう)」とするCMを放映した。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。例えば、『The Sandbox』というゲーム内のメタバースでは、ボクセルアート制作ツールやゲーム制作ツールが提供されており、ユーザーはそのなかで自作のゲームや施設を作ることができる。

▶️仮想通貨用語集

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

試合結果

試合は21年11月に給与の一部(1億円相当)をビットコインで受け取る方針を表明した人気WRのオデル・ベッカム・ジュニア選手らを擁するラムズが接戦を制し、23-20で勝利。ロサンゼルスへの再移転後は初となるスーパーボウル制覇を飾った。

関連:米NFL人気選手、年俸をビットコインで受け取りへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します