CoinPostで今最も読まれています

テラ(LUNA)のセルフバーン運動、Do Kwon共同創設者は否定的

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

テラ(LUNA)のセルフバーン運動

先週末から、暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)のボラティリティ(価格変動性)が再び高まっている。新たにTerraチェーン2を立ち上げる「フォーク案」に反対する有志を中心に、自らトークンをバーンする運動が巻き起こったことが影響しているようだ。

Twitterでハッシュタグ「#burnluna」が作成されるなど、コミュニティでバーンを求める声が高まったことを受けて、Terraブロックチェーンの共同創設者であるDo Kwon氏は、21日にテラ(LUNA)のバーンアドレスを公開。このアドレスに送られたLUNAトークンは燃やされ、その分だけLUNAトークンの供給量が減少する。

バーンとは

仮想通貨を出金不可能なアドレスに送付し、発行枚数を減らす行為。バーンをすることで、流通する通貨の一枚あたりの価値が高まることになる。

▶️仮想通貨用語集

5月7日以後、アルゴリズム型ステーブルコイン「テラUSD(UST)」のドル・ペグ崩壊(ディペッグ)をきっかけに、裏付け資産となるテラ(LUNA)の価値が99.99%下落。USTが5月13日の終値ベースで0.123393ドルまで下落する中、増刷されたLUNAの流通量は22年5月8日時点の3億4000万枚から5月13日に6兆枚強まで増加した。

Terraチェーン上で新規にLUNAトークンが発行されることはないと伝えられていることも、バーンによるLUNAの価格上昇を期待する投資家の根拠の一つとなっている。

しかし、Do Kwon氏は既存のLUNA・USTを立て直すのではなく、「Terraチェーン2(通称)」を新設して人材やリソースを移行し、新たにエコシステムを構築する「リバイバル(復興)プラン2」を提唱している。新しいチェーンにはUSTがなく、ネットワーク崩壊前後の記録に基づいてLUNAトークンの保有者に新たなトークンが再分配される内容だ。

このプランはTerraチェーンの主要なプロジェクトの支持を得ており、26日を期限にバリデーター投票が進行している。

関連:テラ開発企業Terraform Labs、法務チームが総辞職

リバイバルプランに反対

リバイバルプランに反対しているのは、Terraコミュニティの中でもUSTのディペッグ後にLUNAを買い支えた投資家と見られている。彼らにとっては新トークンのわずかな配分を受け取るよりも、Terraチェーンが再建されて現在保有しているLUNAが値上がりする方が望ましい。

自分達でLUNAをバーンすることは「文字通りお金を燃やしている」のであって、合理的ではない。しかし、そうでもしなければ状況を覆せないといった心理が、この運動の背景にあるようだ。バーンアドレスには連日LUNAトークンが送付され続けており、執筆時点に2億6300万LUNA(520万円相当)が蓄積されている。

業界最大の仮想通貨取引所のChangpeng Zhao最高経営責任者もフォークに反対する一人。Zhao氏は、「供給量の削減は、過去の日付ベースのフォークではなく、バーンによって実行されるべきだ。コインを救助しようとしたすべての人を見過ごしている」と14日に述べた。

Do Kwon氏はバーン活動について、「 トークンを失うこと以外は何も起こらない。トークンを失うこと以外は何も起きない」と一貫して否定してきた。

何度も言っているが、このアドレスにトークンを送ってトークンをバーンするのは、良い考えとは思わない。混乱を招きたくない。

しかし、Do kwon氏がバーンアドレスを提示したことをきっかけに市場で混乱が生じている。21日以降、LUNAトークンは直近安値から一時2倍近くに急騰した。

LUNA/BUSD 時間足

シンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所MEXC Globalは、LUNAのテザー(USDT)建て取引市場の手数料を使って、LUNAトークンをバーンするキャンペーン企画を発表。22日から24日夜(日本時間)にかけて、コミュニティ投票が行われている。

関連:LUNAの復興プラン、投票期間中の修正に非難の声も

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 火曜日
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。
12:54
みずほやSBI、Datachainと相互運用性に関する技術連携を開始
株式会社Datachainはみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社とSBI R3 Japan株式会社とのクロスチェーン技術における技術連携の開始を発表。相互運用性のユースケースを検討していく。
12:25
ドル指数続落で仮想通貨にも追い風、好材料のAVAXなど上昇
暗号資産(仮想通貨)ではドル指数(DXY)の続落を受けビットコインやイーサリアムが反発。アルトコイン相場では好材料の出たアバランチ(AVAX)やアプトス(APT)が上昇した。
12:00
ギャラクシーデジタル、セルシウス傘下企業を買収
米大手仮想通貨投資企業ギャラクシーデジタルは、カストディ企業GK8を買収すると発表した。破産申請したセルシウスの事業売却に伴うオークションで落札した形だ。
11:20
博報堂、Web3合弁会社を設立
広告大手の博報堂は仮想通貨アスターネットワーク(ASTR)の開発を手がけるStake TechnologiesとのWeb3合弁会社「博報堂キースリー」を設立。国内でのWeb3ハッカソンの企画や運営を強化していく。
10:12
ジェネシス、ジェミナイに1,000億円超の債務=報道
仮想通貨仲介事業者ジェネシスとその親会社DCGは、仮想通貨取引所ジェミナイに約1,200億円の債務を負っている。ジェミナイは資金回収について両社と交渉中だと伝えられる。
12/04 日曜日
12:00
「老後2000万円」問題とは、日本政府が投資をすすめる理由
「老後に2000万円が不足する」というフレーズを目にして、自分の将来や退職後の資金不足に漠然とした危機感を抱いている方が増えています。そこで、「老後2000万円問題」から現状の金融の問題を紐解き、ひいては投資の必要性についても詳しく検討していきましょう。
11:30
BTC中期レンジ下限の1.76万ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅く推移した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本進出に注目集まる
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧