CoinPostで今最も読まれています

元従業員がセルシウスを提訴、「ポンジスキーム」と主張

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

KeyFiがセルシウスを提訴

暗号資産(仮想通貨)貸付サービスを提供するCelsius Network(セルシウスネットワーク)の元従業員は7日、ニューヨーク州で同社を相手取って訴訟を起こした。元従業員の企業KeyFiが原告となっている。

セルシウスを提訴したのは、セルシウスによって部分的に買収されていた仮想通貨関連企業KeyFiの創設者兼CEOであるジェイソン・ストーン氏である。ストーン氏によると、KeyFiは2020年以降、セルシウスの下でDeFi戦略の設定とステーキングを担当し、約2,700億円(約20億ドル)の顧客資産を運用していた。

ストーン氏は、一連のツイートでも訴訟に至った背景事情を説明している。

この主張によると、セルシウスはストーン氏に、トークンの価格変動による損失(変動損失)を適切にリスク管理し、ヘッジしていると伝えていたが、21年2月にこれは嘘であることが判明したという。

このことを問題視して、KeyFiはセルシウスとの関係を解消したいと伝え、ポジションの解消に協力していた。しかしこの際に、セルシウスは変動損失を被った。

ストーン氏によると、セルシウスは、ヘッジを適切に行っていなかったことなど会計上の失敗を認めず、この損失の原因をKeyFiに責任転嫁したという。そこでストーン氏は、最終的に訴訟を起こすことを決めたと述べている。

訴状の内容

訴状によると、セルシウスは、2021年1月にKeyFiとの間で締結された利益分配契約に基いて、支払うべき数百万ドルを、まだKeyFiに支払っていないという。

また、セルシウスの運営は「ポンジスキーム」であったとも主張している。

ポンジスキームとは

自転車操業のこと。「出資金を運用し、利益を配当金などで還元する」と説明しながら実際には運用せず、後から参加した出資者の資金を運用利益として偽装する手口。

▶️仮想通貨用語集

セルシウスのビジネスは、ユーザーから預かった資産のプールを使用し、「その資金を貸し出すこと」、および「その資金を仮想通貨市場に投資することで収入を得ること」に依存していると指摘。つまり、ユーザーに償還すべき預金額以上の収入を得ることに依存しているという。

その上で、訴状は次のように述べた。なお、訴状の内容はまだ担当書記官による審査と承認は行われていない。

セルシウスは、受け取ったユーザーの預金を貸し出す以外に、統一的、組織的、包括的な投資戦略を持っていなかった。その代わりに、彼らは預金者に支払うべき金額以上の利益を得ることができる潜在的な投資先を必死に探していた。

そうでなければ、新たにユーザーから追加される預金で、以前の預金の利息を支払わなければならず、この点は典型的な「ポンジスキーム」であった。

最近、セルシウスが、出金義務を果たすための資産を保有していないことが明らかになったが、これは同社が実際にポンジスキームで運営していたことを示すものである。

セルシウスは顧客資金の出金を停止しており、破産の危機に瀕しているとされる。

セルシウスのリードインべスターであるBnkToTheFutureは30日、セルシウスについて3つの再建案を提示した。その中には「ビットコインで最も影響力のあるクジラのプールとコミュニティでの共同投資」という案も挙げられている。

関連セルシウスに3つの再建案、2016年ビットフィネクス救済案を応用

なお、セルシウスは昨日、Makerのローンを完全に返済し、回収した担保金の21,962.63 WBTCをその後取引所FTXに入金したことが確認された。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 金曜日
11:26
ビットコイン先物ETF「BITO」、運用資産額が過去最高値更新
米国初のビットコイン先物ETF「BITO」が運用資産で歴史的高値を更新。今年のBITOへの純流入額は11月24日時点で4億3,800万ドルであり、特に11月10日までの2週間で2億2,400万ドルが流入した。現物ビットコインETF承認への期待が高まり、BTC市場への機関投資は9週連続で純流入を記録している。
10:45
ビットコイン取引手数料で4億円超の過払い アントプールが返却へ
アントプールは、あるユーザーが過大に支払った83ビットコインの手数料を返却すると発表した。
09:45
大和証券ら4社、イーサリアムでST発行へ
大和証券グループは、パブリックブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行するPOCを実施すると発表。基盤には仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを活用する。
08:30
NYダウ今年の高値更新 10月PCEがインフレ鈍化示唆
米株指数NYダウは本日+520ドル超と大幅続伸。11月には今年の高値を更新し2022年1月以来の高値をつけた。一方、仮想通貨ビットコインの11月の上昇率は8.8%だった。
07:30
バイナンス、新たな機関投資家向けソリューション提供へ
仮想通貨取引所バイナンスは、機関投資家向けの新たなソリューショーンを発表。開発の目的やプロジェクトの現状を説明している。
07:15
韓国Upbit、仮想通貨「SPACE ID」新規上場 一時30%高
韓国最大手仮想通貨取引所Upbitは30日、銘柄SPACE ID(ID)をBTC建て通貨ペアとして新規上場した。上場ニュースを受けてIDは一時30%急騰。
06:30
米SEC、フィデリティのイーサリアムETF上場申請で審査開始
米SECは新たに、フィデリティの仮想通貨現物イーサリアム(ETH)のETF上場申請について、パブリックコメントを募集し始めた。
05:30
約6億ドル分のビットコイン買い増し、マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは30日夜、再びビットコインを買い増ししたことを発表した。
11/30 木曜日
18:11
トークンブリッジ「Wormhole」 330億円を調達、Web3市場で今年最大規模
ブロックチェーン間互換性技術を手掛けるWormholeが330億円を調達。Web3エコシステムにおける今年最大級の動きとなり、ブレバン・ハワードやJump Tradingなど著名投資家が参加。ハッキング被害からの回復力も示し、新たな製品投入に期待が高まる。
16:03
「DOGE-1」月探査プロジェクト、SpaceXロケットで実現へ一歩前進
暗号資産(仮想通貨)ドージコインで資金調達した「Doge-1」月探査ミッションは、SpaceXロケットでの打ち上げを年明けに予定。プロジェクトを率いるジオメトリック・エナジー・コーポレーションが、規制承認の進捗を明かした。
14:30
Web3ゲーム「Big Time」、Bithumbに新規上場
暗号資産(仮想通貨)取引所BithumbがBIGTIMEとSTMXの新規取扱を発表。BIGTIMEはWeb3ゲームで、先月に米Coinbase(コインベース)に上場を果たした。韓国市場への進出が注目されている。
13:50
米フォーブス誌、24年版「30歳未満の30人」で仮想通貨関連で9名を金融リーダーに選出
米フォーブズ誌が選ぶ「30歳未満の30人」の2024年北米金融部門で、仮想通貨・ブロックチェーンに関連のある専門家9名が受賞することとなった。また、フォーブズは、13年の歴史で選出を後悔している10人を「恥の殿堂」として発表した。
13:20
ドイツ規制当局、ビットコイン・グループに資金洗浄対策を命令
ドイツ連邦金融監督庁は、ビットコイン・グループに対してマネロン対策の不備を是正することを命じた。
10:50
Web3ゲームの4分の3が失敗に=CoinGeckoレポート
仮想通貨データサイトCoinGeckoは、過去5年間でGameFiの4分の3が失敗に終わっているとのレポートを発表した。
10:10
フィリピンSEC、バイナンスの規制違反を指摘
フィリピンSECは、仮想通貨取引所バイナンスは同国で認可を取得せずに有価証券を販売していると国民に注意を促した。現地メディアはSECがバイナンスへのアクセスを遮断するなどと報じている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア