仮想通貨取引所Binanceにて緊急メンテナンス|取引と出金が一時停止後にAPIリセットを告知

Binanceで緊急メンテナンス
7月4日、世界有数の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)にて、取引と出金、その他のアカウントサービスが期間中停止する緊急メンテナンスが行われた。
Binanceとは
Binance(バイナンス)は、2017年に急成長を遂げた「バイナンス(Binance)」は、世界最大級の取引量を誇る海外取引所。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

1.バイナンスが緊急メンテナンスへ

仮想通貨取引所Binanceにて、以下の内容の緊急メンテナンスが9時半に実行されることが、公式ブログ、またBinanceプラットフォーム上部で告知されました。

Binance System Maintenance

システムメインテナンスを行うため、取引、出金ならびにその他口座機能の置いて、メンテナンス期間中の停止を実施する。

メインテナンスが終わり次第、改めて発表を行う予定。

Binance公式ブログ

Binance代表のCZ氏も、メンテナンスを進めていることをツイッターで報告。

2.APIキーのリセット

この続報として、Binance公式ブログにて、APIのリセットを告知しました。

セキュリティアップデート:APIキーをリセット

いくつかの異常取引を原因とし、Binanceはセキュリティの予防のための対策を行うため既存のすべてのAPIキーを取り除く予定だ。

全てのAPIユーザーはAPIキーを再生成する必要がある。

Due to irregular trading on some APIs, Binance will remove all existing API keys as a precautionary security measure.

All API users are requested to recreate their API keys.

Binance公式ブログ

追記

バイナンスは、APIキーの再生成が可能となったことを発表しています。

Binance公式ブログ

3.Syscoinで異常検知

また、異常取引(Pump and Dump)に関しては、Syscoinで起こったことであると、報告されています。

Syscoinのチームから大量のブロックを採掘を検知したことが発表を行なったものの、11時前の時点で、以下の声明を出しています。

ブロックチェーン上で異常活動を伴った疑しい取引を観測したため、対策を取るために、SYSトークンを取り扱う取引所に入出金を停止するように要請している。

Syscoinブロックチェーンの安全が確認でき次第、取引所へサービス再開を申し出る。また、明日Wikiに詳細を掲載する予定だ。

ハッキング攻撃疑惑など、情報が錯綜している状況ではありますが、両チームからの公式の続報を待ち、冷静に判断する必要があります。

CoinPostの関連記事

世界をリードするバイナンスが発表した「ビッグニュース」3選|1000億円規模の仮想通貨ファンド、ほか
仮想通貨業界をリードする世界最大手取引所「バイナンス」は、Binance Labs開催のカンファレンスにて、10億ドル(1,000億円)規模のファンド設立や支援プロジェクト「Dache Chain」など、3つのビッグニュースを発表した。
Binanceコイン(BNB)に配当?需要拡大が見込まれる新プロジェクト『仮想通貨取引所開設同盟計画』
バイナンスが取引所開設同盟計画を発表 Binance社はグローバルで「仮想通貨取...

4.メンテナンスの完了を告知|追記(16:52)

同社は緊急メンテナンスが完了、取引を再開する旨を告知しました。

内容は以下の通りです。

System Maintenance Complete

Binanceはシステムメインテナンスを完了し、08:00 AM (UTC時間=日本時間17時)に取引業務を再開します。

この発表から取引再開までに、ユーザーは注文の取り消し、入出金とその他の口座関連機能が使えます。

また、本日行なったメインテナンスに関する詳しい説明は後ほど別途で公表します。

Binance公式ブログ

5.メンテナンスの概要と行動の詳細|追記(19:00)

Binanceは、メンテナンスの完了時に告知していた詳細説明をブログにて掲載、内容は以下に要約します。

2018/07/03 20:18:00 (UTC=日本時間7月4日(水)午前5:18)に、多数のAPIユーザーから異常取引が検出され、Binanceプラットフォームの内部リスク管理システムを起動させたため、Binanceは瞬時全ての取引、引き下ろし及びその他の口座機能を一時停止していました。

Binanceが取った行動とは

APIユーザーを保護するために、既存のAPIキーを削除し、新たにAPIキーの再生成を申し出る

異常取引のロールバック

SYSトークンの上昇価格に被害を受けたユーザーには、Binanceは7月から7月14日まで、取引手数料を無料にします。もし、事件当時SYSを取引していて、被害を受けたと思われたらこちらでサポートチケットに申しつけてください。

その他のユーザーには、7月から7月14日まで受け取った取引手数料(紹介割引除き)の70%を還元します。7月14日のBNBトークンの終日値で計算し、そのトークンで還元を予定。

ユーザーの将来の利益を保護するために、Binanceは「Secure Asset Fund for Users」(ユーザーのアセット保護ファンド)というファンドを設立。2018年7月14日から受け取った取引手数料の10%を上記のファンドに入金し、万一の時に還元できるようにします。また、このファンドは別のコールドウォレットで保存します。

Binance公式ブログ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加