オントロジーが4年間の進捗を総括|メインネットローンチ4周年を迎え

メインネットのローンチから4年

Web3に向けた分散型IDソリューションおよびデータ特化型のオープンソースプラットフォームを開発するOntology(オントロジー)は6月30日、メインネットのローンチからちょうど4周年を迎えた。

メインネットローンチ以降、オントロジーは南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアを含む世界各国でユースケースの開発、提携先との連携、コミュニティの拡充などをしてきた。4年目の節目を迎え、オントロジーがこれまでの進捗や達成されたマイルストーンを報告しているので、以下にその概要をまとめた。

メインネットとは

メインネットとは、テストネットを経て稼働する本環境のこと。独立したブロックチェーンの公開を意味する。

仮想通貨用語集

関連:仮想通貨オントロジーがこれまでの進捗を総括|メインネットローンチ2周年を記念

この4年間の総括

オントロジー・メインネットのバージョン1.0が公式ローンチしたのは、2018年6月30日だ。

出典:Ontology

以来、この4年間で10万人以上のグローバルコミュニティメンバーを獲得し、現在までにメルセデス・ベンツのメーカーであるダイムラー社傘下「ダイムラーモビリティ」「Microworkers」「bloXmove」「ROCKI」など400以上の提携・パートナーシップが締結されたことで多くの有力製品に実装されている。

また、600を超えるdApps(分散型アプリ)がリリースされており、現在合計で160万の「ONT ID」アカウントが作成されている。

関連:仮想通貨オントロジー、業界内外の企業とパートナーシップ提携を進める

関連:オントロジー・ブリッジが正式ローンチ 相互運用性がさらに強化

オントロジー独自の分散型ID(DID)である「ONT ID」製品群については、ローンチ以降は数々のアップグレードやアップデートを経てオープンソース化し、KYC(本人確認)、ウェブサイトへのログイン、そしてP2P(ピアツーピア)通信機能などのオプションも追加された。

関連:Web3時代のIDソリューション、ONT IDとは

分散型ID(DID)とは

分散型IDとは、中央集権的な身分証明証の発行機関や組織などに依存することなく、自分が誰であるか、また自分に関する情報や保有する資格などを証明・管理することのできる、新たなタイプのIDを指す。

仮想通貨用語集

今年達成されたマイルストーン

2022年に入り、すでにオントロジーはいくつかのマイルストーンを達成しており、それらは以下の通りだ。

ドイツにおける新拠点の開設

ドイツのベルリンでは2016年以降、ブロックチェーン関連サービスおよびWeb3イノベーションの世界的ハブの1つであり、これまでに130億ドル(約1兆7千億円)以上が投資されている。

22年1月、オントロジーはベルリンに新オフィスを開設し、一般データ保護規則をはじめとするデータプライバシーと保護の法制改善に向けた欧州の規制当局と連携。

ベルリンは、豊富な人材とリソースを活用することができる重要なオントロジーの戦略的拠点としてリーチ拡大をするために選ばれている。

関連:オントロジー、ドイツのベルリンに新オフィス開設へ

EVMの統合

またオントロジーは22年3月、独自のイーサリアム仮想マシン(EVM)のローンチを発表。これはNative、NeoVM、WasmVM、EVMといった4種類のスマートコントラクトと、マルチチェーンおよびクロスチェーン統合型のEVMだ。

これにより、オントロジーは最も多くの開発言語と仮想マシンに対応したパブリックチェーンプラットフォームとなり、オントロジーチェーン以外のブロックチェーンやプロジェクトとの互換性と相互運用性が向上している。

これに関連し、グローバル開発者向けに1,000万ドル(約13億円)規模のEVMファンドを3月に立ち上げ、4月には主要な開発者コミュニティであるDora Hacksと共同でオンラインハッカソンを開催。このハッカソンには合計26のプロジェクトが参加し、NFT、DAO、ドメインネームといった、人気の高いWeb3分野におけるイニシアチブを取った。

関連:オントロジー、イーサリアム仮想マシンを正式ローンチ

OWNインフラの立ち上げ

オントロジーは6月に入り、OWN(Ontology Web3 Network)の立ち上げを発表。これは多言語サポート、マルチチェーン・マルチアセット対応、またWeb3 APIやスマートコントラクト、ブロックチェーンブラウザなど複数の開発ツールを一ヶ所で提供できるWeb3の包括的な「信用インフラストラクチャ」としての役割を目指すものだ。

インフラとしてのOWNは、相互運用可能な分散型IDおよびデータ管理ソリューションを提供するため、開発者はさまざまなシナリオに必要なコンポーネントをブロックチェーンエコシステムのなかで自由に選択できる。

Web3開発者はOWNを通じ、基本機能をゼロから設計することなくアプリケーションを迅速に構築できる。また、個人ユーザーはOWN製品を使うことで、Web3アプリケーションに簡単にアクセスすることができるという利点がある。

関連:オントロジーが構築する、ユーザー所有権を通じた分散型社会|Ontology寄稿

大型イベントへの積極参加

オントロジーはこれまで「Consensus」「Wanxiang Blockchain Conference」「SME Finance Forum」「Binance Live」やTwitterスペースなど、業界の大型イベントやカンファレンスに定期的に参加してプレゼンスをアピールしてきた。

関連:「仮想通貨市場は今後どうなる?」Consensus2022で複数の有識者に聞いた

オントロジーのブロックチェーン上でメインネットが立ち上げられて4年、グローバル規模での開発者、コントリビューター、そしてコミュニティメンバーによるサポートのもと、分散型ID(DID)およびデータソリューションの提供を通じて、オントロジーはWeb3における信用、プライバシー、セキュリティの確立を目指している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します